毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

今年は東京競馬場花火大会やらないそうだ

 毎年この時期は東京競馬場で花火大会があり、このブログへのアクセスも多くなるのだが(それで検索して来ている人もかなり多い)、今年は残念ながら実施されないそうだ。コロナ自粛の影響で中止になったわけではなく、東京オリンピックのせいでもともと予定されていなかったそうである。ということは、そのオリンピックが来年に延期になったので来年もやらないってことなのかな(涙)。

 というわけで、当ブログの年間最大のかきいれ時(笑)のこの時期も、アクセス数は平常通りである(苦笑)。

 まあ、今年はコロナのせいで競馬自体が無観客開催となってしまってるので、花火はやるというのもあれだが。

 花火大会がなくなって残念なので、その代わりと言っては何だが、昨年以前の東京競馬場花火大会で私が撮影した写真のアルバムをここで紹介しておこう。雰囲気だけでも味わってもらいたい。


photos.app.goo.gl
photos.app.goo.gl
goo.gl
goo.gl
photos.app.goo.gl
photos.app.goo.gl
photos.app.goo.gl


 持っているデジカメに花火撮影モードがあることを知ってから、毎年それで撮影して公開することにしているが、もう7年もやってたのか。
 それ以前のアルバムも見つかったが、(当時のあまりカメラの性能の良くない)スマホで撮影したものなので、ここには掲載しないでおこう。

 この花火大会は30分と短い時間だが、その割りに打ち上げ発数が多く、密度の濃い花火大会だ。特に最後の5分ぐらいのグランドフィナーレがみものである。大量の花火を短時間で乱発するので迫力がすごい。
 来年はぜひ見に行きたいな。オリンピックの影響で実施されない可能性高いけど(涙)。

サンジョアンが中央抹消 地方移籍へ

 我が出資馬の3歳馬サンジョアンだが、帰厩に向けて吉澤ステーブルWESTに今週中の移動の予定で調整していたが、昨日の調教中に躓いて転倒。右前肢の管骨の裏側に外傷を負ったそうだ。腱や骨への異常は確認されていないが、外傷した箇所の縫合手術を行ったそうである。

 再度休養を余儀なくされ、未勝利戦が開催されているうちに出走態勢を整えていくことは困難な状況になったため、関係者間で協議し、一旦地方競馬に転籍して中央再転入を目指す(3歳中に3勝。4歳以降は3勝以上が再登録の条件)ことになった。近日中に中央登録を抹消する予定とのこと。

 元出資馬でGI馬のサンビスタの初仔ということで出資したのだが、脚元が弱いのかなかなかレースに出走すらできず、いまだに1戦1敗。そして、ようやく復帰かと思った矢先にこれである。悲しすぎる(;_;)。

 中央での入厩先の角居厩舎(ちなみに母も父も現役時代は角居厩舎所属)は来年2月で解散が予定されているのだが、それまでに戻ってこられるのだろうか?どこに移籍するのかはわからないが、ぜひ勝ち上がって復帰してもらいたい。母も晩成だったので、こんなところでは終わって欲しくないものだ。

 サンジョアンが走ったレースは奇しくもコロナ騒動のせいで無観客開催が始まった週の3/1である。一度も観客の前で走っていない。私も(牧場で見たことはあるものの)彼女が競馬場で走る姿を観ていないし、ぜひ、たくさんのお客さんの前でレースをして欲しいものである。早く無観客開催終わらないかな。

土曜東京にベルラガッツォ出走

 明日6/20(土)の東京3レース3歳未勝利戦に、我が出資馬のベルラガッツォが出走します。

 今回が関東転厩後初戦。人気先行がちな馬だが、前前走では3着の実績がある馬なのでぜひここで勝ち上がってもらいたい。

 今まで3戦して、その3戦は全て重馬場か不良馬場である。良馬場でのレースを見てみたいが、前日の雨で、あまり馬場が良くならないかな。

 能力はあるがオルフェーヴル産駒の悪い面も出てしまって気性が良くない馬である。今回はダートの長距離。うまく折り合いをつけて欲しい。

ベルラガッツォ 6/20(土)東京3R 3歳未勝利〔D2,100m・16頭〕56 戸崎圭太 発走11:15

ベルラガッツォが関東に転厩

 栗東中内田充正厩舎に所属していた私の出資馬 ベルラガッツォが、5/24に美浦・稲垣幸雄厩舎に転厩となった。

 中内田充正調教師に今後の予定を相談したところ、馬の入れ替えがスムーズにいかず、現時点でハッキリとした返事が出せないとのことで、近日中の帰厩、および今後のスムーズな入退厩が難しい状況だからというのが理由だそうである。

