毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

本日川崎にスーパーノヴァが出走

 本日の川崎競馬場の11レース「宮ケ瀬クリスマス特別」に出資馬のスーパーノヴァが出走します。

約5ヶ月ぶりの出走だが、頑張って欲しい。あと1勝で中央復帰だ。山崎騎手に継続して騎乗してもらえるようなので、ぜひともここで決めてもらいたいものである。

スーパーノヴァ 11/10(金)川崎11R「宮ケ瀬クリスマス特別」 ダート1600m に出走確定。14頭立て1枠1番 57kg山崎誠士騎手騎乗。

川崎競馬場
先週の日曜日には川崎競馬場本馬場で追い切りを行っている。タイムは5Fから65.5-51.0-38.4。ゴール前だけ強めに追って脚を伸ばした。動きは良好。ゲート練習でも問題はなく、良い状態に仕上がった。休養明け初戦から好走を期待したい。今のところ、11/10(金)川崎ダ1600mに出走予定。「動きはすごく良かったですよ。やっぱり休み明けは具合が良いですね。あとは上手くゲートを出てくれたら。練習では逃げ馬かと思うくらい速いのに、レースになるともっさりですからね。力はあるので、良い結果を期待しています」(師)

 何で「この時期にクリスマス?」と思ったが、宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどいというイルミネーションイベントが11/25からクリスマスの間に行われるみたいだね。今宣伝しておいた方が良いのか。

JBC観戦記

 今日は大井競馬場に行ってJBCを観戦してきた。4年連続のJBC生観戦である。3年前は出資馬のサンビスタJBCレディスクラシックに出走していた(そして見事に勝利を収めた)ので盛岡まで観に行き、その後は全て南関東での開催なので観に行っている。

 今年はJBCレディスクラシックに我が出資馬クイーンマンボが出走を予定していて、出ていればおそらく1番人気だった。前哨戦のレディスプレリュードを8馬身差の圧勝しているのだから、ここでも勝ち負けだっただろう。しかし、出馬投票直前で挫石が悪化して回避。クイーンマンボが出ないのなら観に行こうかどうか迷ったが、せっかく近場でJBCの開催があるのだから観に行くことにした。冷静になって考えると、最初から出資馬出走予定がなかったとしても行っただろうし。

 大井競馬場には3時過ぎに着いたのだが、中央のレースもメインレースぐらいは観ようかと思い、グリーンチャンネルWebでファンタジーSを観た。ファンタジーSの予想はこちらに書いたとおりで、その通りに買っていたのだが、ベルーガが快勝し、我が本命のコーディエライトは際どかったが2着を死守したので我が馬券は的中だった(他にも中央の馬券をPATで買っていたのだがファンタジーS以外は全てハズレ)。

 さて、中央の重賞が終わったら目の前でやっているJBCである。まずはJBCレディスクラシック。クイーンマンボがここにいないのは残念だ。レディスクラシックといえば、岩田騎手がレース創設以来騎乗機会5回全て連対しているレースである。ちなみにそのうち2回は私の出資馬のサンビスタだ。というわけで岩田が騎乗するタガノヴェローナから中央馬とララベルに馬複で流した。

 結果は南関東のララベルと中央のプリンシアコメータの一騎打ちとなったが、ララベルがクビ差制した。久しぶりの地方馬によるJBC制覇である。3着には単勝万馬券のラインハートが入り三連系は大きな穴が開いた。我が本命のタガノヴェローナは6着と掲示板にすら載れず。岩田がレディスクラシックで連に絡めなかったのはこれが初である。断然1番人気のホワイトフーガは2年前にあのサンビスタを5馬身ちぎったとは思えないぐらいの惨敗(11着)。本調子ではなかったのだろうか。出ていれば間違いなく1番人気で(しかも勝ったと思われる)クイーンマンボが直前で回避したレディスクラシックは波乱の結果となった。

 続くJBCスプリントはノボバカラを軸にして東京盃1,2着の地方馬プラス中央馬に馬複流しで勝負。ノボバカラは芝を中心に使ってきた馬だが前走の南部杯でダート適性は見せたし、今回は御神本騎乗というのが魅力なので本命とした。

 結果はニシケンモノノフが勝ち、2着にはコパノリッキー。3着に東京盃2着の地方馬ブルドッグボスが入った。この3頭がクビ差+クビ差の接戦を演じた。コパノリッキーは基本的にはスプリントは不向きだと思うが、地力で2着まで来たのはさすがである。我が本命ノボバカラはいいところ無しの12着。御神本が乗っているというだけではダメなのか。

