毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

本日川崎にスーパーノヴァが出走

 本日(12/12)の川崎10レース「ディセンバースター賞」に出資馬のスーパーノヴァが出走します。

 休養明けの前走は惨敗だったが、叩いた効果で頑張って欲しい。

スーパーノヴァ 12/12(火)川崎10R「ディセンバースター賞」 ダート1600m に出走確定。14頭立て1枠1番 57kg山崎誠士騎手騎乗。発走は19:40。

レース後も脚元等異常はない。次走は12/11からの川崎開催の予定。「体も絞れていたし、これなら良い競馬ができると期待していたんですけどねぇ…。勝った馬も同じような位置にいたように展開が向かなかったわけでもありません。ちょっと不甲斐ない結果になってしまいました。2走ボケのような気もしますが、久々に右回りのレースだったことも影響したのかもしれません。調教では左右交互に走っていても、実戦は中央にいた時以来でしたから。でも、力を出し切ればあんなに負ける馬ではありませんよ。左回りの川崎に戻って、巻き返したいですね。自己条件は1500mで多少忙しい感じなので、1600mの中央との交流競走に向かうことも考えます」(師)

外れ馬券は経費

 以前、「2007年~2009年の間にJRAのインターネット投票を利用して約28億7000万円を投じ、約30億1000万円の払戻金を得た」人が、ハズレ馬券の購入費を経費と認められず、法外な額の所得税を課せられて裁判を起こして話題になったが(馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─ という本を出した人ね)、似たような裁判を起こしてた人が北海道にもいて、その最高裁の判決が出た。

「外れ馬券は経費」確定へ 弁論開かず期日指定

 税務当局が競馬の外れ馬券代を経費と認めず追徴課税したのは違法だとして、北海道の男性が国に約1億9000万円の課税取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は12月15日に判決期日を指定した。結論を変更するのに必要な弁論を開かないため、馬券代を経費と認めて課税処分を取り消した2審・東京高裁判決(2016年4月)が確定する見通し。

 外れ馬券を巡っては最高裁が15年、他の脱税事件の刑事裁判で、コンピューターで長期的に自動購入していたケースについて「経費に当たる」と判断。今回の男性は自ら考えて馬券を購入していたが、恒常的に多額の利益を上げ続けており、高裁は「15年の最高裁のケースと本質的な違いはない」として経費と認めていた。

https://mainichi.jp/articles/20171130/k00/00m/040/038000c

 「外れ馬券は経費」という至極まっとうな判決だ。そうじゃなかったら困るよな。株とかFXとかは収支が相殺されてプラスになった分だけ課税されるわけだから、馬券は違うとなれば一貫性がなさすぎるので。

 その件に関する私の意見がこのブログの以下の過去記事等に書いているので、興味のある方はそちらをご参照いただきたい。

endeavor.hatenablog.jp

 ちなみにあの裁判のときは私が Twitter で流した意見が地上波(TBS)のニュース番組で取り上げられたんだよな。

endeavor.hatenablog.jp

 Twitter の投稿がID入りで地上波で紹介されたのに、フォロワーは1人も増えなかった(笑)

明日の大井にスーパーノヴァ出走

 明日11/28の大井競馬場最終レース「冬木立賞」に出資馬のスーパーノヴァが出走します。
(「川崎」と書いてましたが「大井」の間違いでした。)

 休養明け初戦の前走は惨敗だが、距離が2000mに伸びることに期待しよう。スタートが良くないこの馬は長い距離のほうが合っている(現にこれくらいの距離で勝っているし)。久々の長距離への出走なので、ここで勝って中央復帰してもらいたい!

スーパーノヴァ 11/28(火)大井12R「冬木立賞」 ダート2000m に出走確定。14頭立て8枠13番 55kg山崎誠士騎手騎乗。発走は20:50。

川崎競馬場
引き続き、順調に調整している。先週の土曜日には半マイルから55.3-41.2を馬なりで計測。良い意味でピリッとしたところが出てきたように、休養明けをひと叩きして気持ちの面で良化しているようだ。11/28大井(火)ダ2000に出走予定。距離延長はプラスと思われ、変わり身を期待したい。「中間に1本軽く時計を出しましたが、動きは変わらず良いですね。1回使った上積みはあると思いますよ。選ばれるかどうかというのはありますが、大井を目標に進めていきます」(師)

ユニオンの懇親会の参加

 今日はユニオンオーナーズクラブの懇親会に参加してきた。4年連続の参加である。

 昼間は東京競馬場に行き、最終レースまで見て(最終レースは府中本町に行く通路前で見ていた)から品川へと向かった。

 会場はお馴染みの品川プリンスホテル。今年はクイーマンボ関東オークスレディスプレリュードの優勝レイとカップ、写真が展示されていた。JBCレディスクラシックに出走して勝っていたら、そこにもう1つ大きな物が置かれる筈だったのだが、まあ、それは来年に期待ということで。クイーンマンボ以外に重賞を勝って馬がいないというもの寂しいが。

https://www.instagram.com/p/Bbq4uYXlr9Y/
クイーンマンボのレイとトロフィー。写真には残念ながら私が写った口取り写真はない模様。


