毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

ブルーヘヴンが土曜福島に出走

 明日7/15(土)の福島第8レース牝馬限定500万円以下に出資馬のブルーヘヴンが出走します。

 砂をかぶるとやる気を無くする馬なので今回はパシュファイヤーを着用するそうだ。そして減量騎手起用で49kgの軽量で臨むので期待しよう。

 これを書いている時点で単勝2番人気、複勝1番人気である。牝馬限定戦とはいえ、3戦連続2桁着順の馬がこの人気はどうしたものだろう?まあ、明日になれば落ち着くかもしれないが。

ブルーヘヴン 17/07/15 福島 8R 3歳上500万下(牝) ダ1700m 49kg 菊沢一樹 15頭 5枠9番 14:05発走
美浦トレセン
福島(土)8R ダート1700m 牝馬限定3歳以上500万下平場戦に、菊沢一樹騎手で確定。なお、検討の結果、今回はブリンカーではなく、パシュファイヤーを着用してレースに臨む。「昨日の動きを見るとブリンカーは逆効果になる可能性があるので、今回はパシュファイヤーを着けて臨みます」(師)

大井でヒガシウィルウィンのJDD制覇を観てきた

 今日は交流重賞ジャパンダートダービーJpnI)を観戦するために大井競馬場に行ってきた。

 大井競馬場では楽天競馬がLINE友達キャンペーンなるものをやっていて、LINEで送られきたクーポンを見せると抽選会に参加できた。入口近くのブースで行われていたので、さっそく抽選をしたところクオカード500円分が当選した。こういうものよりも馬券が当たったほうが嬉しいのだが、これで大井競馬場までの交通費ぐらいは稼げた。

 先日川崎で行われた関東オークスは我が出資馬クイーンマンボが見事に制覇して、ジャパンダートダービーにも出走することに期待したのだが、関東オークス後に放牧に出されたため出走してこなかった。

 JDDで私が本命にしたのは東京ダービーの覇者であるヒガシウィルウィン。クイーンマンボと同じグランド牧場の生産馬である。グランド牧場といえば私が応援している生産者であるので期待している。ヒガシウィルウィンは船橋の所属だが、交流重賞で中央馬相手でも勝負になるはずだ。そう思って本命にし、中央馬に三連複で流しておいた。今回は中央馬が7頭も出走しているので買い目が多い。

 そしてレースである。我が本命のヒガシウィルウィンは3~4コーナーは内の経済コースを通って脚を溜めて、4コーナーで外に持ち出した。そして、前でせめぎ合う中央の強豪たちを差し切って先頭でゴール板を駆け抜けた。船橋所属のその馬がジャパンダートダービーを制して3歳馬のダートの頂点に立った。ジャパンダートダービーを地方所属馬が勝ったのは7年ぶりだそうである。

 「3着ならあるかも」という思いでその馬を三連複の軸にして勝負したのであるが、勝ってしまうのなら三連単にしておけば良かった。最後はヒガシウィルウィンの3着以内がほぼ確実になってからも馬券の当たり外れ関係なく「ほんだ~!」と叫びまくった。今回は主戦の森泰斗騎手が怪我で休んでいるので、代役で本田正重騎手が騎乗していたのである。その本田騎手がヒガシウィルウィンを見事に勝利に導いた。行こうかどうか迷っていたが、ヒガシウィルウィンの交流JpnI制覇を生で観ることができて、行った甲斐があった。

 グランド牧場生産馬のGI・JpnI制覇はこれが5度目である。スズカマンボ天皇賞(春)ラブミーチャン全日本2歳優駿サンビスタJBCレディスクラシックとチャンピオンズカップ、そして今日のヒガシウィルウィンのジャパンダートダービーである。そのうち私はスズカマンボ天皇賞以外は全て生観戦している。つまりダートのGIは全て生観戦しているということになる。我ながら凄いことだ(笑)。馬名の付け方のセンスが好きなのでグランド牧場を応援し始めたこともあり、もともとは生産者としてではなく馬主としてのファンなので、今度は「馬主グランド牧場」の馬がGIを勝つところも見てみたいものだ(今までのGI勝利馬は全て馬主はグランド牧場ではないので)。

