毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

地方競馬に「元出資馬」が4頭出走&クラスターカップ回顧

 昨日、今日の2日間で判明しているだけで元出資馬が4頭も地方競馬に出走していた。現出資馬ではない、あくまで「元出資馬」である。中央時代に一口出資していて、地方に移籍した馬達である。


 まず、昨日は福山の重賞・金杯に先日中央を抹消されたシルクプレストが出走した。結果は惜しくも3着。同じシルクの冠名で同じ渡邉貞夫厩舎所属のシルクウィザード(2着)に先着を許した。また、このレースにはもう1頭シルクの冠名で渡邉貞夫厩舎の馬であるシルクプラチナムが出走していたが、この馬はシルクプレストの全兄にあたる馬である。こちらは8着に惨敗。兄弟対決は弟に軍配が上がった。シルクプラチナムはもう8歳なので年齢的な衰えもあるだろう。


 そして今日は園田の重賞摂津盃シルククルセイダーが復帰。約1年ぶりのレースだが、地力のある馬なので単複を購入。結果は3着だった。久々の割にはよくやれたかな。複勝は2.0倍だったので単複均等買いの馬券はトントンだ。勝った馬は元中央馬のタガノサイクロン。一昨年の大沼Sでは人気薄ながらクルセイダーに先着した馬だが、07年の私的GI(笑)平安Sではクルセイダーの方が先着しているんだよな。あの時は京都まで見に行ったな。タガノサイクロンは名手木村健騎手の好騎乗も光った。2着は軽ハンデのプニプニヨークンが逃げて粘りこみ、クルセイダーはそれに次ぐ3着。ハンデじゃなければクルセイダーが2着に来てたと思われる。
 シルククルセイダーは地方移籍時に再ファンドの募集があったのだが、私は申し込まなかった。去年1勝した時点で再ファンド料の元はとれていたので、地方とはいえ重賞3着に来るのなら再ファンドに出資しておけば良かったな。

 その後、ナイター開催が行われていた大井で8R(C2八九)にスーパーホーネットの妹のシルククインビーが、10R(ペリドット賞B3一選抜特別)にはシルクエスポワールが出走していた。シルククインビーは惜しくも4着。単複馬券を買っていたのでもうちょっと頑張って欲しかった。できれば初勝利を飾って欲しかったのだが調子は上向いている。シルクエスポワールは7着に敗退。このクラスでも実績のある馬なのでもうちょっと頑張って欲しかった。馬柱を見ていたらシルクエスポワールは4走前に同じく元出資馬のシルクアンタイドとワンツーを決めていた(アンタイドの勝利)。
 これらの大井のレースに元出資馬が出走している事はTwitterでとあるシルクの会員さんがつぶやいているのを見て知ったのだが、元から出走するって知ってたら大井に見に行っただろう。大井競馬場に行かなかったことが悔やまれる。


 また、出資馬とは関係ないのだが、今日は盛岡競馬場交流重賞クラスターカップが行われた。私の注目馬はグランド牧場産のラブミーチャン。中央馬が手強いとは言え先行有利な盛岡なら逃げ馬のラブミーチャンが有利だろうということで三連単頭の本命に。
 リアルタイムでは見れなかったがVTRを確認するとラブミーチャンはハナを切ったもののすんなりとは行かせてもらえなかった様だ。ドスライスがラブミーチャンさえマークしてればOKという様な騎乗でぴったりマークして直線抜けだすと6馬身差の圧勝だった。2着には中央馬グランドラッチが来て、ラブミーチャンはその2馬身半差後ろの3着。三連複なら当たったのにな…って7倍だと安いか。
 2歳時にNAR年度代表馬になったスターホースなので中央の強豪相手でも頑張って欲しかったな。まあ、勝った馬は強かったのだが。