毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

ルナブランカの転厩先決定

 私の出資馬で2歳のルナブランカ栗東・矢作厩舎から美浦藤原辰雄厩舎に転厩が決定した。

 デビューして2戦したが、2戦とも走る気を全く見せずに惨敗だった。競走能力以前に精神面に課題があるようで、旧所属の矢作厩舎から「うちには置いておく馬房の余裕がない」(意訳)とのことを言われ、わずか2戦で転厩することになった。

 移籍先の藤原辰雄厩舎は奇しくも私のユニオンの出資馬で同世代でしかも同じグランド牧場生産のカーラミーアが所属している厩舎である。カーラミーアもまだ結果を出せていない馬だが、転厩後は一緒に頑張ってほしい。

 ルナブランカはソエが出ているということで、一旦遠野ステーブルに放牧に出される予定。ソエが出るということは、能力が高い可能性が高いということだ。ソエ放牧が明けたらしっかりと走り、矢作先生に「やっぱりうちで預かっておけば良かったな」と思ってもらえるぐらいの活躍をして欲しいものだ。

サンジョアンとキーコーズウェイが岩手に移籍

 私の出資馬で中央で勝利を挙げられず、中央復帰を目指して門別・角川厩舎に移籍していた3歳馬サンジョアンキーコーズウェイの2頭が、岩手・櫻田康二厩舎に移籍して、中央再転入を目指すこととなった。今年の門別の開催が先週で終了し、冬は門別ではレースがないためである。

 2頭とも門別に移籍してから1勝を挙げている。中央再転入の条件は3歳馬は地方で2勝、4歳以上は3勝挙げることなので、今年中にぜひ1勝してもらいたいところだ。

 この2頭はともに先週の門別のレースで2着と惜しい結果だった。そこで勝っていれば中央再転入なだけに惜しかった。特にサンジョアンは先々週の出走から連闘で臨むという強行軍だっただけに、ぜひ勝ってもらいたかった。

 なお、岩手県競馬も門別ほど長くはないが、冬休み期間がある。来年1/12~3/19の間は開催がない。今年中に勝たなければ、冬休み前に中央再転入は無理なので、ぜひとも今年中に決めて欲しいものだ。岩手(盛岡・水沢)は観客を入れているようなので、出走レースを観に行きたいが、出走するレースが直前まで分からないのがネックだ。

 サンジョアンの中央での所属厩舎である角居厩舎は来年2月で解散を予定している。サンジョアンは、ぜひそれまでに戻って欲しいものだ。角居先生は元グランド牧場(サンジョアンの生産牧場)職員という縁もあるし、サンジョアンは父のルーラーシップも母のサンビスタもともに現役時代は角居厩舎の馬だったので。

 ちなみに、キーコーズウェイの中央での所属は伊藤圭三厩舎だが、圭三師の父はグランド牧場の元社長で、兄が現社長である。こちらもグランド牧場と縁の深い厩舎だ。

関西遠征記(2日目)

 遠征2日目である。昨日は東京競馬場に行って、夜から大阪入りしたので正確には半遠征なのかもしれないが。なお、遠征1日目の記事はこちら

 新大阪のホテルオークスという競馬ファンが飛びつきそうな名前のホテルに泊まっていたのだが、朝食はそこで摂った。GoToトラベルで割引になるということは素泊まりよりも朝食付きにしたほうが朝食代にも割引が適用されるので、朝食付きのプランにしていた。この手のビジネスホテルにしては珍しく、直食はバイキング形式ではなかった。和か洋かどちらかを選べるので和食にした。

 そしてホテルでホームページの予想をしたり午前中のレースの馬券をPATで買ったりして、チェックアウト可能時刻ギリギリ(11:00)にホテルをチェックアウト。中島駅から十三、西宮北口と乗り継いで仁川へと向かった。昨日書いた通り、メインレースのみやこステークスに出走するマグナレガーロの応援のためである。


みやこステークスとケンタウルスという滅多に見れない組合せ。


 阪神競馬場でノートPCを広げて馬券を買っていると、なかなか当たらず、PATの口座の資金が尽きてきた。他の銀行からお金を補充しようとして、総合インフォメーションにATMの場所を聞きに行ったら、なんと「なくなりました」とのこと。制限付き入場で、入れる場所も制限されているが、ATMという重要な場所まで制限かかってるとは…。馬券を買ってもらう気あるのかな(笑)。