東京競馬場花火大会2017

 今日は東京競馬場で花火大会だった。例によって競馬場まで見に行ってきた。自宅に居ても花火が見えないのに音だけは聞こえてくるだろうし・

 一昨年から開催時期が早くなり、この時期に開催されている。例年通り19時半開始なのだが、夏至に近いせいか開始時点ではまだ空に青さが残っていた。

 30分と短い花火大会なのだが、この花火大会は最後の5分ぐらいのグランドフィナーレがみものである。大量の花火を短時間で乱発するので迫力がすごい。ぜひ見に行く価値があると思う。

 この花火大会は以前は前座(?)でよさこい大会などの伝統芸能が行われていたのだが、今年はそれがなかった。競馬が終わってすぐあたりにパドックでホースショーはあったのだが、花火大会に近い時間帯に本馬場でのショーは無し。

 その代わりに(?)、自主的バックヤードツアーを敢行した。

https://www.instagram.com/p/BWUgN-KFjvy/
ダートコースの本馬場入場入り口(写真撮った場所は普段は関係者以外入れないエリアだが通路として解放されてた)
https://www.instagram.com/p/BWUgbY6lgG8/
ハロン棒を間近で。
https://www.instagram.com/p/BWUhskAlZYZ/
ウィナーズサークルを内側から。(口取りで来たことはあるが開催中の関係者エリアはさすがに勝手に写真撮れないので今撮っておく)

 スタンドと内馬場を行き来する通路として、普段の開催時に使っている通路ではなくウィナーズサークルの花道やその他の関係者エリアが使われれていたのである。競馬に興味がない人にとってはどうでもいいような景色かもしれないが、競馬場に頻繁に通う競馬ファンとしては貴重な経験なので、意味もなくスタンドと内馬場を行き来した。ちなみに花火自体は競馬(非開催発売)の時間から陣取っていたスタンドで観戦、じゃなかった観覧した。

 メインイベントである花火大会はこんな感じ。相変わらず最後のグランドフィナーレが見ものだった。

https://www.instagram.com/p/BWUuhsIFkT2/
東京競馬場花火大会グランドフィナーレ


 これはグランドフィナーレの一コマだが、他にも写真を撮って Google にフォトアルバムを作成したので、興味のある方は以下のリンクからどうぞ。

https://goo.gl/photos/Xic1JuTSQ91CgdeX9


 ついでに、この日パドックで行われたファンタジックホースショーのアルバムも作成しました。

https://goo.gl/photos/3d7j8GccC4pnKaEo7

東京競馬場(&多摩川競艇場)花火大会の日程

 このブログに「東京競馬場 花火大会」で検索してくる人が結構いるようだが、2017年の東京競馬場花火大会の日程が府中市の広報で発表されたので書いておこう。

 今年の東京競馬場の花火大会は7月9日(日)午後7時半~8時だそうだ。今日発表されて来週開催である。先週の日曜日に東京競馬場にある耕一路という店の店員さんに聞いたら知らないと言われた。以前は東京開催最終日の時点で知ってることもあったのに。というわけで当日は耕一路は営業されない模様。

東京競馬場花火大会
▽日時 7月9日(日)午後7時半~8時/荒天中止
▽会場 東京競馬場
▽問合せ 花火大会事務局
(050・3187・7802)
※当日の開催状況などは、花火大会特設サイト(http://www.trc-hanabi.jp)でお知らせします

▽入場 自由(無料)
※花火大会の来場には、公共交通機関をご利用ください。

 30分と短い時間での花火大会なのだが、その割には打上げる数が多い。つまり密度の高い花火大会である。特に第3部のグランドフィナーレは見ものだ。お近くの方や競馬帰りの方はぜひ行ってみよう(当日は府中での競馬開催は行われていないが場外発売は行われている)。
 去年の花火大会の様子はこちらの記事をご覧あれ。

