毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

クイーンマンボがJBCレディスクラシック回避(涙)

 今週の金曜日は大井競馬場で競馬の祭典JBCが行われる。

 JBCレディスクラシックに我が出資馬クイーンマンボが出走を予定していて、しかも堂々の1番人気候補だったのだが、今日行われた出馬投票で回避することが判明した(;_;)。

 前哨戦のレディスプレリュードは文句なしの圧勝で、つい4日前にも【JBCレディスクラシック】ルメールがベタボメするクイーンマンボという記事が登場するなど、順調かと思われていた。

 しかし、今日の出馬投票の時間になって Twitter を除くと、競馬記者の方達が「クイーンマンボ回避。クイーンマンボが出走する(もしくは勝つ)前提で記事を書いていたので、記事を書き直しだ。」みたいなことをつぶやいていて大騒ぎだった。

 10月中旬に挫石が判明したのだが、それでも調教は続けていた。しかし、直前になって回避である。

 10/26(木)には以下のような近況メールが届いていた。

栗東トレセン
栗坂稍  53.5 38.6 24.9 12.5 強目に追う
坂路で単走の追い切り。テンから行きっぷりは良好。手応え良く駆け上がっていくと、ラストだけ仕掛けてスッと脚を伸ばした。鞍上のGOサインに対する反応も良く、良い動き。体を大きく使った雄大なフォームで走っていた。見た感じ、挫跖の影響はなさそう。まだ安心できないところはあるが、この様子であれば問題なく進めていけるだろう。来週の大井(金)「JBCレディスクラシックJpnⅠ」(ダ1800・牝)に向けて、ここまでは順調。「これだけ動いていれば充分ですね。時計も速いし、まだまだ余力もありました。助手に聞くと、『少し休ませたことが良かったのか、柔らか味が出てきた。それに気合い乗りも良くなっている』とのこと。かえって良い方向に出たのではと捉えています。まだ完全に回復したわけではありませんが、これからは痛みが抜けていくだけ。この感じなら問題なさそうですね」(師)

 10/29(日)にも調教メールが送られてきた。

栗東トレセン
栗坂重  58.8 43.1 28.5 14.1  馬ナリ余力

 しかし今日、回避である。

月曜日の晩に、右前を痛がっている様子が確認された。脚を着けず、体温も39度近くまで上昇。すぐに獣医師の診察を受け、消炎剤等で処置してもらった。診断結果は右前肢挫跖の悪化。今朝になって蹄冠部から膿が出てきたが、すぐにレースに向かうことは困難な状況となっている。そのため、予定していた11/3(金)「JBCレディスクラシックJpnⅠ」(ダ1800・牝)は回避することになった。次走は未定で回復具合を見ながら検討していく。「日曜日の追い切り後も特に問題はなかったんですが…。ひょっとしたら、薬が切れたことで痛みが一気に出てしまったのかもしれません。デビュー前にも蹄を傷めたように、蹄底が薄いのでどうしてもダメージを受けやすいようですね。大一番の直前になって、こんなことになってしまい申し訳ありません。排膿したのでもう大丈夫だと思いますが、完全に良くなるまでは慎重に進めていこうと思います」(助手)

 昨日の夜、悪化したようである。それで出馬投票日の今日、回避が決定した。それで競馬記者達は今日の投票を見て回避を知ることとなったのであった。

JBCレディスクラシックは盛岡で行われた年にサンビスタも勝っていて、私の出資馬では2度めの勝利かと期待していたのだが、残念である。

 このニュースを聞いた時はショックだったが、将来のある3歳馬だけに無理して出走して悪化するよりなら、出走回避の方がいいだろう。仮に悪化しなかったとしても、地方は2着以下の賞金が安いので勝てなきゃしょうがない。

 次走は回復具合にもよると思うがどこになるのだろうか?ぶっつけでチャンピオンズカップか、手堅くクイーン賞なのだろうか?

 ちなみに出資馬の出走はなくなったが、JBC当日は大井競馬場に観戦しに行く予定だ。今年観に行くとサンビスタがレディスクラシックを勝った14年以降4年連続生観戦である。1日に同一競馬場でJpnIレースが3つも行われる特別な日なのだから楽しまないとね。