 仕方なく、手持ちの現金で紙馬券を買うこととした。手持ちの現金もあまり持ち合わせがなかったのだが、どうにか最終レース前に破産することは免れた(汗)。

 メインレースはマグナレガーロの出走するみやこステークス。オープン入り後は結果を出せていないが、そろそろオープン慣れしてくるはずと思い、馬券はマグナレガーロを軸に勝負。


マグナレガーロのパドック。

 そして結果はというと、マグナレガーロは5着だった。直線の伸びが足りなかったが、どうにか掲示板は確保した。
 角居厩舎は2頭出しで勝負をしてきていて、もう1頭のワイドファラオは、3コーナー過ぎで早々にバテたのでアシスト役かと思われるが、マグナレガーロもその後ろに付けるような位置だったから、ワイドファラオがマグナレガーロにとって有利な展開を作り出したのかは微妙である。


ガラス越しに撮ったみやこステークスのゴールシーン。出資馬マグナレガーロのゴールを絶妙なタイミングでシャッター切れた。

 馬券は外れたが、一口の賞金配当はどうにかゲットできた(5着賞金の500分の1だけど)。

 競馬終了後は、梅田へと向かった。GoToトラベルの地域共通クーポンが使えてなおかつGoToイートのネット予約も使える店を事前に探して予約しておいたので、その店へと向かった。「野乃鳥 梅味堂」という焼き鳥屋である。地域共通クーポン(電子クーポン)とGoToイートのネット予約が両方使えるお得な店はあまりないので、今後大阪(梅田)に行こうと思っている人のために紹介しておこう。兵庫県の地鶏2種を使った焼鳥の店で、旨い焼き鳥だった。焼き鳥だけではなく鶏釜飯もたのんで腹ごしらえをした。この釜飯というのが本格的なやつで、30分ぐらいかかるそうなので、最初に注文しておいた。帰りの新幹線の時刻が気になったからである。総額4500円ぐらいかかったが、そのうち4000円は地域共通クーポン(この時点で残っていたクーポン全部)を使った。

 そして、新大阪に向かい、新幹線に乗って帰路についた。GoToトラベルのおかげで、コストパフォーマンスの高い旅ができた。これで馬券で稼げて、なおかつマグナレガーロが勝ってくれたら最高なのだが(笑)。

東京競馬場から新大阪へ

 現在、ホテルオークス新大阪というホテルでこれを書いている。
 明日の日曜日、出資馬のマグナレガーロ阪神競馬場のメインレースであるみやこステークスに出走するため、遠征しているのである。

 今日は阪神競馬場の2歳未勝利戦にルナブランカが出走したのだが、予めわかっていれば今日も阪神に行ったところだ。しかし、現在の中央競馬の競馬場は事前抽選で当選しないと入場できず、ルナブランカの出走は流動的だったので、土曜東京、日曜阪神で申し込んで両方とも当選した。

 日曜だけ阪神に行くのなら日帰りでも良かったのだが、せっかくなのでGoToトラベルを使ってみることとした。JR東海ツアーズの往復新幹線付きのパックツアーを申し込んだら、一泊しても往復新幹線代より安い金額となった。これは利用しない手はない。朝食と地域共通クーポンも付くし。
 泊まるホテルの候補は何件かあったのだが、その中から名前で「ホテルオークスを選んだ(笑)。おそらく優駿牝馬競走とは関係ないだろう。そして、井上オークスとはもっと関係ない。

 というわけでルナブランカのレースは自宅でグリーンチャンネルで観て(惨敗だった)、午後から東京競馬場に向かった。

 東京競馬場は前開催よりは入場人員が増えた。その関係で開いてる食堂などの店も増えた。

 そして、私が東京競馬場に行くときは必ずモカソフトを食べに行っている耕一路も営業が再開されていた(前開催は営業していなかった)。久しぶりのモカソフト。フェブラリーステークスの日以来のモカソフトである。


久しぶりに耕一路が営業してたので、恒例のモカソフト

 ここで、300円のモカソフトを買ったら、場内の食堂・売店で使用できる500円分のクーポンをくれた。GoToイートの競馬場版らしいが、500円未満の利用でもくれるところがGoToイートとは違う。ただし、当日限り有効だが。ちょうど昼食を摂ってなかったので、馬そば深大寺で500円のイカげそ天そばを食べた。

 今日の東京競馬場のメインレースは京王杯2歳ステークスだったが、毎年恒例のけい太くん(京王電鉄のキャラクター)は表彰式に現れなかった。そもそも表彰式自体(観客の前では)行われていなかった気がする。

