毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

14年連続の日本ダービー生観戦

 今日は日本ダービーだった。一度目に府中に引っ越して来て以来ダービーは毎年現地で見ているのだが、今年も例年撮り現地観戦。14年連続ダービー生観戦である。

 今年は日本ダービー当日のA指定席が当たった。JRAカードの予約方法が変わってから初めての指定席当選だった。JRAカードによる指定席予約では購入時に座席の場所を指定できるようになったのだが、ダービーの日は座席選択はできず抽選で場所が割り当てられる。その割り当てられた場所はゴールの真正面というかなりいい席だった。思わず記念写真を撮ってしまった。

 この日はダービーでモハメド殿下所有のデボネアに騎乗するためにデットーリ騎手が短期免許で来日していたのだが、来日初騎乗でいきなり勝利。その後も勝てないまでも3着には持ってくる。午前中は遊びで100円の馬券を買っていたのだが、デットーリ騎乗馬の安い単勝と複勝を1つづつ当てただけ。

 そして東京9R青嵐賞。ダービーと同じ芝2400mのレースだ。このレースは順当に考えたらデットーリ、ウィリアムズの両外人騎手が騎乗する馬が有力なのだが、ピンナ騎手が騎乗のピエナファンタストも人気薄だが父がジャングルポケットなのでこのコースと相性が良さそうだし鞍上の腕にも期待できるので3人の外人騎手が乗る3頭の馬連ボックスを購入。そうしたらピエナファンタストが勝ち外人騎手騎乗馬3頭のワンツースリーだった。馬連万馬券的中。狙った馬3頭で決まったんだから3連複にしておけば良かったかな。三連複より馬連の方が若干配当は良かったが三連複だと一点買いで良かったわけだし。

 そして待ちに待った日本ダービー。私の予想はここ。1番人気の皐月賞オルフェーヴルを軸に明らかに明らかに過剰人気なデボネアを切ってそれ以外の来そうな馬に流す(ついでにコティリオンを紐軸にした馬単も少々購入)。そしていよいよ 第78回東京優駿日本ダービー)の発走。この日は雨が降り不良馬場で前残りがよく決まっていたが、ダービーに限って言えば前が残る馬場状態も何のその、府中の長い直線を活かして後方から長くいい脚を使ってジワジワと差して来る馬の差しが決まった。勝ったのは1番人気馬オルフェーヴル。そして2着が父もダービー2着馬のウインバリアシオン。この2頭が後続に7馬身差の一騎打ちだった。そして私の馬券も的中。2着馬が人気の盲点になってたお陰で馬連33.8倍と意外についた。

 ディープインパクトが勝った年に三連単を的中して以来6年ぶりのダービー的中である。同じ馬券で1万円儲けるのでも平場で儲けるのとダービー当てて儲けるのでは気分が全然違うんだよな。日本ダービーで馬券を当てるのは格別である。ギャンブルとして考えたら期待値が変わるわけじゃないのでどちらでも同じと言えるのだが、ダービーを当てるというのは格別だ。競馬ファン以外にはそれはわからないだろう。

 この日は某巨大SNSのかなざわいっせいコミュニティの管理人と一緒に観戦していたのだが、競馬終了後に混雑を避けるための時間つぶしとして西門前の飲み屋で飲んだ。彼は西門は初めてだったらしい。私自身も府中競馬西門前というページを運営している割には久々に西門で飲んだ気がする。雨が降っていたが、歩道橋沿いにある店では外(歩道橋の下)にテーブルを出していた。一年で最も人が多い日なので空いてる席を見つけるのに苦労したがどうにか2人分の席を見つけてそこで飲む。店の方も慌ただしく、なかなか注文を取りに来なかったり席にメニューが無かったのでメニューが分からなかったりしたのだが、そのアバウトさも含めてそれが西門飲み屋街の魅力だ。

 今年は指定席も当たり、しかもかなりいい席が割り当たったし、ダービーの馬券も的中してレース的にも不良馬場ながら力のある馬がきっちり差しを決めるという良いレースだったので、天気は悪かったもののいいダービーデーだった。天気が悪かったからこそ屋根付きの指定席で観戦できてよかったというのもあるし。