JBCクラシックはルメール騎手が騎乗するオールブラッシュから中央馬に三連複流しで勝負した。ルメールはクイーンマンボが出走できなくて悔しいだろうからここで決めてくれるだろうということで本命とした。

 そのオールブラッシュは果敢に逃げたが、直線で失速して6着に敗退した。勝ったのは昨年のチャンピオンズカップ以来の勝利となるサウンドトゥルー。2着がケイティブレイブで3着がミツバだった。

 というわけでJBCの馬券は全て惨敗という結果に終わった。その後のレースも1つも当たらず、中央で稼いだ金額以上に大井で負けてしまった。

 なお、このJBCのために大井競馬場に設けられたパネル・映像展があり、そこには2014年JBCレディスクラシック勝ち馬である我が出資馬サンビスタも展示されていた。現地まで観に来た甲斐があるというものだ。

https://www.instagram.com/p/BbBoqQJlDXu/
サンビスタ


https://www.instagram.com/p/BbBo_5GFsSN/
さっきのやつの隣にあるパネル・映像展。サンビスタの今。


 私の出資馬がこうして展示されているのは非常に嬉しい。出資馬がGIを勝つとこういう楽しみもある。来年はこれにクイーンマンボも加わると思っていたのだが。

優駿エッセイ賞応募作品

 さて、今年も優駿エッセイ賞に応募したのであるが、優駿 2017年 11 月号で1次選考通過作品のタイトルが発表されていた。その優駿11月号で確認したが、1次選考通過作品には私の(一度も公開したことの無い)ペンネームや私の作品のタイトルは載っていなかった。つまり、1次選考の時点で落選決定である。

 というわけで応募した作品をWebで公開することにした。一昨日、競馬エッセイのページである「そこに馬がいるからだ」に掲載したが、ここのブログでアナウンスするのを忘れてた。タイトルは「鉄道廃線跡とオケラ街道を行く」。久しぶりの府中西門ネタであるが、鉄道廃線跡巡りというマニアックなものと絡ませてみた。

 優駿エッセイ大賞は今年も1次選考で落選。これで13年連続1次選考で落選決定か。初めて応募した2004年は、1次選考を通過したのだが、その時がピークだったというのが何とも・・・。来年はせめて佳作を受賞したいものである。やはりネタの見つけ方から修行しなきゃな。1次選考を通った時は筆力よりもネタが評価されたんだと思うし。…って昨年も同じこと書いたな。

クイーンマンボがJBCレディスクラシック回避(涙)

 今週の金曜日は大井競馬場で競馬の祭典JBCが行われる。

 JBCレディスクラシックに我が出資馬クイーンマンボが出走を予定していて、しかも堂々の1番人気候補だったのだが、今日行われた出馬投票で回避することが判明した(;_;)。

 前哨戦のレディスプレリュードは文句なしの圧勝で、つい4日前にも【JBCレディスクラシック】ルメールがベタボメするクイーンマンボという記事が登場するなど、順調かと思われていた。

 しかし、今日の出馬投票の時間になって Twitter を除くと、競馬記者の方達が「クイーンマンボ回避。クイーンマンボが出走する(もしくは勝つ)前提で記事を書いていたので、記事を書き直しだ。」みたいなことをつぶやいていて大騒ぎだった。

 10月中旬に挫石が判明したのだが、それでも調教は続けていた。しかし、直前になって回避である。

 10/26(木)には以下のような近況メールが届いていた。

栗東トレセン
栗坂稍  53.5 38.6 24.9 12.5 強目に追う
坂路で単走の追い切り。テンから行きっぷりは良好。手応え良く駆け上がっていくと、ラストだけ仕掛けてスッと脚を伸ばした。鞍上のGOサインに対する反応も良く、良い動き。体を大きく使った雄大なフォームで走っていた。見た感じ、挫跖の影響はなさそう。まだ安心できないところはあるが、この様子であれば問題なく進めていけるだろう。来週の大井(金)「JBCレディスクラシックJpnⅠ」(ダ1800・牝)に向けて、ここまでは順調。「これだけ動いていれば充分ですね。時計も速いし、まだまだ余力もありました。助手に聞くと、『少し休ませたことが良かったのか、柔らか味が出てきた。それに気合い乗りも良くなっている』とのこと。かえって良い方向に出たのではと捉えています。まだ完全に回復したわけではありませんが、これからは痛みが抜けていくだけ。この感じなら問題なさそうですね」(師)