 指定席でレース観戦後、東京競馬場から新横浜へと向かい、そこから新幹線で新大阪へ。

 新横浜でちょっと時間があったので駅弁を食べたのだが、大阪についてからも新大阪駅からホテルに向かう途中にあるGoToイートを使える店を予約してあったので、その店でハイボールを飲みながら串カツ盛り合わせを食べた後に、ホテルオークスへ。

 そして、明日は愛馬マグナレガーロの応援のために阪神競馬場に行く予定。ホテルは阪急京都線南方駅の近くなので、十三で乗り換えがあるものの、阪急線だけで仁川まで行ける便利な立地だ。

土曜ルナブランカ、日曜マグナレガーロが阪神に出走

 今週は水曜、木曜と連日門別で今年中にあと1勝すれば中央復帰できる3歳の出資馬が出走し、いずれも2着と惜しい結果だったが、中央にも土日ともに出資馬が出走する。

 というわけで、11/7(土)阪神2レース未勝利戦にルナブランカが、11/8(日)阪神のメイン・みやこステークスマグナレガーロが出走します。

 ルナブランカは先日デビュー戦だったが、走る気を見せずに惨敗。能力以前の問題だった。あのクイーンマンボの妹であり、能力は高いものを持っているはずなので、今回はキッチリ走ってもらいたい。

 マグナレガーロはオープン入り後2戦は不発だったが、そろそろオープン慣れしてきて結果を出してもいい頃だ。角居厩舎はこの馬とワイドファラオの2頭出しで勝負に来ている。デビュー戦を勝ったこのコースで重賞初制覇を達成してもらいたい。

ルナブランカ 11/7(土) 阪神2R 2歳未勝利 〔D1,800m・9頭〕 54kg 坂井瑠星 発走10:40
マグナレガーロ 11/8(日) 阪神11R みやこステークス(GⅢ)〔D1,800m・10頭〕56kg 浜中俊 発走15:45

 というわけでマグナレガーロのレースを見に阪神まで遠征に行きます。ルナブランカが出走することが先週時点で分かっていたら土曜日も阪神に行ったのだが、土曜日は東京の座席を申し込んで当選していたので東京競馬場で競馬観戦予定。本当に見たいレースは直前じゃないと決まらないので、事前抽選だけではなく当日思い立っても自由に競馬場に入場できるように、早く元の開催に戻って欲しいものだ。

明日門別にサンジョアンが連闘で出走

 本日(11/4)門別7レースに出資馬のキーコーズウェイが出走することは先日このブログでも書きましたが、明日(11/5)の8Rに出資馬のサンジョアンが出走します。

 ユニオンからの近況メールに「11/5(水)」と書いてあったので、今日出走するものだと勘違いして「本日出走」と書いてましたが、確認したら11/5(木)が正しいのでタイトルを変更した上で修正しました。

 先週の門別のレースで初勝利を挙げ、近況メールでは今季はもう使えないので移籍することになるとのことだったが、連闘で門別に出走するそうである。

 連闘で門別を使うそうである。連闘の疲れさえ出なければ期待できそうだ。ここで勝って中央復帰を決めてほしい。そして、ぜひ角居厩舎が解散してしまう前に復帰してほしいものだ。

サンジョアン 11/5(木)門別8R ダート1000mに出走確定。11頭立て4枠4番 54kg桑村真明騎手騎乗。発走は18:15。

優駿エッセイ賞応募作品

 さて、今年も優駿エッセイ賞に応募したのであるが、月刊『優駿』 2020年 11月号 [雑誌]で予備選考通過作品のタイトルが発表されていた。その優駿11月号で確認したが、通過作品には私の(一度も公開したことの無い)ペンネームや私の作品のタイトルは載っていなかった。つまり、予備選考の時点で落選決定である。

 というわけで応募した作品をWebで公開することにした。競馬エッセイのページである「そこに馬がいるからだ」に掲載している。タイトルは「馬と勝負事の神」。今年2月に京都遠征に行った時のことを書いたのだが、あえなく予選で落選。

 優駿エッセイ賞は今年も1次選考で落選。これで15年連続1次選考(予備選考)で落選決定か。初めて応募した2004年は、1次選考を通過したのだが、その時がピークだったというのが何とも・・・。来年はせめて佳作を受賞したいものである。今年は書いてる時点でワンパンチ足りないと感じていたし、やはりネタの見つけ方から修行しなきゃな。1次選考を通った時は筆力よりもネタが評価されたんだと思うし。