 昨年まではたしか会費3000円だったのだが、今年は5000円になっていた。料理の質がちょっと良くなったかな?ただし、バイキング形式ですぐに食べ物が無くなるのは相変わらずである(一昨年以前と比べたら改善されてはいるが)。特にデザート系は特に気づいた頃には無くなっている。

 乾杯の音頭を取った人はクイーンマンボの出資者だそうだ。かなりのお歳の方で、第1回ダービーが行われた年に生まれたとのことである(年齢は各自計算してくれ)。私の父よりもずっと年上なのだが、年齢を感じさせない元気な爺さんだった。後でユニオンの明細を見せてもらったら月の支払額50万とのことで、すごい人だと思った。

 今年は私が現時点で唯一ユニオンで出資しているグランド牧場の方が参加していたので、最初はそのテーブルに陣取る。サンビスタクイーマンボの応援や牧場見学等で知り合った人たちが何人かそのテーブルの周辺に来ていた。
 グランド牧場の方に聞いた話では、サンビスタの子供(当歳牝)はまだ買い手が決まってないそうだ。そこで、「ぜひユニオンに入れてください。」と頼んでおいた。ユニオンに入るようならぜひ出資しようと思う。

 ユニオンの懇親会といえば来賓(?)として参加するのは牧場の方々が中心で、プラス調教師が1~2名というのがお決まりだが、今年は騎手が何人か来ていた。昨年の中山大障害3着で阪神ジャンプS2着のルペールノエルの主戦騎手である高田潤騎手が来ていて、テーブルごとに写真を撮った時に一緒に写っていた。

 そして抽選会の時になって、騎手のサインが当たる時になって藤田菜七子騎手のサインの時になた時に本人が登場して本人直々にプレゼンターをやっていた。当選した人はサインがもらえるだけではなく記念写真を撮れるようだ。それに当たった人はやけに嬉しそうだった。客席も異様に盛り上がっていた。特に(菜七子が勝たせた)サンドベージュの出資者にとっては嬉しいサプライズだろう。その他、船橋の中野省吾騎手も来ていた。彼らの出演料の分、会費が高くなっていたのか??

 なお、藤田菜七子騎手登場の時にBGMが中森明菜のサンドベージュに変わるという粋な演出は無かった。ユニオンならいかにもやりそうなのに。ちなみに少なくとも2年連続で抽選の賞品がジンギスカン(料理)の時にBGMがジンギスカン(曲)に変わるという演出はあった。

 なお、私は抽選会で何も当たらず。出資割引券1万円分というのを当てたかったのだが(笑)

https://www.instagram.com/p/BbrcvHLlwBL/
ユニオン懇親会のおみやげとしてもらったおがわじゅりさんのイラスト入りのマグカップ。


(参考記事)

本日川崎にスーパーノヴァが出走

 本日の川崎競馬場の11レース「宮ケ瀬クリスマス特別」に出資馬のスーパーノヴァが出走します。

約5ヶ月ぶりの出走だが、頑張って欲しい。あと1勝で中央復帰だ。山崎騎手に継続して騎乗してもらえるようなので、ぜひともここで決めてもらいたいものである。

スーパーノヴァ 11/10(金)川崎11R「宮ケ瀬クリスマス特別」 ダート1600m に出走確定。14頭立て1枠1番 57kg山崎誠士騎手騎乗。

川崎競馬場
先週の日曜日には川崎競馬場本馬場で追い切りを行っている。タイムは5Fから65.5-51.0-38.4。ゴール前だけ強めに追って脚を伸ばした。動きは良好。ゲート練習でも問題はなく、良い状態に仕上がった。休養明け初戦から好走を期待したい。今のところ、11/10(金)川崎ダ1600mに出走予定。「動きはすごく良かったですよ。やっぱり休み明けは具合が良いですね。あとは上手くゲートを出てくれたら。練習では逃げ馬かと思うくらい速いのに、レースになるともっさりですからね。力はあるので、良い結果を期待しています」(師)

 何で「この時期にクリスマス?」と思ったが、宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどいというイルミネーションイベントが11/25からクリスマスの間に行われるみたいだね。今宣伝しておいた方が良いのか。

JBC観戦記

 今日は大井競馬場に行ってJBCを観戦してきた。4年連続のJBC生観戦である。3年前は出資馬のサンビスタJBCレディスクラシックに出走していた(そして見事に勝利を収めた)ので盛岡まで観に行き、その後は全て南関東での開催なので観に行っている。

 今年はJBCレディスクラシックに我が出資馬クイーンマンボが出走を予定していて、出ていればおそらく1番人気だった。前哨戦のレディスプレリュードを8馬身差の圧勝しているのだから、ここでも勝ち負けだっただろう。しかし、出馬投票直前で挫石が悪化して回避。クイーンマンボが出ないのなら観に行こうかどうか迷ったが、せっかく近場でJBCの開催があるのだから観に行くことにした。冷静になって考えると、最初から出資馬出走予定がなかったとしても行っただろうし。

