毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

久しぶりに競馬を生観戦

 今日は久しぶりに馬が走っている競馬場に行ってきた。フェブラリーステークスの日の東京競馬場以来約7ヶ月ぶりである。大井競馬場で指定席は最大288名、一般席は550名までの制限付きで観客を入れているが、その観客席が当選していたので、大井競馬場に行ってきたのである。

 大井競馬場の入場券の抽選は今日9/21で申し込んだら当選したのだが、中央競馬も三日間開催の三日目であり、しかも JRA スーパープレミアムとして全券種の払い戻し率が80%になるので、中央競馬の方も勝負しなければならない。

 というわけで、昼は中央、夜は大井のダブルヘッダーである。と言っても中央は相変わらず無観客開催であり競馬場には行けないので、自宅で馬券を買ってグリーンチャンネルで観戦だったが。

 JRA スーパープレミアムで払い戻し率が高いということで、中央競馬の方もいつもよりも多めの金額で馬券を買っていた。しかし、全然当たらない。 通常の払い戻し率だった昨日は、東西のメインで万馬券を的中し、特にローズステークス馬連299.6倍を当てた上にワイドの万馬券も取っていて大儲けだった。通常の払い戻し率の日は当たりまくりだったのに、払い戻し率が増えると当たらなくなるとは、効率が悪い。まあ、昨日大勝ちしたので今日の軍資金が調達できたとも言えるが。

 さらに、大井競馬場に行くので、大井の馬券でも勝負することとなる。昨日馬券で勝った金が、みるみる溶けていく(さすがに全部は溶かさなかったが(笑))。

 というわけでまず川崎に行ってグリーンチャンネル Web でレースを見ながら昼食をとり、そこから京急で立会川へと向かった。今年に入って初めて東京23区内に足を踏み入れた。中央のメインレースは大井競馬場タブレット端末でグリーンチャンネルで観戦した。

https://www.instagram.com/p/CFY3jOfjVQa/
久しぶりに馬が走っている競馬場

 今回の大井競馬場での席は一般席エリアだったが、座席は指定されていた。L-WING(ゴール前~~1コーナーの間のスタンド)周辺以外のエリアは立ち入りができなくなっていた。また、ジャンクフードなどの売店もほとんど営業しておらず、L-WING2階3階の一部の食堂が営業しているだけであった。ようやく競馬場に制限付きながら観客が戻ってきたのだが、売店などで働いてる人はまだまだコロナの影響をもろに受けている。

 私が席に着いて最初に行われたのは第3レース。スタート地点は私がいるスタンドから遠い4コーナー寄りの方だったのだが、スタート前に一頭フジノジャイアントが放馬した。そして、放馬した馬は私の目の前を通り過ぎていった。久しぶりに至近距離で見た馬が、放馬して逃げている馬だったのである(笑)。フジノジャイアントは 外埒を突き破って花道に入り込んでいった。検査なしで除外決定である。

 観客は少なく、イベントも行われておらず、売店もろくに営業していない競馬場だったが、やはり現地で生で見る競馬は格別である。私にとって競馬場は一番落ち着く場所である。久しぶりに娑婆に出たような気分だ。しかし、以前のような賑わいには程遠い。早く通常通り観客を入れて、あちこちの売店が営業していて、 ステージでイベントなども行われている「普通の」競馬が戻ってきてほしいものである。競馬は単に馬が走っていて馬券が売られてればいいものではなく、そういうものもひっくるめた文化なのだから。無観客開催の時のTCKのキャッチコピーで「世界がいつかまた、騒がしくありますように。」というのがあるが、まさにそれである。もちろん馬が走っていて馬券が(ネットで)売られているという最低限のことは中止にならずに継続され、今回、制限つきながら観客の入場ができるようになったということに対しては、TCKに敬意を示したい。

https://www.instagram.com/p/CFZUPg4Dy0Z/
内馬場のイルミネーション

 さて、大井競馬の馬券の方であるが、一進一退でメインレースの時点で収支は数百円の浮きだった。今日のメインは、今年から重賞となったゴールドジュニアという2歳重賞である。せっかく現地に来てて、しかも客が少ないということもあって、パドックをちゃんと見て馬券検討をした。そして、パドックで良さげに見えたファルキートを本命とした。

https://www.instagram.com/p/CFZYAWGDbVW/
ファンファーレ隊

 しかし、 ファルキートは3番人気に支持されたものの、不発であり10着に敗退した。船橋のアランバローズが逃げ切り勝ちを収め、2着も船橋所属のマカベウスだった。地元の馬じゃなくて遠征組が好走したレースだった。

