毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

フォワードカール引退

 日曜日に東京競馬場の500万円以下条件に出走し惨敗したフォワードカールだが、これで引退する運びとなった。新馬戦を勝った時は期待したのだが、そのレース後に骨折し、復帰してからは惨敗続き。2桁着順が多く、掲示板にも一度も載らなかった。わずか1勝のまま4歳秋にて引退である。

 血統も良かったし新馬戦を勝った時は「何でこんなに人気無いの?」と思ったのだが、500万で頭打ちとなり志半ばでターフを去る事になるとは残念だ。

 今後は繁殖入りする予定であり、規約に基づいて募集価格の10%で提供牧場に買い戻されるそうだが、オークションにかけられる模様。高く売れたとしてもそれは提供牧場に入るだけで出資者に入る金額が決まってるのは残念。血統的には魅力な馬なので繁殖牝馬として頑張ってほしいな。

 これでシルクの出資馬はインプロヴァイズだけしか現役馬がいなくなった。2歳馬達もデビューしてくれないし。実は先日引退が決定したグレイスフルアートの代まででシルクを退会する予定だったのだが、インプロヴァイズが意外に走り、また、その頃から私の出資馬以外でもシルクの馬が活躍するようになったので、続けることにしたんだよな。まだ2歳や1歳に出資しているのでやめられないが(しかも2歳には高いけど大物感のある馬がいる)、インプロヴァイズだけが残るとは。

レース結果
フォワードカール
 11/22(日)東京8R 500万下(混)[芝2,300m・16頭]11着[15人気]

スタートを決めて好位に付け、道中は4番手を追走、3コーナー付近でペースが上がるとやや置かれ、中団に下がって直線に入りましたが、ジワジワとした伸びで大きく順位は上げられず、中団でゴールしています。

木幡初也騎手「出たなりで競馬するように言われていましたが、スタートが良かったですし、流れも遅かったので好位に付けられました。道中もリズム良く走っていたのですが、いざ追い出しても頭を上げて、自分でブレーキを踏んでいるような感じでした。気持ちの問題が大きいと思います。乗り味は良いので、もっとやれそうなんですけどね」

田中剛調教師「もう少し後ろで脚を溜めるイメージだったのですが、スタートが良すぎましたね。でも無理して出していっているわけではないですし、道中も折り合いは付いていました。最後もバッタリ止まったわけではなく、最近では一番頑張って走っていたと思います。ただ、ここまで馬具や乗り方など色々工夫してきましたが、このクラスで結果を出すことは難しいかもしれません」

近走の成績を考慮して今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られ、提供牧場から今週か来週のサラブレッドオークション(繁殖牝馬オークション)に上場される予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので予めご承知おきください。