 10/29(日)にも調教メールが送られてきた。

栗東トレセン
栗坂重  58.8 43.1 28.5 14.1  馬ナリ余力

 しかし今日、回避である。

月曜日の晩に、右前を痛がっている様子が確認された。脚を着けず、体温も39度近くまで上昇。すぐに獣医師の診察を受け、消炎剤等で処置してもらった。診断結果は右前肢挫跖の悪化。今朝になって蹄冠部から膿が出てきたが、すぐにレースに向かうことは困難な状況となっている。そのため、予定していた11/3(金)「JBCレディスクラシックJpnⅠ」(ダ1800・牝)は回避することになった。次走は未定で回復具合を見ながら検討していく。「日曜日の追い切り後も特に問題はなかったんですが…。ひょっとしたら、薬が切れたことで痛みが一気に出てしまったのかもしれません。デビュー前にも蹄を傷めたように、蹄底が薄いのでどうしてもダメージを受けやすいようですね。大一番の直前になって、こんなことになってしまい申し訳ありません。排膿したのでもう大丈夫だと思いますが、完全に良くなるまでは慎重に進めていこうと思います」(助手)

 昨日の夜、悪化したようである。それで出馬投票日の今日、回避が決定した。それで競馬記者達は今日の投票を見て回避を知ることとなったのであった。

JBCレディスクラシックは盛岡で行われた年にサンビスタも勝っていて、私の出資馬では2度めの勝利かと期待していたのだが、残念である。

 このニュースを聞いた時はショックだったが、将来のある3歳馬だけに無理して出走して悪化するよりなら、出走回避の方がいいだろう。仮に悪化しなかったとしても、地方は2着以下の賞金が安いので勝てなきゃしょうがない。

 次走は回復具合にもよると思うがどこになるのだろうか?ぶっつけでチャンピオンズカップか、手堅くクイーン賞なのだろうか?

 ちなみに出資馬の出走はなくなったが、JBC当日は大井競馬場に観戦しに行く予定だ。今年観に行くとサンビスタがレディスクラシックを勝った14年以降4年連続生観戦である。1日に同一競馬場でJpnIレースが3つも行われる特別な日なのだから楽しまないとね。

ブルーヘヴン本日東京に出走

 本日(10/15)東京競馬場第5レースの500万条件戦に出資馬のブルーヘヴンが出走します。

 ユニオン同期のグランド牧場産馬のクイーンマンボレディスプレリュードを勝ち、バンパークロップもデビューから2連勝して1000万条件でも好走したので、その世代で最初に勝ち上がったブルーヘヴンもそれらに続いてほしいものだ。

 口取り申込者は8人しかいないようだが、私は申し込むのを忘れてた。地元の府中への出走なので申込んだほうが良かったかな。

ブルーヘヴン 17/10/15 東京5R 3歳上500万下 ダ1300 53kg 柴田大知
16頭立 1枠2番 12:10発走

美浦トレセン
美北C良  65.5 49.8 36.9 12.4  一杯に追う
シゲルタイガー(古500万)一杯の外を0.5秒追走0.2秒先着
柴田大知騎手が騎乗して、ダートコースで併せ馬で追い切り。パシュファイヤー着用。テンは3馬身ほど追走。並んで直線に向き、そこから馬なりで相手をスッと引き離し、最後だけ見せムチを入れるなどしてしっかりと追われ、2馬身ほど先着。動きはすこぶる良好で、この内容を見て、今週の出走にGOサインが出された。東京(日)5R ダート1300m 3歳以上500万下平場戦に、柴田大知騎手で確定。「すごく良い動きでしたね。最後は気を抜かせないようにプッシュしましたが、止めるような素振りはなかったですね。能力的には良いものを持っていますよ」(柴田大知騎手)。「豪快に動けていましたね。今日の動きからすると、やはり気持ちが煮詰まる前に競馬に向かった方が良いと思い、今週使うことにしました。距離は合うと思いますが、あとはテンに行けるかどうか。枠順が決まってから他馬の脚質などを見ながらレース運びを考えます」(師)

クイーンマンボがレディスプレリュードを圧勝(&デュナトスが大井最終に出走していた)

本日(10/5)大井競馬場で行われたレディスプレリュードで、我が出資馬クイーンマンボが見事に勝利を挙げた。しかも8馬身差の圧勝!

