毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

サンビスタのチャンピオンズカップ祝勝会

 昨日は大阪で一口出資馬であるサンビスタチャンピオンズカップ優勝祝賀会に参加してきた。

 昼間は祝勝会に同伴する人が来賓席をとってくれたので阪神競馬場で競馬観戦(それがなくても競馬場に行ったような気もするが(笑))。PATの口座の残高が尽きるまで馬券を買って、最終レースは紙馬券を買ったが、その最終レースが押さえの単勝だけ的中し、ノーホーラだけはどうにか免れる。

 競馬終了後に阪急の梅田行き臨時急行に乗り、会場のある梅田に直行。臨時急行は西宮北口に止まらないため神戸方面の人が乗ってこないこともあるのか、急行の割に意外に空いてた。

 開始10分ぐらい前にようやく会場に到着。始まってからだとそんな余裕はないかも知れないので急いで展示物が置いてあるところに行き、優勝レイやトロフィー等の写真を撮った。

https://www.instagram.com/p/BC5GLaUzDQQ/

https://www.instagram.com/p/BC5Gdl3TDQ8/

 ここでは全部は紹介していないが、前回JBCレディスクラシックの祝勝会が行われた後にチャンピオンズカップをはじめ4つの重賞を勝っていて、それら全てのレースに関わるものが展示されていたので、前回よりも豪華だ。

 乾杯の後はサンビスタのドキュメンタリー風の映像が流れる。主に前回の祝勝会以降のレースが中心だった。かなり感動的な映像でサンビスタファンにはおすすめなのだが、DVD化の予定はない模様。

 その後は関係者のスピーチであるが、今回はグランド牧場の社長さんは来れずに奥さんが来ていた(前回は飛行機が欠航してしまい静内の関係者は全員来れずに天理高校在学中の息子さんが挨拶していたのだが、種付けシーズンで忙しいせいか今回も社長は欠席)。社長の奥さんといえば、昨年の夏に牧場見学に行った時に案内してくれた方だ。私のことは覚えてるかな?

 その社長夫人の口から、サンビスタにはルーラーシップを種付けしたということが発表される。デイリースポーツは早速Web上で記事にしていたな。この祝勝会で発表になるかもという噂があったので楽しみにしていたのだが、初年度の種付け相手は現役時代同じ角居厩舎に所属していた種牡馬ルーラーシップだそうである。これは生まれる前から所属厩舎が決まっているようなものだ。もし、ユニオンで募集されるのならぜひ出資したい。人気になるだろうから、口数以上の応募があった場合は母の出資者を優先するようにしてもらいたいな。

 その後は関係者のトークショー。昨年と同じく聞き手は総合司会をしている目黒貴子さんと、ユニオンの会報に連載を持っている井上オークスさんだった。そして主役は角居勝彦調教師、ミルコ・デムーロ騎手と角居厩舎の嘉堂調教助手、前川調教助手というサンビスタの出資者やファンにはおなじみのメンバーだった。

https://www.instagram.com/p/BC5GlvpzDRN/

 相変わらず嘉堂さんと前川さんは親子の様に絶妙な会話をするコンビだな。

 その後は抽選会があった。昨年はBGMがユニオンのK谷女史の好みで選曲したのか80年代のJ-POP(主に一発屋的な歌手の曲が中心)だったが、今年も80年代の曲が中心だった。ただし、昨年よりも強烈な曲もかかっていた。おじゃまんが山田くんのテーマとか意地悪ばあさんのテーマとか。どこから音源見つけてくるんだろう(笑)。ユニオンの会員は40代以上が中心のため、抽選自体よりもBGMで盛り上がる。(んで私は抽選会では何も当たらなかった…。もっとも抽選会で何かあたるよりもレース当日に口取り権利が当たったのが相当嬉しんだけど。)

 あと、2014年のチャンピオンズカップで騎乗して4着だった松田大作騎手がゲストで来ていた(昨年は来なかったよな)。チャンピオンズカップでは乗らなかったがサンビスタの主戦騎手であり重賞6勝中4つを勝たせている岩田康誠騎手は中山で騎乗だったため欠席で、ビデオメッセージが放映された。

 今年も日本酒を飲むために配られたサンビスタの焼き印が押してある枡がお持ち帰り可能だったのだが、ゲストで来ていたおがわじゅりさんにサインを求めたらイラストも書いてくれた。

https://www.instagram.com/p/BC49ObCTDfB/
おがわじゅりさんに書いていただいた。「こないだTwitterでサンビスタは黒鹿毛ですと言った者です」と挨拶しておいたw

 実はおがわさんのブログで公開されているこのマンガが、Twitterで発表された当初は鹿毛って書かれていたので、「サンビスタ黒鹿毛です」とTwitterでツッコミをしていたのである。そのことを言ったら「本人と会えるとは」と言われ、サンビスタ鹿毛黒鹿毛の間ぐらいの微妙な色であるからね、とかそんな会話となった。

 そして、今回も帰りにおみやげが配れた。サンビスタのぬいぐるみ(限定バージョン)と、オリジナルワインである。

https://www.instagram.com/p/BC5domXTDXR/

 ぬいぐるみはターフィーショップで売られるやつも近日発売予定と聞いているが、今回のは限定品と言っていたのでオリジナルバージョンなのかな?自分の出資馬がぬいぐるみになるのは嬉しい限りである。

 終了後は角居先生にサインをもらったり、同伴者として連れて行った人が角居厩舎の強烈なファンということで先生や助手さんと一緒に写真を撮ってあげてたりしたら、時間がなくなり、急いで新大阪まで行って指定席を予約していた新幹線にギリギリ間に合った(会場が大阪駅隣接の場所で良かった)。

 帰宅したのは日付が変わってからというハードスケジュールだったが、この様な祝勝会に2度も参加できて良かった。サンビスタの子どもでもこういう会ができたらいいな。