 最終レースも見事に外れ、今日の大井のトータルの収支はゴールドジュニアにつぎ込んだき金額だけマイナスだった。

 久しぶりに23区内に足を踏み入れたということで、帰りは遠回りしてちょっと東京見物(?)。大井競馬場前駅からモノレールで浜松町へと向かい、芝大門辺りまで散歩して、そこで夕食をとった。東京タワーをかなり久しぶりに見たような気がした。その後大門駅から大江戸線で新宿まで向かい、新宿から京王線で府中の自宅へと帰宅した。

本日札幌でカーラミーア出走

 本日(8/30)札幌競馬場第1レースの2歳未勝利戦(牝馬限定)に出資馬のカーラミーアが出走します。

 グランド牧場生産でダート重賞馬マイネルクロップの妹なので、ダート馬だと思っているのだが、デビューから2戦続けて芝のレースに出走。前走は4着だが5頭立てだった。今回は14頭立てなので確実に掲示板に載るというわけにはいかないが、好走に期待したい。

カーラミーア 8/30(日)札幌1R 2歳未勝利(牝)〔芝1500m〕54 横山和生 発走10:00

ユニオンのタイニーダンサーの19に出資

 先日シルクの一次募集に申込みして、全て落選した。シルクの募集馬はその後すぐに全馬満口となってしまったので、シルクの1歳世代には(追加募集の馬に出資しない限り)出資しないこととなったので、代わりにユニオンの馬にもう1頭出資を申し込んだ。

 今回新たに出資した馬はタイニーダンサーの19である。

 2015年度NAR2歳最優秀牝馬で翌年の関東オークスを勝ったタイニーダンサーの仔で、いとこにNAR年度代表馬のヒガシウィルウィンがいる良血馬である。母と同じグランド牧場の生産馬だ。その牧場が誇る名牝に同牧場に繋養されている種牡馬シニスターミニスターを付けて生まれたバリバリのグランド牧場血統である。
 募集価格12万円(総額2400万円)とちょっと高めなので迷って会員先行募集の時は見送っていたのだが、シルクの一次募集での全馬落選を受けて、出資することとした。

 血統的にダートの鬼となる可能性が高く、ダートグレード競走での活躍が期待される。母に続く活躍に期待しよう!

日曜小倉でキーコーズウェイがようやくデビュー

 先週は私が出資している2歳馬がデビューし、もうそんな季節なんだなと感じたが、今週は3歳の出資馬がデビュー。というわけで、日曜(8/23)に3歳のキーコーズウェイがデビューします。

 3歳のこの時期になってようやくのデビュー。とりあえず未出走のまま引退ということだけは避けられそうだ。

 調教師のコメントによると「ダートがどうかですが、頑張ってほしいと思います」だそうだ。確かにスズカマンボやスプリングサンダーの下であることを考えると芝馬なのだが、生産はグランド牧場である。グランド牧場といえばダート競馬の雄だ。父スズカコーズウェイも自身は芝で活躍した馬だが、バリバリのアメリカ血統なのでダートも向いていそうである。

 デビューが遅く、未勝利戦もあまり残っていないが、スズカマンボやスプリングサンダーといった優秀な兄姉に続くべく、頑張ってほしい。

キーコーズウェイ 20/08/23 小倉3R 3歳未勝利(牝) ダ1700 51kg 泉谷楓真 16頭立 10:55発走

ベルラガッツォ引退(涙)

 私の出資馬でシルクのベルラガッツォが本日中央を抹消された。

 一昨日(8/17)、引退させる旨のお知らせのメールが来ていた様だが、マグナレガーロの出走結果と一緒のメールの後ろの方に書かれていたので見落としてた。

 ベルラガッツォは中内田厩舎に入厩するということもあって期待してて、デビュー2戦目で3着だったのでそのうち勝ち上がるだろうと思っていたが、それがキャリアハイだった。
 その後は去勢され、中内田厩舎の馬房があかないので関東に転厩したりと波乱万丈の競走馬生活だったが、結果が出すことができなかった。

 このままサラブレッドオークションに出すということでファンドは解散である。

 最近のシルクは今年の募集馬(現1歳)に1頭も出資できなかった(今日時点で全頭満口だそうだ)し、出資できた馬も活躍できなかったりと私との相性が悪くなった。昔はいいクラブだったのに。マグナレガーロはオープン入りしたが、もともと高い馬であり、出てくれば良いレースをすることが多いが、脚元が弱くなかなか出走してこない。先日のレース後も外傷を負ったとかでまた放牧だそうである。馬代金をやっと回収できた程度だ。もちろん進上金や預託料を入れるとまだ赤字である。

 まだわからないが、現在の出資馬が全て引退したら退会も考えている。追加募集馬や来年の募集馬で良さげな馬を取れれば別だが。社台傘下に入る前の古き良き時代とは同じ名前と勝負服の実質別のクラブになっちゃってるので、そこまでの愛着はないし。

