毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

関東オークスを観に川崎へ

 今日は川崎競馬場に行ってきた。関東オークスを観るためである。

 というわけでメインは関東オークスであるが、その前に準メインの入梅特別(B1)。

 入梅特別では馬主生産ともにグランド牧場のファイトユアソングを軸にして、何頭かに流した。グランド牧場といえば私が好きな馬主であり、ダートではよく穴を開ける。鞍上は和田譲治騎手だ。

https://www.instagram.com/p/BGq-QzvTDXv/
グランド牧場の馬ファイトユアソングに和田譲治騎乗。似てるけどグランド牧場ではなく和田譲治騎手の勝負服。

 和田譲治騎手の勝負服は上の写真の通り、中央競馬におけるグランド牧場の勝負服に似ている。胴の線が1本か2本かの違いである。ファイトユアソング地方競馬所属の馬なので勝負服は馬主の服ではなく騎手の服を着用するのだが、全く違和感がない(笑)。このファイトユアソングに和田騎手が乗るようになって4戦目だが、何故かそのうち3回は生で観戦している。

 グランド牧場の馬に勝負服が似ている和田騎手が騎乗というのも注目だが、パドックで見た感じが良さげだったので、その馬を軸にワイドで流しておいた。

 そして結果は3着だった。馬連ではなくワイドにしておいて正解だった。しかも勝ったモフモフとのワイドは本線だったので厚めに賭けていた。2着馬とのワイドも的中し、結構付いたので儲かった。ファイトユアソングは和田騎手になってから初めて結果を出せた。

 というわけで、準メインで関東オークスの軍資金を稼ぎだすことができた。資金的に余裕ができたこともあり、関東オークスは2番人気のタイニーダンサーから残りの中央馬3頭に三連複流しで勝負することにした。中央馬4頭の実質4頭立てだと思われており、人気もその4頭で分けあっていたのでそういう馬券を買ってもそれほど儲からないのだが、トリガミにはならない程度のオッズは付いていた。

 タイニーダンサーは門別で重賞を勝ちまくって中央に移籍してきたのだが、中央移籍後の2戦は結果を残せていなかった。しかし、今回は牝馬同士だし勝ち負けになる筈である。そう確信して本命にした。

https://www.instagram.com/p/BGrBw29TDdY/
パドックのタイニーダンサー

 そしてレースは見事にタイニーダンサーが勝利!最後は突き抜けるような鮮やかな勝利で後続に2馬身半差を付けた。

 しかし、私の馬券は当たらず(涙)。中央馬4頭全てが掲示場入りは果たしたのだが、2着に来たのが船橋のミスミランダーだった。昨年末の東京2歳優駿牝馬で人気薄ながらモダンウーマン、リンダリンダといった後の浦和桜花賞1,2着馬に次ぐ3着に健闘した馬だ。今回は中央馬の中に割って入り2着と大健闘。中央馬で決まると予想していたのだが、番狂わせな強い馬がいた。

https://www.instagram.com/p/BGrGRLZzDWa/
関東オークス表彰式。向かって左の二人は実の兄弟。

 馬券は外れたものの、生産も馬主もグランド牧場のタイニーダンサーが勝ったのは嬉しい。タイニーダンサーの中央での所属厩舎は伊藤圭三厩舎であり、伊藤圭三調教師はグランド牧場の社長さんの実弟である(ちなみに彼らのお父さんは先代の社長)。グランド牧場は毎回社長さんが来るわけではないのだが、今回の表彰式には社長さんが来ており、上の写真のように兄弟のツーショットとなった。ちなみに、その写真に写っている騎手は和田譲治騎手ではなくグランド牧場の勝負服に身を包んだ戸崎騎手である。念のため。

 タイニーダンサーは私の出資馬スーパーノヴァの全妹である。妹がこれだけ活躍しているのに、スーパーノヴァは今だに1勝もしていない。だからタイニーダンサーが勝ったのは嬉しい半面、微妙な気分でもある。奇しくもスーパーノヴァは現在川崎競馬の所属である。妹に負けない様に頑張って欲しいものだ。妹は先行して結果を出せているのに、兄は出遅れてばかりいる。この兄妹で決定的に違うのはスタートの巧さだけで、能力的にはほとんど違わないと思うんだけどな…。