読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

アドセンス狩り?

Web製作

 以下の様な「Google AdSense アカウントの非承認」というメールが来てGoogle Adsenseのアカウントが取り消されてしまった。

お客様のサイトに掲載された Google の広告に、無効なクリックまたは表示が行
われたことを確認いたしました。 このため、お客様の Google AdSense アカウ
ントを停止させていただきました。 この措置は、AdWords 広告主様を保護する
ために必要なものであることをご理解ください。

サイト運営者様のサイトでは、広告の不正なクリックや表示は許可されておりま
せん。禁止されている行為には主に次のような場合がありますが、この限りでは
ありません。

  • サイト運営者様がご自身のウェブページをクリックする
  • サイト運営者様が第三者にクリックを誘導する
  • 自動のクリック プログラムやその他の不正なソフトウェアを使用する
  • 広告コードの一部を変更したり、何らかの理由でレイアウト、動作、ターゲッ

ト、広告掲載を変更する

このような Google AdSense の利用規約およびプログラム ポリシーに違反する
行為が行われた場合は、アカウントを無効にいたします。 利用規約およびプロ
グラム ポリシーについては、下記の URL をご覧ください。

https://www.google.com/adsense/localized-terms?hl=ja
https://www.google.com/adsense/policies?hl=ja

無効なクリックが原因でアカウントが無効となったサイト運営者様は、今後
AdSense をご利用いただけません。また、お支払いも行われません。 お客様の
アカウントの収益は、影響を受けた広告主様に返金されます。

今回の判断について異論があり、今回の無効な行為がお客様または従業員や家族
などお客様に関連するユーザーによる行為または過失でないことを明らかに証明
できる場合、アカウントの停止について申し立てることができます。 申し立て
には、下記のフォームのみをご使用いただけます。

http://www.google.com/support/adsense/bin/request.py?contact=invalid_clicks_appeal&hl=ja

お客様の申し立てについて調査することになりましたら、できる限り迅速にご連
絡し、適切な処理を取らせていただきます。 申し立てに対する措置が決定した
場合、特に連絡は行いません。また、以降の同様の申し立ては検討対象外とされ
ますのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

Google AdSense チーム

 巷でうわさのアドセンス狩りにでも遭ったのか?不正なアクセスなどした覚えなどないし人に頼んだ覚えもないのだが。いや、クリック保証型のホームページ連動広告等は自己クリックはしていないが、成果報酬型の「Firefox with Google toolbar」ならアドセンスを貼り付けた直後あたりに自分でダウンロードしたことがあるな。その時は自己クリック禁止とかのルールも知らなかったけど。しっかし、これが原因ならバカバカしいよな。結局1銭の収入にもならなかったし。

 いろいろと調べてみたが、どうやらGoogleは特定のアルゴリズムで機械的にはじき出して疑わしいものはすべて非承認としているらしい。どのようなアルゴリズムかは知らないが、たとえば Google アカウントにアクセスしたIPアドレスからクリックがあったらNGとかなら、プロキシを使わなければイントラネットの外にアクセスできないような会社等ではすべて同じIPアドレスになるはずなので、同じイントラ内の自分以外の人がアクセスしても「自己クリック」とみなされるわけだよな。会社ではGoogleにログインしてGoogleを使うときはパーソラナイズドホームを表示するようにしているのだし。

 ちなみにアボセンス被害者の会というページにアドセンス狩りのやり方について述べられている(良い子はやっちゃダメだよ)。そこを見て思ったのだが「田代砲」ってまだあるんだね。そしてその「兵器」はタイム社のパーソン・オブ・ザ・イヤー投票ページ以外に対しても有効なんだ。それにしても世界一のネット企業であり、すぐれたテクノロジーを売りにする会社が田代砲という前時代的兵器で轟沈するというのはいかがなものだろうか?普通のアフィリエイトASPでも同一IPからの短時間の連続クリックは最初の1回以外は無効とかっていう措置は取っているのに。そもそも不正と確定したわけではなく、単に疑わしい(とおそらく人間ではなくコンピュータが機械的に判断した)だけなのに、不正とみなされていない部分の報酬まで受けられないのはちょっとね。まあ、私の場合被害額が2〜3千円程度で済んだのが不幸中の幸いだが。

 ちなみにアドセンス狩りについては服部弘一郎さんの新佃島・映画ジャーナルに詳しく書いてある。右にある検索窓で「Google AdSense顛末記」で検索すれば関連記事がいっぱい出てくる。