毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

JBC&ローレル賞観戦記

 昨日は出資馬スーパーノヴァの応援のために川崎競馬場に行き、見事にその馬の初勝利を見届け、ついでに(笑)ロジータ記念も見てきたのだが、今日も川崎競馬場に行ってきた。2日連続の川崎競馬場。もちろん、JBCを観るためである。3年連続のJBC生観戦だ(過去2年は出資馬サンビスタが出走していたので行かざるを得なかった)。

 JBC各レースの私の本命馬は以下の通り。

JBCレディスクラシック:タイニーダンサー
JBCスプリント:プラチナグロース
JBCクラシック:イッシンドウタイ

 本命馬は全て馬主・生産者ともにグランド牧場の馬だ。
 本命から三連複で中央馬に流した(スプリントはソルテも相手に加えた)。…つもりなのだが、クラシックでは間違えて三連単頭でイッシンドウタイから流してしまう(三連複も買い直した)。当たればメチャクチャデカい配当なのだが、3着はともかく1着に来るのは至難の業だぞ…。

 川崎競馬場はメチャクチャ混んでいた。人口密度が半端ない。昨年は指定席で観戦だったし、一昨年の盛岡は適度に空いていたんだけどな。

 JBCレディスクラシックは昨年に続いてレディスクラシックはホワイトフーガが勝って岩田の馬が2着だった(昨年はサンビスタに乗っていた)。岩田はJBCレディスクラシック創設以来メイデイアで2勝、サンビスタで1勝しており、さらに、昨年のサンビスタと今年のレッツゴードンキで2着に来ている。6回のうち5回連対。残りの1回は騎乗自体がなかったので、騎乗機会全連対ということになる。乗り馬に恵まれていることもあるが、かなり相性の良い騎手だ。
なお、私の本命馬タイニーダンサーは7着に敗れた。

 
https://www.instagram.com/p/BMVjE6DDHTd/
タイニーダンサー@パドック

 JBCスプリントはダノンレジェンド逃げ切り勝ち。これは強いわ。1番人気のベストウォーリアは2着だった。勝ち馬にあっさりと逃げ切られてしまった。我が本命プラチナグロースは8着。

 JBCクラシックはアウォーディー勝利を物にした。2着はホッコータルマエ日本テレビ杯組のレベルが高かった。1番人気のコパノリッキーが5着に敗れたものの、馬複の配当が7倍と堅めに収まった。
我が本命のイッシンドウタイは7着。ちなみにイッシンドウタイはもともと中央にいた馬だが、今年南関に移籍している。

https://www.instagram.com/p/BMVt-6VjFsT/
イッシンドウタイ@パドック

 JBC3レースは全てグランド牧場の馬を本命としたのだが、全て着外に沈んでしまった。

 そのJBCが終わった後の最終レースにも重賞レースが組まれていた。2歳牝馬の重賞ローレル賞だ。そのローレル賞にもグランド牧場の馬が出ていた。門別のエーデルワイス賞で2着に来た角川厩舎の馬である。2歳戦でグランド牧場と角川厩舎といえば昨年のタイニーダンサー等がいる最強コンビである。父サウスヴィグラスで母父スマートボーイという昨日のロジータ記念に出走していたモダンウーマンと同じ様な血統構成だ。こんな魅力的な馬がいるのだから本命にするしかないだろう。というわけでローレル賞はアップトゥユーを本命として勝負。馬複で3頭に流した。

 結果は見事にアップトゥユーの勝利。6馬身差の圧勝だった。2着は際どかったが両方とも相手に持ってた馬だ(2着 イクノチャン、3着 スターインパルス)。馬券の方も馬複が的中である。狙った馬が2,3着にも来たのだから三連単にしておけば良かった。馬複しか買っておらず、今日の負けは取り戻せなかったが(JBCクラシックの買い間違いさえなければトントンぐらいだった)、私もグランド牧場さんも有終の美を飾った。(もっとも、JBCで来てくれた方が嬉しかっただろうけど。)

https://www.instagram.com/p/BMV3tNgD5QV/
ローレル賞表彰式 昨年と同じメンバーだそうだ(厩務員もなのか?)

 表彰式の場内アナウンスによると「昨年と全く同じメンバー」だそうである。騎手(阿部龍)、馬主兼生産者、調教師は同じだが、厩務員も同じなのだろうか?昨年の勝ち馬はモダンウーマン。父も母父もアップトゥユーと同じだ。ちなみに、この馬はラブミーチャンのいとこであり、JBCクラシックで本命にしたイッシンドウタイはおじである。血統的にも魅力がある馬なので、今後も活躍に期待しよう!