土曜日は出資馬が3頭出走

 明日8/15(土)は私の出資馬が3頭も出走します。札幌では3歳未勝利にベルラガッツォ、2歳新馬戦にカーラミーアが出走し、小倉のメインレース阿蘇ステークスにはマグナレガーロが出走です。

 ベルラガッツォは前走の函館の未勝利戦で久々に入着を果たして調子が上向いてきた。ブリンカー効果もあったのかもしれない。3歳未勝利戦も残り少なくなってきたので、ここらで勝ち上がって欲しい。

 カーラミーアはダート重賞で活躍したマイネルクロップの妹だが、芝でデビューだ。5頭立ての少頭数なので入着は確実である。まだデビューすらできていない3歳馬がいる中で、早いデビューは嬉しい。しっかり賞金を稼いできてもらいたい。

 そしてオープン馬のマグナレガーロは小倉のメインレース阿蘇ステークスに出走。前走平安Sに出走して、結果は出せなかったが厳しい競馬を経験したことが今回に活きてくるはず。初オープン勝ちを目指して頑張ってほしいものだ。(これを書いてる時点で前売り1番人気。)

ベルラガッツォ 8/15(土)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕56 池添謙一 発走10:55

カーラミーア 8/15(土)札幌5R 2歳新馬(牝)〔芝1500m〕54 横山和生 発走12:15

マグナレガーロ 8/15(土)小倉11R 阿蘇ステークス〔D1,700m・15頭〕56 川田将雅 発走15:35

 このメンバーを見ると、明日は札幌に行きたい気分であるが、残念ながらいまだに無観客開催なので、仮に行ったとしても競馬場には入れない。早く平常通り競馬が開催されて欲しいものである。

シルクの一次募集は全て落選で出資できず

 本日、シルクホースクラブの一次募集の抽選があった。私は3頭出資申し込みしたのだが、全て落選だった。中間発表を見て抽優馬(抽選時に優先的に当選になる馬)を当たりやすそうな馬に変更したのに、この有様である。

 シルクの一次募集では、500口のうち300口が過去3年の出資実績のが上位の会員から割り当てられ、残りの200口が抽選である。出資実績のボーダーラインは人気のある馬だと数百万円とかであり、一般庶民には厳しい金額だ。

  シルクホースクラブは、社台傘下になってから会員が急増し、しかも 金持ちが結構入会してきた気がする。私がシルクホースクラブに入会したのは1998年であり、当時は早田牧場が主体のクラブであった。その早田牧場が倒産した後は暗黒時代だったのだが、それでも私は毎年1~3頭ぐらい出資し続けてきた。暗黒時代を支えてきたのは我々古くから継続している会員である。そんな人たちはもっと大事に扱ってほしいものだ。

 私がシルクホースクラブに入会したのはこちらの記事に書いてある通り、値段が手頃だからである。事実、98年時点では(と言うか2010年ぐらいまでは)庶民的なクラブだった。それが、社台の傘下に入り、まるで「第2のキャロット」のようになってしまった。ところで、先の98年に書いた記事を読み返してみると「インターネット上で情報提供やっているところも気にいった。」と書いてある。あの頃は、インターネット上で情報提供をしているというだけで先進的なイメージがあったのだな。今では、一口馬主クラブがWebで情報提供をするのは当たり前となっている。そして、シルクのホームページは重くてしょうがない。これも会員数が異常に増えた影響なのだろうか?

 私が一口馬主を始めた98年から見ると、競馬をやる人は減っている。インターネット環境の整備や金融ビッグバンで株の証拠金取引やFXのデイトレードが手軽にできるようになり、ギャンブル好きの人がそちらに流れたせいであろう(ギャンブル好きと言うパイは当時からそんなに変わってない筈である)。しかし、 一口馬主をやってる人は増えているような気がする。何故だろうか?一口馬主というシステムの認知度が上がったからなのかもしれない。それから、不景気で本物の馬主になりたくてもなれない人が増えたので、一口馬主で我慢しているというケースも増えているだろう。後者の様な金持ちはシルクのような庶民的なところが売りだったクラブに手を出すべきではないというのが、私個人的な考えだが、どうも現実は違うらしい。

  ここまで出資したい馬に出資させてもらえない状況だと、現2歳馬の活躍状況によってはシルク退会も考える必要がある。社台傘下になってから、前にもシルクを辞めようと思ったことがあり、同じ様なこと考えてたら、インプロヴァイズが予想以上に活躍した。だから今でもダラダラと続けてるのだが、今回はどうなることやら。

 ちなみに私はユニオンオーナーズクラブにも入っているのだが、あそこは社台になって以降のシルクとは違い、アットホームな雰囲気である。募集総額もそれほど高くはない(一部の例外除く)。ただし、基本200口なので庶民的といえるかどうかは微妙である。