 なお、7/28(火)には府中市内にある多摩川競艇場(ボートレース多摩川)でも花火大会がある模様。

■ボートレース多摩川納涼花火大会
▽日時 7 月 28日(金)午後7時半~8時15分/荒天中止
▽会場 ボートレース多摩川
▽内容 ナイアガラ、スターマインなどの花火約1000発
▽問合せ 多摩川競艇運営協議会
(369・1811)
▽入場 自由(無料)
※花火大会の来場には、公共交通機関をご利用ください。

 こちらは平日だが行ければ行ってみよう。

ユニオンの1歳馬2頭に出資決定

 ユニオンオーナーズクラブの1次募集で、新たに2頭の馬に出資することが決定した。

 詳しくは我が一口馬主人生カイタノで、興味のある方はそちらをご覧になっていただきたい。

 新たな出資馬はフレンチリヴィエラの16プレシャスジェムズの16の2頭。ともにグランド牧場の生産馬である。ユニオンはグランド牧場産の馬にしか出資してないな。人気になりそうだったので1次募集で申し込んでおいたが、2頭とも抽選にはならなかった。フレンチリヴィエラの16はサンビスタクイーンマンボと同じ角居厩舎なので抽選になるかと思ったが、高いからか抽選にはならなかった(ちなみにユニオンは通常200口だが、この馬は400口募集)。

 ユニオンの今年の募集馬では他のグランド牧場生産馬3頭も気になるし、それ以外では矢野牧場のローズカスケイドの下が気になっている。それらの馬にも出資を検討しているのだが、いかんせんカネがない(苦笑)。クイーンマンボが稼いでくれないかな。

 ちなみに夏休みは門別にブリーダーズゴールドカップ(クイーンマンボが出走予定)を観戦に行く予定でいるが、その次の日あたりに静内に牧場見学に行こうと思っている。グランド牧場に行くつもりだが、矢野牧場にも薔薇一族を見せてもらいに行こうかな。

 余談だが、先日サンビスタやクイーンマンボへのお礼を込めて、角居先生の著書「競馬感性の法則 (小学館新書)」を買った。

サンビスタもちょっと載ってるのでファンの方はどうぞ(サンビスタ以外の角居厩舎の馬のファンの方も)。

帝王賞を観に大井競馬場へ

 今日は帝王賞を観に大井競馬場に行ってきた。

 大井競馬場に入場すると入口近くのステージに人だかりができていて、元Wink相田翔子が「トゥインクル トゥインクル」を歌っていた。この歌は23年前の東京シティ競馬のCMソングだったそうである。23年前、つまり1994年といえば私は競馬を始めた後だが、ぎりぎり地方競馬には関心がなかった時期だ。曲は聞き覚えがあるが、TCKのCMソングだったというはっきりした記憶はない。その相田翔子が23年ぶりに大井競馬場でプレゼンターを務めるのだろうである。なお、このステージの時間以外でもBGMでトゥインクルトゥインクルが流れていた。実は帝王賞のためにTwinkle Twincle 2017として相田翔子のみのボーカルでリメイクされてたようだ(CDが売られているかどうかは不明)。

 そして場内に入るとスタンド等の飾り付けがが的場文男の勝負服一色であった。先日前人未踏の7000勝という偉業を達成したのを祝ってのことである。例えばこんな感じだ。

https://www.instagram.com/p/BV4QakHlY0M/
Instagram


 帝王賞の私の買い目であるが、前走の敗退で人気を落としていた川崎記念勝ち馬オールブラッシュと勝つかどうかはわからないが3着までには確実に来そうなアウォーディーの2頭を軸として、残りの中央馬5頭に三連複流しで勝負した。

