読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

遠征記2日目(盛岡競馬場から青森へ向かう)


 先日このブログで書いた通り、今日から北海道&東日本パスを使って北の方へ遠征中。
 遠征の計画はこちら。ただし、行き当たりばったりな旅行のため計画は変更になる可能性あり。


 今日は盛岡競馬場交流重賞クラスターカップが行われる。というわけで今日は盛岡競馬場へ。

 盛岡のホテルで朝食後、駅前のバスターミナルの競馬場行きバスのりばに向かった。しかし、10:40発車だと思っていたバスが来ない。よくよく調べたら10:30発の様だ。そして次のバスは11:30発。他にも同様に勘違いしてその時刻に競馬場行きのバスのりばに来ていた人が何人かいたので、私の勘違いというよりは古い時刻表を見てしまったのだろう。というわけで11:30まで駅周辺をぶらつくこととする。おかげで駅ビルのおみやげ屋街で去年来た時に旨いと思った「ずんだシェイク」を今年も飲むことができた(笑)。

 というわけで11:30のバスで盛岡競馬場へ。競馬場行きのバスが市街地を通り抜けて人里離れた山の中に入っていく情景は盛岡競馬場ならではである。競馬場に着くと入口では指定席券が売られていた。1200円なのだが、ドリンク飲み放題無料と書かれている。盛岡競馬場の入場料は200円なので一般席との差額は1000円。これは1000円分飲み物を飲めば元を取れるかも知れない、ということで指定席券を買ってしまう。

 というわけで、屋台で売られていた牛タンで腹ごしらえした後は冷房の効いたガラス張りの指定席へ。着いた直後のレースは第3レースだった。パドックを見ながら予想をしていて、馬券を買おうと思ったらのんびり構えすぎたせいか締め切られていた。そうしたらそのレースは馬連1点で買おうと思っていた通りのワンツーで決まってしまう。10倍以上の配当が付いたようだ。まだ朝も早いし100円しか買うつもりは無かったのだが悔しいな。

 その後はクラスターカップの1つ前のレースまで全く当たらず。パドック見て当初の予想から買い目を変えたら、変える前の当初の勝負予定の通りに決まったりとチグハグな内容。去年来たときは全部ダートのレースだったので、2年ぶりに地方の芝コースでのレースを見れたのは良かったかな。

 メインのクラスターカップのパドックの時に一般席エリアに降りる。大して混んでなかったのでメインぐらいは間近で観たほうがいいだろう。まずは、盛岡競馬場名物ジャンボ焼鳥を食べた。店のオススメのガーリックソルトにレモン汁を垂らして食べたらメチャメチャ旨い。っていつもの様に競馬の旅打ち文を書くと食い物の話になってしまうな(笑)。こないだ姫路に行った時は食べ物に関しては「特記事項なし」だったが。

 クラスターカップはタイセイレジェンドを頭でセレスハントとヒカルジョディーを紐に三連単で色々流す。本命視されていたセレスハントは岩田騎手が騎乗する予定だったが、関西方面で発生した大雨洪水の影響で移動が間に合わず、田中勝春騎手に乗り替わりだった。前売等で岩田が騎乗する前提で買った人も多いだろうから人気過剰になると思って、セレスハントは馬券的には評価を下げて勝負。まあ、最終的にはタイセイレジェンドが1番人気になっていたのであるが。

 1頭放馬した馬がいてその馬が除外となったのだが、その際に埒にぶつかって埒が壊れてしまい、修復のために少し遅れての発走となった。結果は我が本命で最終的に1番人気となったタイセイレジェンドが圧倒的強さで勝利を収めた。2着はセレスハント。そして3着には私が流していた1頭であるアイルラヴァゲインがやってきた。三連単的中である。私が応援している元岩手馬トウホクビジンは5着。これが99戦目だそうである。今回はミスターピンクこと内田利雄騎手が騎乗ということでトウホクビジンにも流していたのだが、そのトウホクビジンが3着に来てくれれば儲かったのに。三連単は20倍ちょっとの配当で、この日の負け分を取り戻すか取り戻さないかという程度の払い戻しがあった。


 時間の都合上、メインレース終了後に駅に戻る必要がある。そこで無料送迎バスに乗ろうとバスのりばに向かうが、バスはちょっと前に出たばかりだった。メインレース発走後20分後の発車予定ではあるが、メインレースの発走が遅れたのに定刻通りにバスが出てしまうなんて…。しかたがないからタクシーで駅へと向かう。盛岡競馬場は駅から結構遠いのでこれは痛い出費だ。3000円ほどかかった。

 盛岡駅からは三セクの鉄道を乗り継いで青森へ向かう。IGRいわて銀河鉄道ににいわて沼宮内行きってのがあったので乗ってみたが、終点のいわて沼宮内駅は新幹線の駅がある場所とは思えないぐらい何もないところだった。しかもお盆なので数少ない売店も6時で閉めちゃっている。シャッターの降りかけた食堂兼売店でサンドイッチを1つ買った。今日の夕食これだけ。と思ったが盛岡駅で買ってきた南部せんべいいろいろ9枚セットがあったので電車の中で南部せんべいも食べたか。

 途中三戸で電車を乗り換えて青い森駅鉄道で青森へ。急行はまなすの指定席が取れなかったので、出発には1時間ほど時間はあるが青森駅でははなますの自由席を確保すべく急行はまなすのホームへと向かう。既に並んでいる人はいたが、席は確保できそうな込み具合だ。

 はまなすの発車ホームである3番線から向かい側にある1,2番線ホームを眺めてたが、そのホームは青い森鉄道用になったので半分ぐらいで柵をしてあった。JRだった時の名残でホームは長いが、特急等は止まることがないので実際に使われている部分は短い。柵の向こうの立入禁止エリアにまで蛍光灯が点いていたが必要あるんだろうか?もうちょっと節電というこのを考えたほうがいいのではないだろうか>青い森鉄道さん。


 というわけで無事にはまなすの席を確保できたので、夜行列車の中で寝ることができる。北海道&東日本パスは青春18きっぷとは違い、急行料金だけ払えば急行には乗れるので数少ない急行であるはまなすは重宝する。なお、翌朝は終点札幌までは行かずに苫小牧で降りる。