読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

シルクプラズマ中央初勝利

一口馬主

 先日の記事のコメント欄にもカイタノだが、「シルクプラズマ」で検索して来て下さった方が結構いらっしゃるようなので独立した記事としても書こう。

 というわけで、先日(5/19(日))新潟競馬場第6レースで一口出資馬シルクプラズマが中央初勝利を挙げました。

 ようやくというか何というか。

 先行して3番手でレースを進め、直線で抜け出しを図る。最後はタイセイローマンとの一騎打ち。どうにかハナ差捉えたところでゴール板を通過した。

 クラブのコメントでは1800mより1700mの方がいいみたいなことが書かれていたが、脚色では優っていたがわずかに及ばず2着に惜敗した前走(1700m)と、最後の最後で勝ち馬を捉えた今回(1800m)を見ていると1800mの方が向いているように見える。

 入線後に足元を気にするそぶりを見せたので下馬していたが、診療所まで運んで馬運車を降りる頃には通常の歩様に戻っており、検査の結果も特に大きな異常は見られなかった模様。大事に至らなかった様で一安心。

 この馬は2着や3着が多くて賞金は稼いできてくれるのだが、収得賞金が10万円なので「平地競走に出走した4歳および5歳の収得賞金200万円未満の馬(4歳の馬は春季競馬において行う競走を除く)」は特別出走手当が半額という規定なので出走しても出走手当が半額しかもらえなかったのだが、これでやっと満額出るようになった。しかも来年は6歳なので「平地競走に出走した6歳以上の収得賞金200万円未満の馬 」は特別出走手当を支給しないという規定もある。次走以降は出走するだけで手当を稼いでくる様になるので良かった。

 収得賞金が10万円なので、未勝利のまま一旦中央を引退して名古屋競馬に移籍し、そこで2勝を挙げて中央に復帰したからである。地方移籍時に再ファンドとなって再出資した馬だが、その時応募した甲斐があるというものだ。