 この馬に出資したのは中内田厩舎だからというのも理由の一つだが、勝ち上がれないまま転厩である。人気厩舎はこういうリスクがあるんだよな。

 ベルラガッツォは、滋賀県にあるノーザンファームしがらきで調整中だったが、関東への転厩である。考えてみると関東に移籍ということは関東馬相手の未勝利戦で戦えるということだ。関西の未勝利戦より相手は楽になるだろう。しかも、今の時期は新型コロナの影響で条件戦での東西移動が禁止されている。関東主場の未勝利戦には関東馬しか出てこない。こういう意味ではチャンスかもしれない。

 ところで、シルクの別の馬で私が出資している2歳馬ヘアケイリーが5/28に中内田厩舎へ入厩予定だそうだ。この馬が入るせいで「先輩」であるベルラガッツォがはじき出されたのだろうか?

マグナレガーロが平安ステークスに出走

 我が出資馬<マグナレガーロが明日(5/23)の京都のメインレースである平安ステークスGIII)に出走します。

 平安SといえばJRAではGIIIだが私的にはGIの様なものであった。20万馬券を的中させた記念すべきレース。スマートボーイ記念平安ステークス(GI)。(その年以外にもスマートボーイが勝ってるし。)1月に京都ダート1800mでやってた頃はそう呼んでいた。しかし、今では5月に移動して距離も1900mに変更され、当時の面影はあまりない。しかし、私にとって記念すべき重賞(と同じ名前のレース)に愛馬が出走するのは嬉しい。

 2007年のシルククルセイダー、2018年と19年のクイーンマンボに続いて、私の出資馬は3頭目で4度目の平安S出走である。「スマートボーイ記念平安ステークス(京都ダート1800m)」に出走したのはシルククルセイダーだけだが、思い入れのあるレースに愛馬がこれだけ出走しているのは何か嬉しい(オープンまで行く馬の大半がダート中距離の関西馬だということもあるが)。

 無観客開催じゃなければ京都まで観に行くところなのだが、残念ながら今年は新型コロナの影響で無観客開催となってしまった。出資馬が中央の重賞に出走して生観戦しないのはこれが初めてである(地方だと平日昼間開催のレースは見に行けないことがあったが)。

 初重賞挑戦でGI馬も何頭かいるが、潜在能力の高い馬なので準オープンを勝った勢いで好走に期待しよう。

マグナレガーロ 5/23(土)京都11R 平安ステークス(GⅢ)〔D1,900m・14頭〕56 北村宏司 発走15:35

マスク2枚が送られてきた Part2

 今日、アベノマスクつまり厚労省からの布マスク2枚が送られてきた。

 わざわざそんなことぐらいでブログ記事を書くのもと思ったのだが、先日こういう記事を書いたので、「本物の」アベノマスクが届いたということも一応報告しておこう。

 そのマスクは各世帯に2枚を郵送で配るということだったが、届いたものを見ると宛先が書いていなかった。郵便ではなくチラシみたいな投函で配られたのだろうか?これだと集合住宅で人は住んでいないが郵便受けだけあるようなところにも配られてしまうのでは…。例えばアパートの空室とか。

 昔、チラシ配りのバイトをしたことがあるが、アパートに行くとその郵便受けを使っている人がいるのかどうかを確認せずに全部入れてしまうんだよな。名前が書いてなくて部屋番号だけってところもたまにあるし。

 なお、東京都府中市の私のマンションには今日届いたが、東京都は発送が早い模様(ただし多摩地区は東京都の中では遅いほうなのかな?)。コロナ感染者があまりいない地域に届くのはまだまだなのかな?

マスク2枚が送られてきた

 郵便受けに封筒が入っていて、その中にはマスクが2枚入っていた。

 これが(色んな意味で)話題になってるアベノマスクだのだろうか?

 アベノマスクはこのページによると現在46都道府県への発送が「準備中」であり、東京都だけが発送し始めているようだが、東京都内でも多摩地区にある我が家にはなかなか届かない(2009年の新型インフルエンザの時に大量に買ったマスクがいまだに1箱半あるのであまり期待していないが)。

 と思って封筒と同封された手紙を見るとアベノマスクではなかった。

https://www.instagram.com/p/B_69POHj1g6/

 ヒロセ通商【LION FX】 という10年ぐらい前に口座を開設して1~2回だけ取引してその後ずっと使ってないFXの会社からだった。しばらく放置していた口座だが会員資格が失効とならずに、それどころか本業と無関係のはずのマスクを送ってくるとは親切な会社である。


 というわけでお礼の意味も込めて宣伝しておこう。