毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

ブルーヘヴン&ローズカスケイド出走

 今週はブルーヘヴンローズカスケイドの2頭の出資馬が出走します。

 まず土曜日はブルーヘヴンが札幌の500万条件に出走。砂をかぶるとやる気をなくする馬で今回もブリンカーパシュファイヤーを着けての出走だが、今度こそ逃げて欲しい。前走も逃げてくれなかった黛騎手が騎乗というのが気がかりだが、これが3度目の騎乗なので今度こそ結果を出してほしいものだ。

 そして日曜日は小倉の3歳未勝利戦にローズカスケイドが出走。未勝利戦も少ししか残っていないのでここで勝ち上がって欲しい(これが5戦目なので着外でもスーパー未勝利の出走権はあるが)。減量騎手の起用で斤量が軽くなるので好走に期待しよう。

ブルーヘヴン 17/09/02 札幌9R 3歳上500万下 ダ1700m 52kg 黛弘人 14頭立 8枠14番 14:15発走
札ダ稍  67.8 52.6 39.5 13.3  一杯に追う
ハヤブサレジェンド(二未勝)馬ナリの内を0.4秒追走0.6秒遅れ
ダートコースで併せ馬で追い切り。競馬ブック社の計測では追走となっているが、実際には1馬身ほど先行。リードを保ったまま直線に向き、終いしっかりと追われたが、相手の伸びが勝り、最後は3馬身ほど遅れてゴール。相手は調教でもかなり動く馬で、騎手が騎乗していたこともあり、遅れは致し方なしか。最後まで止めずに走れており、動きは問題ない。3鞍ある札幌(土or日)ダ1700m戦に出走を予定しており、想定の段階ではいずれかのレースには出走できる見込み。「直線で一気に抜かれてしまいましたが、最後まで止めずに一生懸命に走れていましたよ。時計的には本馬としては充分に出ており、状態は変わりないですね」(助手)。「今回もブリンカーパシュファイヤーを着けていきます。絡まれずに逃げて、どこまで粘れるか見てみたいですね」(師)

ローズカスケイド 9/3(日)小倉6R 3歳未勝利〔芝2,000m・18頭〕51kg 森裕太朗 発走12:50

斉藤崇史調教師「30日にCWコースで追い切りました。この1週間の間にかなり飼い葉を食べるようになり、前走時より馬体はかなり増えてきたことで、今回は負荷をしっかり掛けて行うことが出来ました。最後までブレずにいい走りを見せていましたし、ここ最近の中では一番と言っていいぐらい、良い状態でレースに臨めそうです。夏前あたりに今ぐらいの状態だったらもっと調教をしっかり積むことが出来たのですが、これまではどうしても馬体を気にしながら進めていたこともありましたからね。今回は減量騎手の森裕太朗騎手にお願いしました。3kg減は有利に働くと思うので、末脚を上手く活かしてほしいですね」