読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

札幌遠征記

旅行記 競馬

 土日は札幌競馬場に遠征していた。出資馬のブルーヘヴンが土曜日の札幌競馬場の芝の新馬戦ででデビュー予定だったのだが、結局1週スライドしてダートでデビューさせることとなったので、出資馬が出走したわけではない。でも、もともと予定していた遠征を敢行した。エア・ドゥの早割で飛行機を予約していたのだが、早割なのでキャンセル料が高いし、札幌記念を始めとしてそれなりに見たいレースもあったので。

8/20(土)

 朝5時に府中駅を発車するリムジンバスに乗り込み羽田空港へ。そこから飛行機で新千歳まで飛んだ。新千歳空港からは快速エアポートに乗るが、その列車は小樽行きであり、桑園にも停まるようだ。ブルーヘヴンの出走もなくなったし札幌でちょっとぶらぶらしてホテルに荷物を預けてから競馬場に行こうかとも思ったが、桑園に乗り換え無しで行ける列車に乗ったのは「まっすぐ競馬場に行け」という神のお告げかもしれないので競馬場に向かうこととした。その神が勝利の女神なのか貧乏神なのかは分からないが。

 というわけで桑園で降りて札幌競馬場に向かった。まずは腹ごしらえということで、何故か銀座ライオンにあったジンギスカンを食べて、続いてつぶ串を食べた。ところでつぶ串って味噌の部分はどこにやっちゃうんだろう?つぶは味噌の部分が一番美味いと思うのだが。

 この日は新潟競馬場の3レースにシルクの出資馬のアペリラが出走していたのでモニターで観戦。結果は惨敗だった(T_T)。残念ながら札幌行きをキャンセルして新潟に行ったりしなかったのは正解だったようだ。

 札幌3レースでグランド牧場生産のスズカマンボ産駒でミスズマンボという名前の馬がいたので買ってみた。父の名前の冠名の部分を同馬主の別の冠名に置き換えたわかりやすい名前だ。そしたら見事にミスズマンボが勝利。

 そして札幌4レース。このレースもグランド牧場生産馬を本命とした。あの有名なラブミーチャンの妹ハヤブサレディゴーである。この馬も見事に勝ち上がり、グランド牧場生産馬の連勝である。午前中の段階では馬券収支はプラスだった。

 ところで、この日は月曜に行われるばんえい競馬のJRAジョッキーDAYと連動してか、ばんえい競馬をPRするイベントが行われていた。そのばんえいのブースでは模擬レースの勝ち馬を当てるゲームをやっていた。その「模擬レース」の出馬表がこれである。

https://www.instagram.com/p/BJUCvQXDXeK/
https://www.instagram.com/p/BJUCvQXDXeK/

 レース名は違うが、先日行われた稲妻賞そのままの枠順とメンバーである。結果を知ってたのでその時の勝ち馬に賭けたら、模擬レースといいながら稲妻賞の映像がそのまんま出てきた。見事に的中して賞品をゲットした。

https://www.instagram.com/p/BJUCbiSjcLx/
https://www.instagram.com/p/BJUCbiSjcLx/

 結果を知っているレースの予想が当たって賞品をもらってもいいものだろうかと思ったが、ありがたく頂戴した。もし私に「タイムマシンがあったら何がしたい?」と聞いたら「競馬のレース結果を調べて過去に戻って馬券を買う」と答えるだろうし、多くの競馬ファンも同じことを思うだろう。

 午前中は何とかプラスだったものの、午後はほとんど当たらず結局マイナス収支だった。

 最終レース終了後に佐藤哲三元騎手による札幌記念の予想イベントがあったのでそれを見てから帰る。てっちゃんと言えば一昨年(昨年じゃないよ)のチャンピオンズカップの前日予想でサンビスタを本命にしたことが印象深い(当日は対抗に下げたが)。JBCレディスクラシックの祝勝会にも参加予定だったけど飛行機の欠航かなんかでこれなかったんだよな。

