毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

角居厩舎が3年後に解散!?

 「一年の計は金杯にあり」というわけで今日は金杯だった。例年1/5に行われるのだが、今年は平日開催を避けたのか1/6に行われた。今日から今年の中央競馬の開催の始まりである。その東西の金杯の予想をしてWeb上にアップしようかと思っていた矢先、衝撃的なニュースが飛び込んできた。

競馬界に衝撃!角居厩舎解散!ウオッカヴィクトワールピサ輩出の名門

 競馬界に衝撃的なニュースが飛び込んできた。日本が誇るトップトレーナー・角居勝彦調教師(53)=栗東=が21年2月をもって調教師免許を返上することが5日、明らかになった。牝馬でダービーを制した7冠馬ウオッカ、ドバイワールドCを日本馬として初めて制したヴィクトワールピサ…多くの名馬を輩出してきた名門厩舎が、あと3年で解散する。

 押しも押されもせぬトップトレーナーが厩舎の解散を決断した。

 11~13年まで3年連続でJRA賞最多勝利調教師を獲得。毎年のようにビッグレースを制し、中央、地方、海外G1通算35勝は現役最多を誇る角居師が、21年2月をもって調教師業を廃業することが決まった。

 全国リーディング3位に輝いた昨年もキセキで菊花賞を制した関西の名門厩舎だ。誰もが驚く突然の引退宣言に、「天理教を継ぐためです。昨年、母が体調を崩して教会に通えなくなり、この1年間考えました」と角居師は決断に至った理由を説明。競馬界を離れ、地元の石川県で、祖母の代から受け継ぐ天理教の仕事に従事するという。

(以下略)

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=131574

 私はグランド牧場のファンなのであるが、そのグランド牧場の元社員の調教師ということで角居師には注目していた。それだけではない。私の出資馬であるサンビスタを名牝にまで育て上げ、さらにクイーンマンボも(現時点で)重賞を2勝させた。一口馬主としてこの上なくお世話になっている調教師なのである。

  角居師といえばかつて出版した著書勝利の競馬、仕事の極意 (廣済堂・競馬コレクション)を読み、さらに昨年出版された競馬感性の法則 (小学館新書)も読んだ。特に後者は我が出資馬サンビスタも登場する。

 この本の86ページからサンビスタのことが書かれているのだが、そこには「なぜ勝てたのか、今でも説明できません。」と書かれている(苦笑)。

 その角居先生とは昨年5月4日にクイーンマンボが出走する園田競馬場でお会いしてお話する機会があった。詳しくは以下の記事を参照。

endeavor.hatenablog.jp

 角居先生が調教師を勇退して故郷に帰ったら、サンクスホースプロジェクトはどうなるんだろう?日常の運営は別の人がやって、顧問みたいな形で参加していくだろうか?あのプロジェクトは角居勝彦というネームバリューで持っている部分もあるし(サンビスタJBCレディスクラシック祝勝会で先生の口からその話が出なかったら私もそれほど興味を持たなかったかもしれない)。

 さて、厩舎解散すなわち調教師引退の理由だが、家業である天理教を継ぐためというのは驚きだった。グランド牧場の社長の息子さんも天理高校に在学していたし(飛行機が飛ばずに北海道の牧場関係者が来れなかったサンビスタJBCレディスクラシック祝勝会に社長代理で来た)、息子さんだけではなく社長本人も天理高校出身だという噂がある。その牧場の元社員で息子も現在その牧場で働いている角居先生は天理教の家の生まれで跡継ぎなのか。グランド牧場天理教と関連性が強いのだろうか?ひょっとしたら角居青年(当時)がグランド牧場で働くことになったのは、天理教のつながりがあったのかも知れない。

 私の一口出資馬ではクイーンマンボの他にマグナレガーロ(3歳)とフレンチリヴィエラの16(2歳)が角居厩舎に入厩予定である。特にフレンチリヴィエラの16は高かったしかなり期待している馬だ。サンビスタやクイーンマンボと同じユニオン→グランド牧場→角居厩舎ラインだからサンビスタの4倍&クイーンマンボの2倍ほどの募集価格にも関わらず出資したようなものだ。これらの馬が引退するまでは厩舎を続けてて欲しいものだが、予定通りならフレンチリヴィエラ16が5歳の2月に厩舎が解散することになる。

 角居師は以前「来年の2歳馬は入厩させない」と宣言して撤回したことがある。今回も考えが変わって撤回するというということはないだろうか?可能性は低いだろうけど、そのわずかな望みに期待してみよう。

 最後に私が持っている角居先生のサインを紹介しよう。自分が「私の競馬履歴書」に載っているユニオンオーナーズクラブ会報 "My Horse" (奇しくもサンビスタ特集号だった)の表紙にサインをしてもらったものである。ちなみに角居先生じゃない方はJBCレディスクラシック勝利時に手綱を取った岩田騎手のサイン。

https://www.instagram.com/p/x_qFaUTDfr/
自分が「私の競馬履歴書」のコーナーに載っている会報(サンビスタ特集号)に角居勝彦調教師と岩田康誠騎手にサインして頂きました。ついでにその会報に登場する調教助手の嘉堂さんと前川さんにもサインしてもらいたかったがタイミングを逸しました。

 これは一生捨てられない宝物だ。