毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

東京大賞典を観に大井競馬場へ

 年末年始休暇の初日である昨日、東京大賞典を観に大井競馬場に行ってきた。ここ数年毎年東京大賞典を観に行っている。年末の恒例行事になりつつある(笑)。

 競馬場に着いたのは東京大賞典の始まる2つ前のレースがちょうど行われている時間だった。結構混んでいる。いや、結構どころかだいぶ混んでいる。例年よりも確実に観客動員があるだろう。馬券は準メインから参戦。準メインは見事に外れ、いよいよ東京大賞典である。

 今年の東京大賞典には馬主・生産ともにグランド牧場ホッカイドウ競馬所属のスーパーステションが出走していた。一時期(門別が冬休みの間)南関東に移籍していたのだが、4月に道営に戻るとそこで破竹の6連勝。道営記念を圧勝してここに臨むことになった。相手は強いが穴馬として期待できそうだ。

 しかし、もう1頭地方所属の人気薄で魅力的な馬がいた。いつのまにか地方に移籍していたサウンドトゥルーである。3年前の東京大賞典の勝ち馬であり、一昨年も昨年も勝てないまでも馬券圏内には入っている。GIでは2着や3着のイメージが強いがここまでGI級のレースを3勝している実績馬だ。8歳になる今年も出走し、4年連続出走である。鞍上は御神本訓史。これだけの実績馬にあの御神本が乗ってそれで人気がないなら年齢は気になるがこれは狙い目である。3着以内には入ってくれそうなのでサウンドトゥルーを軸にして三連複で勝負することとし、中央馬全てとスーパーステションに流した。中央馬の中でリーゼントロックは単勝万馬券の人気薄で近走成績も良くないが、三浦大輔氏が馬主の馬に松岡正海が乗る時は買うことに決めているので買い目に入れた。松岡はベイスターズファンらしいので番長の馬に乗る時は気合が入っている筈だということで。

 レースは道営のスーパーステションが逃げる展開。対称的に我が本命サウンドトゥルーは最後方からのレース。これはいつも通りだ。
 しかし、スーパーステションも楽に逃げさせてもらったわけではなく、アポロケンタッキーが競りかけていった。
 最後の直線でも半ばぐらいまではスーパーステションが持ちこたえていたが、最後に後続の馬がどっと来た。我が本命サウンドトゥルーも怒涛の追い込みは見せたが掲示板にどうにか載る程度だった。
 結果は1着オメガパフューム、2着ゴールドドリーム 、3着ケイティブレイブ 、4着サウンドトゥルー、5着エイコーンとほぼ人気通りで決まった。サウンドトゥルーは4着まで追い上げていたが3着馬との差が結構あったので惜しいという気もしなかった。
 ほぼ人気通りと書いたのは、3番人気のオメガパフュームが1着で、残りの4頭が人気と同じ順番で入着したからである。今年の3歳は東京大賞典も制した。マイルCS、JC、チャンピオンズカップ有馬記念と11月後半以降の古馬GIは3歳馬が勝ちまくっており、その他の重賞でも3歳馬の活躍が目立っているが、チャンピオンズカップを勝った3歳ダート王ルヴァンスレーヴが不在の東京大賞典でも代わりにオメガパフュームが勝ってしまうのだから層の厚さを感じさせる。

 なお、グランド牧場のスーパーステションは6着。そのまま逃げ切ってほしかったが、中央や南関東の馬ばかるい活躍する東京大賞典でこの成績は健闘といえるだろう。

 なお、入場者プレゼントとして来年の南関競馬カレンダーをもらったが(これをもらうためというのも大井に行った理由の一つである)、そのカレンダーの表紙の背景の模様は的場文男の勝負服だった。

https://www.instagram.com/p/Br9mEXRHlFq/
来年の南関カレンダーの表紙は背景まで文男勝負服。