 5時頃桑園駅についたのだが、大雨で大幅にダイヤが乱れており、汽車に乗れたのは5時半過ぎ。改札を通る前は何のアナウンスもなかったのに、ホームでダイヤが乱れていて遅れ時間は不明というアナウンスがあった。隣の札幌駅に行くだけだからこんなに待たされるのなら歩けばよかったよ。

8/22(日)

 さすがに土曜の朝一のバスに乗ったので疲れが溜まっていた。というわけでチェックアウトギリギリまでホテルにいて、それから札幌駅周辺を散策。大通公園でトウモロコシを食べたり、北海道庁旧庁舎に行ったり。

https://www.instagram.com/p/BJWkXfOjXHB/
赤レンガ

 競馬場は混んでるだろうから昼食も競馬場に行く前に済ますことにした。札幌駅前のビルにあるらーめん共和国に行ってラーメンを食べた。らーめん共和国は昭和なレトロの雰囲気を醸しだしたミニテーマパークみたいな感じなのでお気に入りである。

https://www.instagram.com/p/BJWuZWJDbSQ/
昭和な雰囲気のらーめん共和国だが、看板の店名を「小池」にしたのはラーメンにちなんでの事だろうかw?

 そして午後から競馬場へ。前日は雨だったがこの日は晴れていた。しかし、メインレースの札幌記念が近づくにつれて雲行きが怪しくなり、またしても雨が降ってきた。スタンドの中は、外から避難してきた人でごった返している。おそらく1年間で最も札幌競馬場にお客さんが入る日だしね。

 この日のメインは札幌記念だが、その1つ前の準メインおおぞら特別にも注目していた。私の出資馬ではないが、スマートボーイ産駒でユニオンの馬であるセクシーボーイが出走しているからだ。目の前で勝利を拝みたかったが、残念ながら結果は5着。

 そして、メインの札幌記念である。ファンファーレは生演奏だが、意外と上手かった。昨年の年度代表馬モーリスが勝つものだとばかり思っていたが、逃げたネオリアリズムが逃げ切り勝ちを収めた。モーリスは直線で猛追したものの2着。堀厩舎のワンツーだ。小倉のメインの北九州記念でも堀厩舎のバクシンテイオーが勝ち、この日は堀厩舎デーといった感じだった。

 というわけで2つの重賞はハズレだったが、重賞ではない新潟メインは的中した。その辺が私らしいというか何というか。
 札幌最終レースをどうにか的中させたので土日の収支がプラスとなる。といっても100円だけなのだが。

 大勝ちしたら来週のブルーヘヴンのデビュー戦の日も札幌に来ようと思ったが100円の儲けじゃちょっとね。エア・ドゥの帰りの便も満席らしいし。

後日談

 翌日エア・ドゥのホームページで調べたら帰りの便に空席ができたようだ。というわけでその便を予約しておいた。ブルーヘヴンが8/28(日)にデビューするなら2週連続となるが観に行こう。WAJSもあることだし。それから飛行機片道分はエア・ドゥのポイント(他の航空会社で言うところのマイルみたいなやつ)でただで行けることだし。

アペリラが新潟で出走

一口馬主

 出資馬のアペリラが8/20(土)新潟3レースの未勝利戦に出走します。

 デビュー戦は惨敗だったが叩いた上積みに期待しよう。未勝利戦が残っているうちに勝ち上がって欲しい。

 私はこれから札幌に行くが、札幌から応援してるよ。

アペリラ 8/20(土)新潟3R 3歳未勝利[芝2,000m・18頭]54 杉原誠人 発走11:10

古賀慎明調教師「追い切りは3頭縦列の先頭から直線は外に併せて同入しましたが、終いまでしっかりと動いていました。一度競馬を経験した分、期待通りに体がしっかりしてきましたね。今はトモも全く問題ありません。現在の馬体重は472㎏ですから、大体前走時と同じぐらいでの出走になると思いますが、前走時に比べると筋肉が付いて、体つきは変わってきています。前走の内容から能力はあると確信したので、2戦目の変わり身に期待したいですね。ここで敢えて乗り役を替えてテン乗りになるよりも、一度騎乗して分かっている杉原騎手に今回も依頼しました。中間はゲート練習も行い準備をしておきます。土曜の2000mが第一希望ですが、節が足りなければ日曜の2400mに回ります」

