毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

東京スプリントを観に大井競馬場へ

 春が来て大井競馬場ではトゥインクルレース(つまりナイター競馬)が再開された。

 今日は交流重賞東京スプリント(JpnIII)。その東京スプリントを観に大井競馬場へ行ってきた。昨年の東京大賞典の日以来の大井競馬場

 お目当てはDr.コパこと小林祥晃さんの所有馬で私が応援しているグランド牧場生産のラブミーチャン。昨年3年ぶり2度目のNAR年度代表馬に輝いた名牝だ。昨年の東京盃を勝っているし、大井の1200mなら中央の強豪相手でも十分勝負になるだろう。

 そう思ってラブミーチャンを本命にした。買った馬券はラブミーチャンとグリグリの1番人気のセイクリムズンを1、2着付けにして、残りの中央馬と南関の強豪で内田博幸騎手騎乗のスターボードに三連単均等流し。もちろんセイクリムズン頭は単なる押さえでラブミーチャンが勝たないと大して儲からない組み合わせ。

 ラブミーチャンには期待していたが、問題は鞍上がテン乗り戸崎圭太騎手だということ。別に戸崎が下手だとは思わないが、南関所属時代は私と馬券的相性が最悪の騎手だった。買えば来ないし買わなきゃ来る(しかも戸崎がいなかったら的中の場合が多い)。今年から中央に移籍して「南関東の戸崎」ではなくなったが、南関のレースで(しかも南関でも中央でもない馬で)彼の馬券を買うことになるとは…。応援している馬に戸崎が乗っているのに相性最悪の私がその馬を本命に馬券を買ってもいいものだろうか?私が馬券を買ったせいで負けたりしないだろうか?そんな心配が頭をよぎった。

 そうこうしているうちにレースが始まった。ラブミーチャンは5番手辺りに付ける展開。先行はしたもののハナを切らないどころかハナ争いにすら加わっていない。ハナか番手でそのまま逃げ切るというレースを期待していたので、この時点で「今日はダメかな」と思った。

 しかし、4コーナーを回って直線に入ると、外から先頭集団に並びかける。そして先頭に踊り出た。「これはやれるかも」と思い「戸崎、そのまま!」と叫んだ。1番人気のセイクリムズンが2番手に出てくる。「そのままでいい」「戸崎交わされるなよ」私の願い通り、猛追するセイクリムズンを半馬身後ろに置いたままラブミーチャンがゴール。2着がセイクリムズン、3着が中央馬のセレスハント。三連単的中だ。しかも万馬券。ゴールの瞬間は思わずガッツポーズをしてしまった。好きな馬の勝利も嬉しいが、馬券的中で二重に嬉しい。

 南関東の競馬場で戸崎が勝ったレースの馬券を当てたの何年ぶりだろうか?思い出せない。中央に移籍して私との馬券的相性の悪さは解消されたかな?別に戸崎を嫌いなわけではなく、馬券の相性が悪かっただけ。純粋に騎手として見た場合、いい騎手だと思うので今後も頑張って欲しい。次もラブミーチャンに乗るのかどうかは分からないが。

 昨年の東京杯に続いて、関東の競馬場でラブミーチャンが勝つ所を生観戦できた。全日本2歳優駿を勝った時も生観戦していた(ただしそれは馬主もグランド牧場の他の馬3頭が主な観戦目的だった)し、私は関東でのラブミーチャンの重賞勝利は全て生で観てるんだな。