 レースの方は、オールブラッシュが単騎で逃げる。2番手にクリソライトが付けて3番手がアウォーディーという展開だった。そのまま決まってくれたら良かったのだが、オールブラッシュは直線で下がっていく。やはり川崎記念はフロックだったのか?1着ケイティブレイブ 、2着クリソライト、3着アウォーディーだった。我が本命オールブラッシュは6着に敗退した。2,3番手は道中の位置取りそのままの結果だったが、オールブラッシュがケイティブレイブに入れ替わったような着順だった。入れ替わらなくていいのに…。

 レース後にTwitterで話題となっていたのだが、勝ったケイティブレイブに騎乗していた福永祐一騎手が生まれて初めて買ったCDはWink淋しい熱帯魚だったそうである。だから相田翔子がプレゼンターと聞いて頑張ったんだろうか(笑)

 帝王賞は見事に外れ、その他のレースも当たらずノーホーラのまま大井競馬場を後にした。昨日行われた重賞・優駿スプリントではグランド牧場のバンドオンザランが勝ったのだから、たぶん馬券を獲れたはずである。大井には昨日行けば良かったのかな(後の祭り)。

ヴィグラスファイアが阪神でデビュー&ローズカスケイドも出走

 明日、6/17(土)の阪神5レースの新馬戦で出資馬のヴィグラスファイアがデビューし、続く6レースにローズカスケイドが出走します。

 ヴィグラスファイアはもともとその日の東京でデビューする予定だったが、抽選で落ちて阪神に回った。東京デビューでは先日クイーンマンボで関東オークスを制したルメール騎手が騎乗予定だったが、阪神ではデムーロ騎手に乗ってもらえることになった。この2人が乗ってくれるということは期待されているのだろうな。仕上がりも早く、私の出資馬にしては珍しく早いデビューである。

 一方のローズカスケイドは3歳馬だが、これがデビュー3戦目だ。キャリアは浅いがそれだけ上積みに期待できるということで頑張って欲しい。薔薇一族の名に恥じない活躍を期待しよう。

 ヴィグラスファイアが東京デビューの予定だったので東京競馬場で観戦予定だったが、木曜に出馬表が発表されたら阪神に出走ということで、さらにローズカスケイドも阪神に出走(これはもともとそういう予定だった)なので急遽阪神競馬場に行くこととした。しかも口取りを申し込んだら両方とも権利が当たった。というわけで勝てば口取りです。どちらか片方は(できれば両方)勝って欲しいな。

ヴィグラスファイア 6/17日(土)阪神5R メイクデビュー阪神(D1,200m 13頭) 54kg M.デムーロ 発走12:20

萩原清調教師「14日に南Wコースで時計を出しました。これまでの調教での走りを見ても、初戦からいきなりというタイプではないかもしれませんが、14日の追い切りの動きはまずまずでしたし、走れる態勢にはあると思います。17日の東京・D1,400m戦をC.ルメール騎手で投票したところ、非当選で除外となってしまったため、同日の阪神・D1,200m戦にM.デムーロ騎手で再投票した結果、無事に出走が確定しました。デビュー戦で阪神への輸送と楽な条件ではないですが、ここまで順調に調整できましたし、良い走りを見せて欲しいですね」

ローズカスケイド 6/17日(土)阪神6R 3歳未勝利(芝2,400m・18頭) 52kg 荻野極 発走12:50

斉藤崇史調教師「14日に坂路で追い切りました。もう少しテンはじっくり追走して、終いを伸ばす形で行うつもりでしたが、思いのほか行きっぷりが良かったために、最後は甘くなってしまいました。ただ、動き自体は確実に良くなってきていますね。帰厩時は飼い葉を食べてくれていたのですが、調教を行うにつれて徐々に馬体が減ってしまい、今週の計測では430kgを切ってしまいました。前走時よりは馬体はそこまで細く見えないので、数字はあまり気にしなくていいのかもしれませんが、出来るだけ維持できるように調整していきたいと思います。今のところ週末は天候が何とか持ちそうなので、良い馬場で競馬が出来そうですね。出来るだけスタミナを温存して、終いを活かすようなレースをしてもらおうと思います」