ブルーヘヴンは来週デビューも私は今週末札幌に

一口馬主 競馬 つれづれ

 出資馬のブルーヘヴンが今週土曜日の札幌競馬場の芝の新馬戦ででデビュー予定だったのだが、本日ユニオンから来たメールによると、来週にスライドしてダートでデビューさせることとなったそうだ。

 今週は武豊騎手でデビューさせる予定だったが、騎乗停止となってしまったため騎手を探しているという話だったが、来週なら武豊騎手に乗ってもらえることになる。それもスライドの理由の一つなのだろう。

2016/08/17
ブルーヘヴンの近況

函館競馬場
函ダ重  70.1 54.9 40.5 13.1  馬ナリ余力
ハヤブサレディゴー(三未勝)強目の内同入
輸送後も熱発等の異常はなく、本日、加藤祥太騎手が騎乗してダートコースで3頭併せで追い切り。3頭の最内を進み、馬なりのまま楽に伸びて併入。動きは問題なく、力を発揮できる状態に仕上がっている。この動きを見てデビュー戦について再度検討し、今週の札幌(土)芝1500は見送り、来週の札幌(日)ダ1700・混に向かうことになった。更に追い切りを重ね、出走態勢を整えていく。「ダートでの動きが良く、来週だと武豊騎手が騎乗できることもあり、1週スライドしてダート戦に向かうことにしました。今日は未勝利戦で常に上位に来ている3歳馬とテンから併せていきましたが、脚色は本馬の方が良く、余力充分に動けていましたね。芝での走りを見てみたい気持ちもありますが、今日の内容だとダートの方が堅実にやれそうですからね。もう1週しっかり調整して、良い状態で送り出します」(師)

 実はエア・ドゥの早割みたいなやつで今週の土日に札幌に行く飛行機を予約していたのだが、早割なのでキャンセル料が高い。私の札幌遠征もスライドさせようかどうか迷ったが、予定通り札幌に行くことにした。

 日曜は札幌記念があり、海外2勝を含むGI4勝馬で昨年の年度代表馬でもあるモーリスが登場するが、それ以外にも特別登録を見る限りは日曜準メインにユニオンのスマートボーイ産駒セクシーボーイ(ちなみに私はこの馬には出資していない)、土曜のメインには私的GI阿寒湖特別を3歳で制したシャンパーニュが連闘で登録されていたりと面白そうだ。

 というわけで今週末は札幌遠征である。ブルーヘヴンが出ないのは残念だし、シルクの出資馬のアペリラが新潟に出走予定なのでそっちを見たい気もするが、1年ぶりの札幌を楽しんでこよう。

金沢&園田旅打ち紀行

旅行記 競馬

 今週は夏休み。8/9~8/11 つまり昨日まで旅打ち旅行に行ってきた。

 今回の目的は、まだ行ったことのない地方競馬場に行くこと。というわけで金沢と園田に行ってきた。
 結果的に国内で行ったことのない競馬場は佐賀競馬場だけとなった。全国制覇までリーチである。また、行ったことのない都道府県は6県(福井、岡山、鳥取、島根、宮崎、鹿児島)だけとなった。石川県に行ったことで経県値も稼ぐこととなったので。

8/9(火)

 この日の目的地は金沢競馬場。朝、府中本町から快速むさしの号(途中で埼京線に乗り入れて大宮まで直通する府中本町発の武蔵野線)に乗って大宮まで行き、大宮から北陸新幹線で一気に金沢へ。北陸新幹線が開業したおかげで自宅から乗り換え1回で3時間ちょっとあれば金沢まで行けるとは便利になったものだ。

 そして金沢駅で送迎バスに乗って金沢競馬場へ。30分ほどで着いた。金沢競馬は通常火曜日と日曜日の開催される。私は夏休みであるが世間一般では平日なので、客層はいかにも平日の昼間開催の公営競技場といった感じだ。つまりジジババばっかりだった。日曜だともっと若い人もいるのだろうが、この日は「これぞ地方競馬」という趣のある客層だった。

