毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

東京開催皆勤賞

 今回の東京開催に入って毎週のように月曜日に競馬まとめ日記を書いていたので、せっかくだから今週も書く。府中開催も最後だし。というわけで府中最終週も土日共に東京競馬場に出陣し、見事に皆勤賞を達成。皆勤賞といっても別にご褒美とかがあるわけでもなく、単に自己満足の世界なのであるが。

 土曜日はこの日記でも書いていたとおり、我が一口出資馬シルクプレストが最終レースに出走。口取り権利も当たったので、競馬場に行かないという選択肢はありえない。口取りのためにスーツを着て競馬場に。

 土曜のメインはクイーンカップ。見事に1着3着だった。2着に勝浦の馬が来たのだが、その勝浦は今年絶不調で今だに未勝利である。その絶不調騎手が重賞で2着。未勝利で終わる様な騎手ではないのでこれを機に調子を取り戻して欲しいよな。

 そして最終レースは私が口取り権利を持っているシルクプレストの出走レース。集合場所が「2階総合インフォメーション前」ということだが、どこなんだろうと思ったら、いつも私が出入している西門のすぐ近くの案内所だった。今までそこは1階だと思っていたのだが2階だったのか。そんなことは知らずに3階を(2階だと思って)探し回っていた。早めに集合場所に行ったのだが、集合時刻ぎりぎりになってようなくとシルクの係員の方がお見えになった。おかげでパドック見れなかったし。

 レースの方はいいとこなしの11着。期待していたのだが、休養明けはこんなものなのか。もうちょっと前付けすればよかったのに。あと厩舎のコメントによると左回りは苦手な様である。私のホームの東京競馬場で活躍してくれたら本望なんだが、左回りが苦手だとはね…。


 日曜日は朝から体調が悪かった。しかし、それでも競馬場に行く。前日まで皆勤を続けていたのにGIの日に限って行かないというのは何かもったいない様な気がしたし、せっかく地元でGIなんだから見に行きたいものである。Twitterとかで見ている限りでは朝から競馬場入りしている人が多かったが、私は体調不良だったので、最後の3レースのみ現地参戦。さすがに午前中から行くと体が持たないと思っていた(だったら行くなよという声も聞こえてきそうだが)。

 フェブラリーSでは今年から新しくなったGI本馬場入場行進曲のお披露目だったが、何だかな…といった感じだ。というかいつのまにか入場行進が始まっていたという感じだったし。前の入場曲の様な「さあビッグレースが始まるぞ」といった期待感や高揚感がまるでない、空気のような入場曲。私の主観だけがそうだというわけではなく、Twitterのタイムラインで見る限りは評判はよろしくないようだ。前の曲に戻せよというのが大方の声。やはりこの手の曲はすぎやまこういちに限るよな。

 レースの方は2着と3着が逆なら3連単的中という結果だった。テスタマッタに注目したことは正解だったかもしれないが予想以上に強すぎた。勝ったエスポワールシチーはもっと強かったが。ローレルゲレイロがいるのでエスポワールシチーには厳しい展開になるのかなと思ったが、そんな不安を一層する見事な勝利。出資者のみなさんが本当に羨ましい。

 最終レースはJRAプレミアムのメイセイオペラメモリアル。メイセイオペラメモリアルということでフェブラリーSメイセイオペラに騎乗した岩手県競馬の菅原勲騎手が誘導馬に騎乗して登場。嬉しそうな表情は浮かべていたが、せっかく現役騎手を呼んでいるんだから特例としてこの日のレースの騎乗を認めてもよかったのではないだろうか?岩手県競馬は今は冬休みなのに、わざわざ東京まで出張に来ているのだから(地元で開催が無いから東京に来る暇があったのかもしれないが)。それで、このレースはダート1600mで中舘騎乗の馬ロラパルーザが外枠にいたので、外枠の逃げ馬有利なコースということでその馬を本命に。そしたらその馬は惜しくも3着。馬連で買っていたので馬券は見事にハズレ。それどころか逃げなかったし。中舘だから逃げると思って買ったんだけどな。府中で中舘を買うというのが間違ってるのか?まあ、そもそもその馬がもう少し頑張って連に絡んでも、勝った馬も2着の馬も連の相手に持っていなかったので結局ハズレなのだが。こういうプレミアが付くレースこそ当てたいのに当たらないのは残念だ。

 というわけで第一回東京開催は終了。次は2ヶ月後だ。