毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

日曜京都にリアンクトワ出走&GW遠征計画

 5/5(日)の京都競馬場第6レースに出資馬のリアンクトワが出走します。

 前走は未勝利戦でデビューしたが、出遅れたものの後続に経験馬を相手に5馬身差をつける圧勝だった。初戦からこのような強い勝ち方をしたのだから、昇級戦の今回も大いに期待できる。ぜひ2連勝を決めてもらいたい。

5/5(日)京都6R リアンクトワ 3歳1勝クラス(牝) ダ1800m 53kg 西塚洸二
16頭 *枠*番 12:45発走

 当日、京都競馬場に観戦に行く予定で、口取り権利も当たった(申込者はわずか2名)。勝てば口取りである。地元の東京競馬場でGI(NHKマイルカップ)があるのに、なんと裏開催に遠征である(新・京都競馬場にも行ってみたいと思っていて機会を伺っていたら出資馬出走がその日だったので)。

 京都競馬場に行くのは改装後初めてだ。最後に京都競馬場に行ったのは2020/2/1にマグナレガーロがメインの舞鶴Sを勝って口取りをした時だ。それ以来の淀。考えてみたら口取りもその時以来していないので、今回はぜひ口取りをしたい。

 そして、5/5京都競馬終了後、名古屋に移動し、翌日5/6は弥富にある名古屋競馬場に行く予定。

 じゃらんの期間限定ポイントがあったので、とりあえず5/5夜に名古屋にホテルを予約しておいて、リアンクトワの出走状況によって京都の帰りに寄るか東京から直行するかを決めることにしていたのだが、リアンクトワが京都で出走することが確定したので、京都に行って帰りに名古屋に寄ることにした。なお、名古屋に泊まることにしたのは、名古屋駅から弥富までバスが出ているからである。

 「名古屋競馬場」には何回か行ったことがあるのだが、それは名古屋市内の土古にある競馬場だった。弥富に移転してからは行ったことがない。ちょうど名古屋グランプリがあるので、その日に行くこととした。私は、今年2月、佐賀競馬場に行って(土古に行ったのを名古屋とカウントすれば)日本の全競馬場を踏破を達成したのだが、弥富の競馬場に行けば名実ともに日本の全競馬場踏破である。