パドックの掲示板は手動のパネルだったが、2階から見ると川が見えるいい景色だった。いや、川に見えたのだが、あとで地図で確認すると川北潟、つまり陸地に入り込んだ海の一部なのかもしれない。

https://www.instagram.com/p/BI32D2MDb5K/
川が見えるパドック。

 金沢競馬場ユニークなサービスというと「血圧計を使わせてくれる」ということ。競馬場で血圧を測ることになるとは思わなかった。せっかくだから測ってみた。ちょっと高めだけどこないだ受けた健康診断の時よりはマシかな。しかし、何故に競馬場で血圧計?レースで興奮して血圧が上がる人がいるので検査できるようにしてるのか??

 肝心の馬券の方はというと、安い馬複が1つ当たってノーホーラだけは免れたものの散々な成績だった。

 この日のメインは読売レディス杯という重賞。南関から遠征してきたサウスヴィグラス産駒のケンブリッジナイスを本命にするも、結果は園田からの遠征馬2頭で決まる。1番人気のトーコーヴィーナス が勝ちアルカナが2着。アルカナは私の本命馬と同じ枠だったから枠で買っておけば当たったのに…。

 金沢競馬場の大型モニターと着順掲示板はよく見たら瓦屋根が付いていた。北陸の小京都と言われる史跡の多い街らしい趣向をこらしたものである。

https://www.instagram.com/p/BI4Y_Tijtl-/
よく見ると大型モニターと着順掲示板に瓦屋根が付いてるのか。


 夜は繁華街の片町にあるスマイルホテル金沢に泊まった。ホテルでサービス券をもらったので、夕食兼晩酌は寿司居酒屋 くず葉本家というところに行った。ここで幻の魚というノドグロの塩焼きを頼んだ。東のキンキ、西のノドグロと言われるぐらいの高級魚らしく、キンキ並みに旨かった。単品でいくらなのかは聞かなかったが、会計時の総額は結構かかってた。ネットで調べたらコストパフォーマンスのいい店ということだったのに。でも、ノドグロが旨かったから値段並の価値はあったけどね。それに東京でノドグロを食べるとこんなものじゃ済まないだろうし。

8/10(水)

 この日は競馬はお休みで一日金沢観光。旅打ちなのだから「打ち」の方ばかりではなく「旅」の方もしないとね。金沢のような観光資源の豊富な街に来たのだから競馬だけじゃなく観光もしないともったいないし。

 まずはホテルから歩いていける金沢城公園に行った。城といっても天守閣があるわけでもないが、さすがは加賀百万石の雄藩のお城である。広いエリアに石垣は残っていて、また、結構広くて高低差に富んでおり、普通に公園としては楽しめた。

https://www.instagram.com/p/BI6VJATDbHY/
本丸からの眺め。ちなみに本丸には天守閣も櫓もない。

 本丸が金沢城の中心だったのは江戸時代の初期だけだったそうだ。前田利家の時代に天守閣を設けたけど焼失し、その後三層櫓を建てたが1631年にこれまた消失し、以降は二の丸が城の中心となったそうである。

 丘を下った平地には玉泉院丸庭園という日本庭園が設けられていて、ここも絶景だった。

https://www.instagram.com/p/BI6ZVpOjZxy/
先ほどと反対側から見た庭園。石垣を背景にうまく利用している。


 金沢城の次は隣接している兼六園を散策した。金沢といえば日本三大庭園の一つの兼六園だ。せっかく金沢に来たのだからそこに行かないという手はない。ちなみにこちらは入場料が310円ほどかかる。

