毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

シルクのリビアーモ15に出資決定

 本日、シルクホースクラブの一次募集馬の結果発表があって、リビアーモの15に無事出資することができた。もう1頭、白毛でお馴染みのユキチャンの仔も人期になると思って1次募集で申し込んでおいたのだが、そちらは抽選でハズレ。でも、もっと人気の馬に出資できて良かった(シルクの今年の募集馬で2番目に人気だったらしい)。

 一次募集では500口に対して申込み口数が1727口という3倍以上の倍率となった。シルクは500口のうち300口は過去3年の出資実績(金額)の高い人から割り当てられるのだが、この馬の実績枠のボーダーラインは 2,980,000円だったそうだ。こりゃ、手が届きませんわ。というわけで残りの200口の枠を1500口以上の申込みから抽選で選ばれた模様。実質7.5倍以上の倍率だった。

 非サンデー系なのにここ数年リーディングサイアー争いをしているキングカメハメハ産駒に出資したいと考えていて、何頭か募集されていたキングカメハメハ産駒の中で最も馬体がよく見えたのがこの馬。父も期待できるが母系もサクラハゴロモサクラバクシンオーの母)に連なる魅力的な血統だ。しかも、サンビスタでお世話になった角居厩舎である。角居厩舎の馬への出資馬はサンビスタクイーンマンボに続いて3頭目。牡馬はこれが初めてだ。サンビスタ並の、いや、それ以上の活躍に期待しよう!

 この馬の実績枠のボーダーラインも高かったが、シルクで最も人気の馬であるピラミマの15のボーダーラインは 9,286,000円だったそうだ。年平均300万以上の出資をしていないと実績枠には入れないということだ。逆に言うとそれ以上出資しているシルクの会員が最低でも300人はいたということである。500口で募集されるシルクは一口あたりの出資金がそれほど高くなく(といっても近年は馬自体が高いというのが増えたが)、庶民的な一口クラブだと思っていたし、だからこそ入会したのに。私なんて15年以上やってて全出資馬の出資額を足してもそのボーダーラインに届くかどうかだぞ(計算してないけど)。