毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

京都遠征記(マグナレガーロ勝利!)

 昨日(2/1)は京都に日帰り遠征をしてきた。出資馬のマグナレガーロが京都メインレース舞鶴ステークスに出走するということもあるが、障害のオープンである牛若丸ジャンプステークスを観るのも楽しみだった。重賞はないが出資馬がメインレースに出走し、障害のオープンレースもあって面白そうだったので京都に行くこととした。マグナレガーロの口取り権利も当たり、勝てば口取りである。

 京都にはJR東海のぷらっとシリーズの「日帰り1day行っトクか!京都」という企画切符を使って行った。通常の「日帰り1Day京都」よりも安いが、行きの列車がより限定されているので朝早く(というより未明のうちに)出発となり、府中本町駅を始発電車で出発した。

 京都に着いたら直接競馬場に向かったのではなく、藤森神社に参拝してから行った。藤森神社とは馬と勝負事の神様を祀っている神社である。京都競馬場から近く、馬とか勝負事とかにご利益のある神社なので競馬関係者や競馬ファンでもそこを訪れる人が多い有名な神社である。私はこの神社に行くのは初めてだったが、前から一度行ってみたいと思っていた。

 京都駅に着くとホームを出ず、新幹線の待合室でこの日の競馬の予想をしてIPATで投票した。それから奈良線に乗り込み JR藤森駅へと向かう。JR藤森駅京都市内なので、京都駅で降りるのと運賃が変わりない。

 JR藤森駅を降りて藤森神社まで歩いた。まずは宝物殿を見学。世界各地の馬の置物などが飾られているのが印象的だった。また、鶴丸という刀剣のレプリカも置かれていた。この名前を聞いた時ツルマルという冠名を思い出した。

 その後境内を歩いた。 馬関係のものが多いのが嬉しい。

https://www.instagram.com/p/B8ASfYEndS4/
神社の建物にこういう額が飾ってあるっていいね。
https://www.instagram.com/p/B8ASqfqnDNs/
狛犬の近くにこういう像が。
https://www.instagram.com/p/B8ASyfZnR-4/
本殿


 この神社は菖蒲の節句の発祥地であるらしく、金太郎の像もあった。キンタローと聞くとばんえい競馬の往年の名馬を思い出す。

https://www.instagram.com/p/B8ATT5fn9Yc/
ここは馬と勝負事の神社なのだが、この像がばんえい競馬の往年の名馬キンタローにちなんで作られたのかは不明。


 せっかくだから絵馬を買って奉納した。なぜなら競走馬の絵が書いた勝馬祈願の絵馬があったからだ。この絵馬は800円。千円札で絵馬を書い、お釣りの200円でおみくじを引いた。おみくじの結果は大吉だった。これは幸先がいい。

 絵馬に書いた私の願い事は、下の画像リンクをクリックするとInstagramに飛ぶので、そこの2枚目の写真を見て欲しい。

https://www.instagram.com/p/B8AV1L-n3o9/
せっかくだから絵馬を買って奉納。


 その後、藤森神社から歩いて京阪墨染駅へと向かった。 淀に行くには京阪線に乗る必要があるからだ。ちなみに京阪線には藤森駅という駅があるのだが、 藤森神社には墨染駅の方が近い。

 京阪線淀駅まで行き京都競馬場に到着。午前中には到着して馬券勝負するが馬券はなかなか当たらない。抑えで買った複勝が当たる程度である。

 この日メインレース以外で楽しみにしていたのは牛若丸ジャンプSという障害のオープンレースである。 本命にしていたトラストが先頭で粘り、相手に持っていたメイショウオトコギが2着になりそうだったので「当たった」と思ったのだが、 最後にエアカーディナルがものすごい脚で差してきてメイショウオトコギを抜き去っていった。エアカーディナルはその後トラストにもクビ差まで迫って2着だった。断然人気のトラストは勝ったものの、思ったほど楽勝にはならなかった。メイショウオトコギは2年連続の3着である。

https://www.instagram.com/p/B8AwKDenkCt/
牛若丸ジャンプステークス 障害飛越


 その他のレースも外しまくって、いつのまにかメインレースの時間となっていた。メインレース舞鶴ステークスは私の出資馬のマグナレガーロが単勝1.6倍の断然の1番人気に指示されていた。このレースの馬券はマグナレガーロの単勝だけを買った。

https://www.instagram.com/p/B8A5EjTHZnW/
マグナレガーロのパドック


 いよいよレースである。出遅れて最後方だったプロスパラスデイズが向う正面で捲るように上がってきて先頭に並んだ時は、ペースを乱されるのではと不安が頭をよぎったが、マグナレガーロは収支3番手あたりの好位で落ち着いていた。4コーナーで先頭に並ぶと、直線で抜け出して後続を突き離した。直線では安心して見ていられた(と言いつつ「そのまま!」と叫び続けていたが)。終わってみれば3馬身差の快勝だった。

 というわけでマグナレガーロの勝利である。勝ったことを確認すると口取りの集合場所まで向かった。 メインレースの口取りは記憶にある限りサンビスタチャンピオンズカップ以来だ。準オープンとはいえメインレースである。それなりの人がウイナーズサークルに注目していた。口取り写真を撮り終わった後、しばらくバックヤードの入り口で待たされたが、その時にちらっと目に入ったテレビの映像を見ると、東京のメインレースでもシルクの勝負服の馬が勝ったようだ(後で調べたらインビジブルレイズだった。こちらは人気薄。)。その後はクラブの職員の方がゼッケンを持って写真を撮ってくれた。シルクではこのようなサービスもやっているのである。

 馬券の方は最終レースも見事に外れ、惨敗だった。一応京都メインレースは当たっているのだが、マグナレガーロの単勝だけなので大して儲からず、1日トータルの収支はマイナスだった。絵馬に書いた願い事のうちメインの部分は叶ったのだが、括弧内の部分は叶わなかった。

 その後は京都駅に戻り、周辺を散策。「日帰り1day行っトクか!京都」では通常の日帰り1Dayシリーズとは異なり、セレクトクーポンは京都駅内のキヨスクだけなので、そこで3000円分の買い物をし、京都を後にした。

https://www.instagram.com/p/B8BOGMcHrl_/
羅城門(の模型)