 兼六園はとにかく広い日本庭園だった。おみやげ屋で黒ゴマソフトクリームを食べた後、あちこち歩きまわる。とにかく広いので全体を回るには軽く1時間はかかる。

https://www.instagram.com/p/BI6lvLvDiM4/
池と浮き島

https://www.instagram.com/p/BI6mDl1jwM-/
草原と木と庵

https://www.instagram.com/p/BI6mOxiDcm6/
池の鯉

https://www.instagram.com/p/BI6mZ7ODC9t/
展望台からの風景

https://www.instagram.com/p/BI6mn8ZDO5L/
石灯籠と滝

https://www.instagram.com/p/BI6m5JMjjmd/
「虎石」だそうだ。虎の形をしているということよりも、このデカい石を跨ぐように松が生えていることが凄い。

 主な写真のみ挙げたが、金沢城兼六園の風景はアルバムを作成したので、興味のある方はそちらをどうぞ。

 兼六園の後はバスに乗って 妙立寺、通称忍者寺へ。忍者寺とは言うものの、忍者はいなかったらしい。江戸時代に建前上は前田家の祈願所として建てられたお寺だが、石川城の出城も兼ねていたそうで、敵に狙われた時に身を守るためにありこちに色々な仕掛けが施されている。
 ネットで調べたらおすすめの観光スポットらしいので行ったのだが、拝観料を千円とられる上にガイドさんが同伴じゃないと中に入れないそうである。見学には予約が必要だそうだが、予約していない場合は、インターホンで受付の人と話すと見学可能な時間を教えてくれて予約できる。見学時間まで待たされたので、向かいの団子屋で団子を食べながら待機。

この忍者寺についてはNAVERまとめに「まるで秘密基地!キテレツ怪奇な造りの『忍者寺』でワクワクが止まらない」という記事を見つけたので、詳しく知りたい方はそちらをご覧になってみると良いだろう。

 見学時間となり、40分ほどかけて中を見学。なるほど、迷路みたいな構造だ。落とし穴とかもある。これは案内なしで自由見学だと絶対迷う。ガイド無しの見学が認められていないのは納得できた。


 その後、ホテルに荷物を取りに行った後、金沢駅へと向かった。金沢からサンダーバード号に乗って大阪へ。大阪では梅田にある大阪新阪急ホテルに泊まった。阪急梅田駅から徒歩0分の好立地条件。翌日園田に行くので阪急の駅の近くは非常に便利だ。園田競馬場阪神競馬場、その他阪急沿線にある施設に行く予定の方はぜひ利用してみよう。

8/11(木)

 ホテルのチェックアウト時刻が12:00と普通のホテルよりも遅いので、朝食を食べた後は部屋でシャワー浴びたり本を読んだりネットサーフィンをしたりと11:00過ぎまでまったり。朝飯のバイキングで食べ過ぎて動きづらかったのもあるが(笑)。

 というわけで午後から園田競馬場へ。園田は「兵庫県競馬」が行われる競馬場であり、当然兵庫県内にあるのだが、梅田から10分程度で園田駅に着く。市外局番も06だし実質大阪市内の様なものだ。だからこそ集客力があるのだろう。

 園田駅からバスに乗り園田競馬場へ。これで日本の現存競馬場で行ったことがないのは佐賀競馬場だけになる。ちなみに園田といえば私のような古い競馬ファンには「アラブのメッカ」ということで有名だった競馬場であるわけだが、今はアラブのレースは行われておらず、全てサラブレッドの競走である。

 園田競馬場ではプリキュアショーが行われていた。

https://www.instagram.com/p/BI9INyPDW8U/
実写版プリキュア

 地方競馬場のイベントというと売れなくなった元売れっ子歌手とか昭和テイストたっぷりなものが多いのだが、この日は祝日(山の日)ということもあってか、こういう子供向けのイベントが行われていた。

 馬券の方はというと、第6レースのリミテッドC2 3歳以上特別で馬複的中。パドックを見て1番人気の馬の状態がよくなさそうなので、最も状態が良く見えたシスターバリューからその1番人気の馬以外全てに流したらドンピシャで決まった。
その後は順調に(?)外れ続けたのだが、最終レースで安い馬複を当てて、この日の園田の収支はどうにかプラスに持っていけた。

