毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

ユニオンの懇親会に初参加

 今日はユニオンオーナーズクラブの懇親会だった。ユニオンの会員になって初めて懇親会に参加してきた。

 昨年は申し込んだのだが、結局キャンセルしてしまった。ジャパンカップ当日でしかもジャパンカップの発走時刻がいつもりより遅かったため、府中でJCを観戦してからだと17:30までに会場の品川プリンスホテルまで行くのが不可能だったからである。ちょうどその日、他クラブの出資馬が東京競馬場のレースに出走していて、せっかくJCの日に競馬場に行くのだからJCを見たかったので懇親会はキャンセルした。お目当ての牧場の方も来ないらしいし。

 というわけで初めてのユニオン懇親会である。一口馬主クラブの懇親会への参加自体が2005年1月に行われたシルクのパーティー以来なので約10年ぶりぐらいだろうか。

 昼間は東京競馬場で競馬観戦をしていて、東京最終レース終了直後に府中本町駅まで向かい、そこから品川へと向かう。会場は品川プリンスホテル

 立食形式のパーティーだったのだが、各テーブルには懇親会に参加する牧場の名前の書いた立て札が置いてあった。ユニオンの懇親会といえば牧場の方と身近に交流ができるのが他クラブには無い特徴なのだが、牧場の方のテーブルは予め決められているようだ。自分が出資している馬の牧場があればそこに行けば良いのだが、私がユニオンで今までに出資した馬は5頭全てグランド牧場生産であり、そのグランド牧場は不参加なので、私の出資馬の生産牧場の席はどこにもない。どこに行けばいのかわからないので適当にフラフラする。ちなみにグランド牧場はユニオンの主力だと思うのだが、今年の1歳募集馬のラインナップには1頭もいない。どうしちゃったんだろうね?

 今年は私の出資馬サンビスタが、ブリーダーズゴールドカップJBCレディスクラシックを制覇しており、ユニオンの今年唯一の重賞勝ち馬である。会場にはその両重賞のトロフィーとレイが飾られていた。

http://instagram.com/p/vxvnfxzDVG/
サンビスタのトロフィー&レイ

 出資している馬の牧場の方が来ていないのは非常に残念だが、「GI馬の出資者」として懇親会に参加できるのは気分が良い。なお、来年1月の3週目か4週目に京都でサンビスタの祝賀会を行うということが発表された。

 立食パーティーだが、食べ物がすぐ無くなってしまう。これはちょっと改善すべきかな(ただし会費は今のまま3000円で)。

 会場内をあちこち回っていると、サンビスタの色紙をテーブルに置いている人を見かけたので話しかけてみた。名札を見たら見覚えのある名前だ。以前ユニオン会報の読者投稿の写真プレゼントでサンビスタの写真が当たったことがあるのだが、その写真を提供して下さった方である。会報の写真コーナーでよく名前を見かけるIさんという方だ。サンビスタを管理する角居調教師と友人らしく、その色紙を厩舎に届けるのだそうだ。Iさんと話しているとサンビスタの出資者の方が何人か集まってきて、サンビスタ談義で盛り上がる。

 終わりの方で抽選会が行われ、そこで特別賞が当たった。SECRET AGENT ALARM CLOCKという拳銃型の目覚まし時計らしい。説明が全て英語で書かれていて使い方などよく分かっていないが。こんなものを当てるよりも、正規に申し込んだ日高のシシャモを当てたかったぞ。

 そして、抽選会が終わると「サンビスタの出資者の方はステージに集合してください」と言われた。先ほどの両重賞のトロフィーとゼッケンを持って、集合写真を撮影するそうだ。これはプログラムに載ってなかったサプライズである。まあ、Iさんから聞いていて事前にわかってはいたのだが。サンビスタの出資者で今日の懇親会に参加したのは10人。盛岡競馬場でのJBCの時の口取りの定員と同じ人数だが、盛岡の口取りは抽選になって私は盛岡にいたにもかかわらず参加できなかったぞ。盛岡での口取り申し込み者よりも、東京での懇親会に参加した出資者の方が少なかったってことだよな。というわけでトロフィーを持って他の出資者達と一緒に記念撮影をした。愛馬がGIを勝った年に懇親会に参加できて本当に良かった。

 懇親会ではレースで使用したゼッケンのプレゼントがあり、帰るときに当選者を確認したら、レイキッシュボーイのゼッケンが当選していた。ユニオンでは現時点で唯一口取りに参加した馬なので嬉しい。少なくとも拳銃型目覚まし時計をもらったことよりは(笑)。と思って今もらってきたゼッケンを見てみたら番号は「6」と書いてある。馬番号が6番だったのはどのレースだろう、と思って調べたらビリだった時じゃないかよ(爆)。