読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

帝王賞観に大井に行ったら最終Rにデュナトスが出走してた

 今日は上半期のダートグレードの締めくくりである帝王賞を観戦しに大井競馬場まで行ってきた。大井競馬場に着いたら入場者プレゼントの帝王賞グラスが当たった。馬券を買う前から幸先の良いスタートだ(笑)。

 メインの帝王賞には中央馬が7頭参戦していた。パドックを見ているとその7頭の中央馬のうち最も人気のない牝馬アムールブリエが最も良さげに見えた。人気もないことだし、来れば儲かるのでそのアムールブリエを軸に三連複で残りの中央馬6頭に流しで勝負することした。

 そしてレースの方は我が本命のアムールブリエが好位に付ける。しかし、3コーナーで力尽きて、あとはズルズルと後退していく一方だった。パドックではよく見えたのに、このメンバーでは厳しかったか…。
 道中3番手に付けたコパノリッキーが4コーナーで先頭に立ち、直線で後続を突き離して圧勝。馬場状態は不良だったが、この馬は昨年秋に同じ不良馬場の大井2000mで行われたJBCクラシックも制している。不良馬場の大井では本当に強い馬だ。
 3馬身半差の2着はノンコノユメチャンピオンズカップフェブラリーS古馬路線になってからのGIでは惜しい2着が続いているが、またしても2着だった。コパノリッキーには完敗だったものの3着以下には5馬身差を付けているので強いレースをしていると言えるのだが、勝った馬が強すぎた。
 以下サウンドトゥルーホッコータルマエと入線。昨年のJBCクラシックの1~3着馬がその順番で来て、その間に当時3歳だったノンコノユメが割り込んできた形となった。
 ちなみに、去年ノンコノユメが勝ったジャパンダートダービーも不良馬場の大井2000mで行われている。つまり、去年の大井2000mの不良馬場で行われたJpnIの活躍馬を狙えば良かったということだ。そもそも昨年大井2000mで行われたGI・JpnIを勝った馬が1~4着を独占している。コース実績のある馬が力を発揮したということである。


 さて、帝王賞のスタートを待つ間に最終レースの馬柱を見ていたら、私の元出資馬であるデュナトスが出走していることに気づいた。再ファンドは組まれず現在は馬主が生産者でもあるグランド牧場となって川崎の佐々木仁厩舎に所属している。せっかく私が来ている日に元出資馬が出走しているのだから、見ていくしかないだろう。というわけで最終レースまで観てから帰ることとした。

https://www.instagram.com/p/BHPKYGID5JH/
元出資馬デュナトス現在はグランド牧場が馬主

 馬券はデュナトスの単勝勝負。デュナトスは出遅れて後方からのレースとなったものの、見事な追い上げを見せ、直線では力強く伸びて来た。「やまざき~!」と叫び続けたら、その私の魂の叫びに応える様に他馬を差し切って勝利を物にした。3コーナーで馬券のハズレが確定的となった帝王賞よりも興奮したな。

 これで今日の馬券収支はプラスになるぞ…と思ったのだが、私が馬券を買った時は6倍ぐらい付いていたデュナトスの単勝は最終的に3.5倍まで落ちていた。結局1番人気だった。というわけで収支はちょい負けだったが、久しぶりにデュナトスの勝利を見れて、大井まで行った甲斐があった。行く前はデュナトスの出走自体気づいてなかったけど。