毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

優駿エッセイに応募

 本日、今年の優駿エッセイ賞への応募作の原稿を投函してきた。締切りは8/12(金)なのだが、今年も結局ギリギリに完成した。

 優駿エッセイ賞には初応募の2004年に「府中の西門前」で1次選考を通過して以来、毎年応募しているのだが、その後は1次選考すら通過しない。今年で18年連続18回目の応募となる。初応募時に1次選考を通過したときは「俺って才能あるのかも?」と錯覚してしまったが、それは単なるビギナーズラックだったらしい(あとは文才よりもネタが評価されたってのもあるかも)。それ以降毎年応募しているのだが、1次選考すら通過しない。今年こそはと思うのだがどうだろう?その時に高く評価していただいた福田喜久雄さんは鬼籍に入っているし、石川喬司さんも審査員から外れているのが気になるところだ。

 毎年書いているが、私がエッセイを書くときの手法はこんな感じである。

  • 断片的なネタ的なものを過去のブログ等やEvernoteに書き溜めておいたメモからかき集めてきたり、新たに書き下ろしたりする(この時にテーマも決める)
  • 全体のおおよその流れを考える
  • その流れにあわせてそれらの文章の断片を並べ、ストーリーを考える
  • 文章としてつながりのあるように加筆修正する
  • 余分な部分を削ったり説明不足な部分を新たに書いたりする
  • 規定枚数に収まるようにあちこち言い回しを変えたり重要性の低い文を消したりする
  • 誤字脱字等があれば修正する

こういった感じで仕上げていくので、ワープロは必須である。手書きだとまず書けないと思う。頭から順番に書いていくということができればいいのだが、枚数制限のある長文でそれがうまくやるのは難しいんだよな。

 ところで、優駿エッセイ賞は21世紀になって21年も経った今でも紙に書いたもの(ワープロ可)を郵送でのみ受け付けている。電子データを電子メール等で送ることはできないものだろうか?2007年に同誌で行われた競馬ライター発掘プロジェクトでは電子メールでの作品応募も認められていたのだが。