 しかし、園田はプラスだったものの「第2ラウンド」で溶かしてしまい、この日の収支はマイナスだった。

 第2ラウンドとは門別のグランシャリオナイターである。もちろん門別競馬場まで行ったわけではない。物理的に不可能だ。帰りの新幹線の中で、楽天競馬で馬券を買い、ネット中継で観戦していたのである。私はグリーンチャンネルWebの会員なのでグリーンチャンネル地方競馬中継で観戦していたのだが、グリチャがなくても地方競馬ライブでリアルタイムでレースを観ることができる。ネットに繋がればそこは馬券売り場。世の中便利になったものだ。

 この日のメインはブリーダーズゴールドカップGIII)。一昨年は私の出資馬サンビスタが優勝し、我が出資馬初の重賞勝ちとなった想い出深いレースだ。昨年もサンビスタが出走し、僅差の2着。両方とも現地観戦していた。今年は新幹線の中で観戦。現地に行かなかったのは3年ぶりだ。
 馬券の方はダート競馬の雄グランド牧場が馬主かつ生産者であり、道営競馬所属時代の主戦騎手である桑村が騎乗するタイニーダンサーを頭として、人気どころのアムールブリエビービーバーレルを2着付けで中央馬に流した三連単フォーメーションで勝負した。
 しかし、レースはアムールブリエが7馬身差を付けての圧勝で連覇達成。昨年はサンビスタとほとんど差がなかったが、今年はそのサンビスタも昨年のJBCレディスクラシックを5馬身差圧勝のホワイトフーガもいない。昨年それらの馬に勝っているのだから、昨年よりもレベルの落ちる今年は楽勝だった。
 タイニーダンサーはだいぶ離されたが2着。ブリーダーズゴールドカップ牝馬限定になって以来3年連続でグランド牧場生産馬が連対した。

 その後の最終レースはこれまた重賞で、2歳牝馬限定のフルールカップが行われた。昨年の勝ち馬モダンウーマンと同じ阿部龍騎手角川厩舎・生産者&馬主グランド牧場・父サウスヴィグラス母父スマートボーイのアップトゥユーを頭軸の馬単流しでエイシンホームランとラブミーファルコン以外全てに流して勝負。あと心情馬券でスマートボーイ産駒のピンナップから人気上位3頭にワイド流し馬券を買っておいた。
 レースの発走時刻直前に新幹線が私の降車駅の新横浜に着いたので、新横浜のホームでタブレット端末にネットライブを流して観戦。勝ったのは人気の一角のピンクドッグウッドだった。なお、この馬も生産者はグランド牧場である。2着は流しの相手にすらしなかったラブミーファルコンが来て馬券は惨敗。本命にしたアップトゥユーは4着と馬券圏内にすら入らなかった。

 とういうわけで、園田競馬はプラスだったものの、門別も入れるとマイナスで今回の旅打ちは終了。新幹線の中でネット投票してネットライブを観るのが旅打ちの範疇に入るのかは微妙だが(笑)。あとは、佐賀はいつ行こうかな?佐賀に行けば全競馬場制覇なのでぜひその偉大な(?)記録は達成したいのであるが。

優駿エッセイ賞に応募

競馬 つれづれ

 先ほど、今年の優駿エッセイ賞への応募作の原稿を投函してきた。締切りは8/12(木)なのだが、結局ギリギリ完成。明日から旅行にいくため、今日中に印刷して投函する必要があり、今日書き終えて投函したのである…って去年も同じようなこと書いたな。

 優駿エッセイ賞には初応募の2004年に「府中の西門前」で1次選考を通過して以来、毎年応募しているのだが、その後は1次選考すら通過しない。今年で13年連続13回目の応募となるの。初応募時に1次選考を通過したときは「俺って才能あるのかも?」と錯覚してしまったが、それは単なるビギナーズラックだったらしい。それ以降毎年応募しているのだが、1次選考すら通過しない。今年こそはと思うのだがどうだろう?その時に高く評価していただいた福田喜久雄さんは鬼籍に入っているし、石川喬司さんも審査員から外れているのが気になるところだ。