 12日前のローズステークスに出走したので疲れが残っているのではと心配だったが、全くの杞憂だった。馬体重は減るどころか増えていて+7kgの497kg。中11日で馬体を増やして出てくるのだから、好調そのものなのだろう。

https://www.instagram.com/p/BZ3SKrgFd3_/
クイーンマンボのパドック


 直線で先頭に立った時は「ルメール、そのまま!」と叫んだが、途中からは叫ぶ必要もなくなった。それだけ余裕で見ていられたのだ。

 そして口取り権利が当たっていたので、口取り式へと向かった。放馬した馬がいてなかなか捕まらなかったので、口取り開始が遅れていたのだが、その放馬した馬が待機所で待機している私の真後ろから至近距離まで突進してきてビビった(間に埒があったので衝突することはなく事なきを得たが)。そして口取り撮影。大井での口取りは一昨年のTCK女王盃サンビスタ以来であり、その時は昼開催だった。ナイター競馬で口取りは初の経験である。口取り式自体、一昨年のチャンピオンズカップサンビスタ)以来だった。

 口取り終了後、他の出資者さん達と一緒にユニオンの社員のKさんと話していたら、「あそこにグランド牧場の社長さんがいるよ」と紹介してもらった。そこで、社長さんとお話ができた。Kさん曰わく私がサンビスタに出資したら満口になったそうで、社長さんに「うちの分を一つ分けてやったんだ」と(冗談半分に)言われた。サンビスタの募集期間ギリギリにユニオンに入会して出資できたので、てっきり満口にならなかったのだと思っていたが、実は私が最後の一人で満口になっていたのか。

 そして、サンビスタやクイーンマンボの出資者である某応援団長に言われて気づいたのだが、大井の最終レースに私の元出資馬デュナトスが出走していた。南関移籍後は私の出資馬ではなくなっているので、出走のお知らせメールも来ておらず、気づいてなかった。慌ててデュナトスの単勝を買う。レディスプレリュードはクイーンマンボを頭にして三連単を買っていて的中していたのだが、そのプラス分を全てつぎ込んだ。といってもレディスプレリュードの結果がガチガチで500円しかプラスになっていなかったわけであるが。
 デュナトスは果敢に逃げたので、そのまま決まってくれと思ったのだが、残念ながら直線で垂れて7着だった。しかし、クイーンマンボの勝利に酔いしれる中で、元出資馬の勇姿を観ることができて良かったかな。

 今年のJBCは大井競馬場での開催である。レディスプレリュードと同じコースだ。圧倒的な強さで勝てたクイーンマンボは本番でも楽しみである。ぜひ、本番も今日のようにいいレースをしてもらいたい。

クイーンマンボがレディスプレリュードに出走

 本日(10/5)大井競馬場で行われるレディスプレリュードに出資馬のクイーンマンボが出走します。

 前走はローズSに出走して12着。秋華賞を目指す予定だったが、そのローズSで同厩舎のラビットランが勝ったこともあってか、ダート路線に戻すこととなった。秋華賞に出走してもラビットランのアシスト役に回ることになるだろうから、ダートに戻したのはいい選択だと思う。

 ダートでは普通に強い馬だ。ホワイトフーガという強豪がいるが、JBCレディスクラシックに向けていいレースをして欲しい。

 ちなみに口取り権利が当たったので、勝てば口取りに参加する。だから、ぜひ勝ってもらいたい。

クイーンマンボ 10/5(木)大井11R「レディスプレリュードJpnⅡ」 ダート1800m 牝馬限定戦に出走確定。16頭立て8枠15番 54kgC.ルメール騎手騎乗


2017/09/27
栗東トレセン
栗CW良  90.3 73.3 57.0 41.9 11.9 馬ナリ伸る
ドラゴンカップ(古1000万)馬ナリの外を0.5秒先行同入
テンは先行。直線で外につけると、がっちり抑えたまま併入した。ゆったりと入ったこともあるが、終始手応えは抜群。余力充分に走っていた。叩きつつ状態は型通りに良化している印象。ダート戦に戻っての巻き返しに期待したい。10/5(木)大井「レディスプレリュードJpnⅡ」(ダ1800m・牝)に出走予定。「ちょっと全体の時計は遅かったですが、動きは良かったです。今日もまったくの馬なり。すごく楽でしたよ。なかなか本気にならないところはありますが、大分良くなってきています。落ち着きがあって、脚元の不安もないですよ。日曜日に最終調整をしてレースに臨みます。良いメンバーが揃いそうですが、ダートに戻って頑張ってほしいですね」(助手)


2017/10/04
大井競馬場
先週の日曜日に最終追い切りを消化。動きは良好で良い状態に仕上がっている。なお、本日、栗東トレセンから大井競馬場へ移動。明日の大井(木)「レディスプレリュードJpnⅡ」(ダ1800・牝)に出走予定。「動きが素軽くなっていますし、ピリッとして気合い乗りが良くなっています。前回よりも状態は良くなっていますね。ここまで順調にきましたし、仕上がりは良いですよ。ダートに戻って巻き返してほしいと思います」(師)