毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

東京大賞典を観に大井競馬場へ

 昨日は有馬記念だったが、その翌日の今日は東京大賞典だった。
 今年は有馬記念が年末近かったこともあり、有馬の余韻が残る中での東京大賞典となった。
 有馬記念は昨年とは異なり現地にはいかず、東京競馬場のモニターで観戦だったが(その後のイベントのPuffyのライブも見たかったし)、東京大賞典大井競馬場まで行って現地観戦だった。

 東京大賞典はこのところ毎年のように現地に行ってるのだが、今年はスタンドの一部が改装中ということもあってか、かなりの人口密度だった。有馬記念並に人がいたんじゃないかな?収容人員等が違うので、そこまでではないだろうけど、体感的には有馬記念の日の中山並みだった。

 大井競馬場には東京大賞典の1個前のレースが終わったころに到着。

 馬券の方はパドックでよく見えたホッコータルマエワンダーアキュート、ローマンレジェンドの三連単マルチが本線。他にホッコータルマエを頭にして何頭かに三連単流し。

 レースの方はコパノリッキーが逃げてホッコータルマエが2番手に付ける展開で、この2頭でレースを引っ張っていく。ところが、向正面半ばあたりでロイヤルクレストが一気に捲っていき先頭に迫る勢いだった。結局ロイヤルクレストはバテてしまうのだが、その意表を付いた展開狂わせにも屈せず、直線ではコパノリッキーホッコータルマエの一騎打ちとなった。結局ホッコータルマエが突き離して勝利。チャンピオンズカップにつづいてGI連覇で完全復活である。2着はコパノリッキー。1,2番人気のワンツーとなった。

 ここで3着に来たのが船橋所属のサミットストーン。8番人気の伏兵だ。浦和記念で中央勢を退けて勝っているのだから力はあるのだろうが、パドックで暴れていたし、鞍上も石崎駿なので大舞台ではあまり期待できず、馬券的には切ってしまっていた。ホッコータルマエの頭流しの相手を絞り込む際に最後まで残っていたのだが、最後に切った馬が3着に来るなんて…。3連単の3着だけでも押さえておけば良かったのか。1,2番人気のワンツーにもかかわらず三連単万馬券

 東京大賞典の後は2レース行われた。どちらも御神本騎手が騎乗する馬から流した。昨年の東京大賞典観戦記を読み返してみると、昨年も全く同じ買い方をしている。しかし、昨年は両レースとも御神本が勝って相手を持っていなかったので外れたのに対し、今年は御神本の馬が両レースとも1番人気を裏切って馬券に絡まずに外したというところが昨年と違うところだ。まあ、両レースともハズレという点では去年も今年も一緒なのだが(苦笑)。

 私にとって今年の打ち納めとなるであろう大井参戦は結局ノーホーラに終わった。後味が悪いので、こうなったら明日や明後日も馬券を買ってみるか(笑)。