 昨年も書いたが、私が長文を書くときの手法はこんな感じである。

  • 断片的なネタ的なものを過去のブログ等やEvernoteに書き溜めておいたメモからかき集めてきたり、新たに書き下ろしたりする
  • 全体のおおよその流れを考える
  • その流れにあわせてそれらの文章の断片を並べる
  • 文章としてつながりのあるように加筆修正する
  • 余分な部分を削ったり説明不足な部分を新たに書いたりする
  • 規定枚数に収まるようにあちこち言い回しを変えたり重要性の低い文を消したりする
  • 誤字脱字等があれば修正する


こういった感じで仕上げていくので、ワープロは必須である。手書きだとまず書けないと思う。頭から順番に書いていくということができればいいのだが、枚数制限のある長文でそれがうまくやるのは難しいんだよな。

ちなみにタイトルは全部書いてから考えた(まだ内緒)。というかタイトル考えるのに苦労したぞ。昨年の応募作「盛岡探訪記」でメインで取り上げた馬が今年も主役だということは言っておこう。

ボートレース多摩川花火大会の日程

つれづれ

先日は東京競馬場の花火大会の記事を載せたのだが、このブログに「多摩川ボートレース花火2016 日程」等のキーワードで検索して来た人がちらほらといるので、ボートレース多摩川(多摩川競艇場)の花火大会の日程を載せておこう。

広報ふちゅう(府中市の広報紙)によると以下の様な開催要項だ。

ボートレース多摩川納涼花火大会
▽日時 7月28日(木)
午後7時半~8時15分/荒天中止
▽会場 ボートレース多摩川
▽内容 ナイアガラ、スターマイン
などの花火約1000発

 平日なので仕事でいけない人とかも多いかもしれないが、時間と興味のある人はぜひ行ってみよう。

以下、私が撮影したものではないが YouTube で動画を発見したので貼り付けておこう。


第41回ボートレース多摩川納涼花火大会

 ナイアガラは見ものだね。ぜひ生で見てみたい。

アレイオブサン引退

一口馬主

 出資馬のアレイオブサンが調教中に心房細動を発生し、関係者で協議の結果、引退することとなった。
 2戦して2回ともビリ。完全に不完全燃焼だ。

 1戦目は明らかに仕上がっていない状態で顔見せのために強行デビュー。2戦目のレース中に心房細動を発生し休養してたが、休養中に胃潰瘍が発生。ようやく復帰できるかと思っていた矢先にまたしても心房細動を発生した。心房細動は慢性的になっている可能性が高く、競走能力以前の問題として体質が弱かったのだろう。

ステイゴールドで母父メジロマックイーンというと言わずと知れた黄金配合。俗にいうステマ配合でしかも母は重賞勝ち馬という良血。募集価格も高かった。最初の募集で出資申し込みをしたら抽選で落ちて、その後キャンセルが出たので2次募集されてそこの抽選でどうにか出資できた馬だ。再募集締め切り直後にステイゴールドが亡くなり、父を弔う意味でも頑張って欲しかったのだが。

 しかも私と同じ2月28日生まれなので非常に愛着があっただけに、活躍して欲しかった。一度も実力を発揮できずに終わってしまったのは残念である。

アレイオブサン[父 ステイゴールド : 母 ディアジーナ]
在厩場所:札幌競馬場 14日に登録を抹消
調教内容:
次走予定:

須貝調教師「今朝(13日)、追い切りを行いました。その際は最後までスピードが落ちることもなく、まずまずの動きをしていたので、今週の競馬で復帰させようと思っていたのですが、調教後の発走診断の際、心房細動の症状が見られました。時間を掛けて再度検査を行って貰いましたが、それでも治まっておらず、獣医師の話では慢性的になってしまっているのではないかとのことでした。さすがにこのまま競馬に向かうには危険が伴う疾患でもありますから、無理は出来ないので牧場・クラブサイドと今後について相談させていただきます」

調教中に心房細動を発症したため、今後について協議した結果、前走に続いて2度目の発症であり、今後についても再発の可能性を否定できず、未勝利戦がある期間内に万全の状態で出走することは極めて困難であると判断し、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。14(木)に抹消の手続きが取られる予定です。