毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

サンビスタが栄光の名馬たちに登場(GChはノンスクランブル放送)

 競馬界では日本初の国内での海外馬券の発売がある凱旋門が話題になっているが、凱旋門賞当日であるからだろうか、今日(10/2)のグリーンチャンネルは終日ノンスクランブル放送だそうである。つまり、スカパーかBSの電波が受信できれば、グリチャの契約をしていなくても放送が見れるのである。

 そして今日の20:30からの「栄光の名馬たち」は我が出資馬であるサンビスタである。

 私はグリーンチャンネルWebで見ていて、CATVやBSのグリーンチャンネルは契約していないのだが、Webの場合録画ができない。サンビスタが栄光の名馬たちに出ると聞いたときは録画したいなと思ったのだが、BSがノンスクランブルなら録画ができる(マンションの共同受信で受信はできるので)。

 というわけで、グリーンチャンネル未加入の人でも見れるし、Webしか入っていない人でも録画ができるので、ぜひ見てみよう。なお、5回放送されるが、ノンスクランブルだと判明しているのは今のところ今日だけ(たぶん10/10も月曜開催なのでそうなる可能性が高いが)なのでご注意を。

サンビスタ 主な勝ち鞍:チャンピオンズカップ
2016年10月の新作は、サンビスタです。サンビスタのデビューは3歳の3月(2012年)の未勝利戦とやや遅く、初勝利まではそこから3戦を要しました。その後500万下を2戦目で勝ち上がると翌2013年は条件戦でじわじわと力をつけてランクアップ。2014年に門司Sの勝利を機に地方交流競走も視野に入れ、8月のブリーダーズゴールドC(Jpn3)でついに重賞初勝利。その2戦後には盛岡のJBCレディスクラシック(Jpn1)をレコードで勝利してついにG1馬の仲間入りを果たします。その後もコンスタントに好成績を続け、2015年は地方交流競走でTCK女王盃(Jpn3)、マリーンC(Jpn3)、レディスプレリュード(Jpn2)を制して暮れのチャンピオンズC(G1)に臨みます。サンビスタは12番人気と人気薄でしたが好スタートから中団に控えると、内でずっと我慢。3~4コーナーで先頭との差を詰め、直線外に出すと一気に先頭をとらえてそのままゴール。見事中央のG1制覇となりました。このレースを最後にサンビスタは競走馬登録抹消。その後は北海道日高郡新ひだか町グランド牧場真歌繁殖場で繁殖生活に入っています。

10月2日(日) 20:30~21:30

10月10日(月) 19:00~20:00

10月13日(木) 13:30~14:30

10月16日(日) 20:30~21:30

10月23日(日) 20:30~21:30<
栄光の名馬たち/セレクション | ~中央競馬を見るならグリーンチャンネル~
<

 ちなみに、その後実施される凱旋門賞だが、オッズを見て検討しようと思っているのでホームページやブログには予想は書かないことにする(笑)。日本独自でオッズを算出するのでマカヒキが過剰人気なようなら別の馬から行く予定。
 マカヒキも3歳で斤量的に有利だし、父ディープインパクトは失格になったものの凱旋門賞で3位入線しているのでヨーロッパの芝への適性も問題ないだろう(ただし今年はロンシャンではなくシャンティイで実施)。チャンスはあると思う。マカヒキを買うかどうかはオッズと相談かな。