 大井競馬場には3時過ぎに着いたのだが、中央のレースもメインレースぐらいは観ようかと思い、グリーンチャンネルWebでファンタジーSを観た。ファンタジーSの予想はこちらに書いたとおりで、その通りに買っていたのだが、ベルーガが快勝し、我が本命のコーディエライトは際どかったが2着を死守したので我が馬券は的中だった(他にも中央の馬券をPATで買っていたのだがファンタジーS以外は全てハズレ)。

 さて、中央の重賞が終わったら目の前でやっているJBCである。まずはJBCレディスクラシック。クイーンマンボがここにいないのは残念だ。レディスクラシックといえば、岩田騎手がレース創設以来騎乗機会5回全て連対しているレースである。ちなみにそのうち2回は私の出資馬のサンビスタだ。というわけで岩田が騎乗するタガノヴェローナから中央馬とララベルに馬複で流した。

 結果は南関東のララベルと中央のプリンシアコメータの一騎打ちとなったが、ララベルがクビ差制した。久しぶりの地方馬によるJBC制覇である。3着には単勝万馬券のラインハートが入り三連系は大きな穴が開いた。我が本命のタガノヴェローナは6着と掲示板にすら載れず。岩田がレディスクラシックで連に絡めなかったのはこれが初である。断然1番人気のホワイトフーガは2年前にあのサンビスタを5馬身ちぎったとは思えないぐらいの惨敗(11着)。本調子ではなかったのだろうか。出ていれば間違いなく1番人気で(しかも勝ったと思われる)クイーンマンボが直前で回避したレディスクラシックは波乱の結果となった。

 続くJBCスプリントはノボバカラを軸にして東京盃1,2着の地方馬プラス中央馬に馬複流しで勝負。ノボバカラは芝を中心に使ってきた馬だが前走の南部杯でダート適性は見せたし、今回は御神本騎乗というのが魅力なので本命とした。

 結果はニシケンモノノフが勝ち、2着にはコパノリッキー。3着に東京盃2着の地方馬ブルドッグボスが入った。この3頭がクビ差+クビ差の接戦を演じた。コパノリッキーは基本的にはスプリントは不向きだと思うが、地力で2着まで来たのはさすがである。我が本命ノボバカラはいいところ無しの12着。御神本が乗っているというだけではダメなのか。

JBCクラシックはルメール騎手が騎乗するオールブラッシュから中央馬に三連複流しで勝負した。ルメールはクイーンマンボが出走できなくて悔しいだろうからここで決めてくれるだろうということで本命とした。

 そのオールブラッシュは果敢に逃げたが、直線で失速して6着に敗退した。勝ったのは昨年のチャンピオンズカップ以来の勝利となるサウンドトゥルー。2着がケイティブレイブで3着がミツバだった。

 というわけでJBCの馬券は全て惨敗という結果に終わった。その後のレースも1つも当たらず、中央で稼いだ金額以上に大井で負けてしまった。

 なお、このJBCのために大井競馬場に設けられたパネル・映像展があり、そこには2014年JBCレディスクラシック勝ち馬である我が出資馬サンビスタも展示されていた。現地まで観に来た甲斐があるというものだ。

https://www.instagram.com/p/BbBoqQJlDXu/
サンビスタ


https://www.instagram.com/p/BbBo_5GFsSN/
さっきのやつの隣にあるパネル・映像展。サンビスタの今。


 私の出資馬がこうして展示されているのは非常に嬉しい。出資馬がGIを勝つとこういう楽しみもある。来年はこれにクイーンマンボも加わると思っていたのだが。

優駿エッセイ賞応募作品

 さて、今年も優駿エッセイ賞に応募したのであるが、優駿 2017年 11 月号で1次選考通過作品のタイトルが発表されていた。その優駿11月号で確認したが、1次選考通過作品には私の(一度も公開したことの無い)ペンネームや私の作品のタイトルは載っていなかった。つまり、1次選考の時点で落選決定である。

 というわけで応募した作品をWebで公開することにした。一昨日、競馬エッセイのページである「そこに馬がいるからだ」に掲載したが、ここのブログでアナウンスするのを忘れてた。タイトルは「鉄道廃線跡とオケラ街道を行く」。久しぶりの府中西門ネタであるが、鉄道廃線跡巡りというマニアックなものと絡ませてみた。

 優駿エッセイ大賞は今年も1次選考で落選。これで13年連続1次選考で落選決定か。初めて応募した2004年は、1次選考を通過したのだが、その時がピークだったというのが何とも・・・。来年はせめて佳作を受賞したいものである。やはりネタの見つけ方から修行しなきゃな。1次選考を通った時は筆力よりもネタが評価されたんだと思うし。…って昨年も同じこと書いたな。