毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

シルクプレストが2勝目

 昨日(11/22)の福島9R(500万円以下平場)に出走したシルクプレストが、見事に2年半ぶりの勝利を飾ってくれた。これでようやく2勝目である。

 単勝76倍10番人気という低評価ながら、4角4番手当たりに付け、直線で前を行く人気どころの馬を内側から交わし、追いすがるバリアントバイオも振り切って2馬身差の勝利。

 怪我でデビューが遅れたもののデビュー戦で難なく勝ち、その時騎乗した柴田善臣騎手が絶賛していた馬であり期待していたのだが、500万に昇級後は泣かず飛ばずな上に脚下が弱く、長期休養を取りたまに出てきてはあえなく負けるという感じだった。挙句の果ては気性が悪すぎるため去勢をされて、しかも去勢手術明けで再入厩したら馬房の壁だか柱だかにトモをぶつけてまたもや休養という状態だった。

 しかも、ようやくその故障が治りレースで使える様になったら所属する尾形厩舎に馬房の空きがないということで星野厩舎に転厩となった。尾形先生に馬房を用意してまで使うほどではないと判断されたわけだ。今年まだ1勝しかしていない星野厩舎に引き取られることとなった。正直言って出資者である私はこの時点であまり期待していなかった。

 しかし、セン馬となって星野厩舎に転厩して2戦目で2年半ぶりの復活を遂げてくれた。シルククルセイダーよりも高かった馬であるし、デビュー戦で見せたパフォーマンスから期待が大きかった馬だが、復活してくれて何よりである。馬代金の元は取れていないが、苦労してきた馬だけに復活してくれて本当に嬉しい。同じ母父リアルシャダイで先日勝った私の出資馬シルクタイムレスが屈腱炎を発症したばかりだけに故障は心配だが素質のある馬だと思うので今後も期待したい。

 ところでこの日は福島に行こうかどうか迷ったのだが、結局行かずに地元の府中競馬場でテレビ観戦だった。mixiで某シルクの会員さん(プレストの出資者ではない)の日記を読むと、口取りには一般の出資者は誰も来ていなかったようだ。福島へ行けば良かったな。

 あと馬券的には単複100円分が当たっただけだったが(グランド牧場の馬ハエヌキとの馬連が本線だった)、2着にも人気薄の馬が来て馬連で8万馬券となる大波乱だった。馬連(or馬単)総流しでも買っておけばよかったよ。

 このレースで人気薄のシルクプレストを勝たせた大野騎手は次のレース(福島2歳S)でも人気薄の馬を勝利に導いた。シルクプレスト以上に人気のない馬をである。その次のメインレースは乗り鞍がなく、最終レースでは人気の一角を占める馬で見事に勝利。騎乗機会3連勝とこの日の大野君は絶好調だった。最終は大野騎乗の馬の単勝でしっかり馬券を獲らせてもらったよ。