毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

札幌遠征2日目

 札幌滞在2日目。ネットカフェで(結果的に外れることとなる)予想を書き上げ、PATで馬券投票をした後、札幌駅方面に向かう。途中大通り公園によってトウモロコシを食べる。やはり北海道で食べるとうもろこしは旨い。大通り公園といえばトウモロコシなのだが、その大通り公園には石川啄木が玉蜀黍について詠んだ歌の歌碑があった。啄木の歌に出てきたから名物になったのかな。

 そうこうしているうちに札幌駅に到着。みどりの窓口で帰りの電車等について調べる。今日の競馬場でのお目当てはメインの函館スプリントSもあるが、その前にスマートボーイ産駒の期待馬モアザンスマートが出走する第7レース(14:10発走)。そのレースまでには時間的にかなり余裕があった。というわけで、札幌駅から桑園駅まで散歩がてら歩いて向かうことにする。30分ぐらい歩いたかな。北大((青森県ではこう書くとパチンコ北大というパチンコ店のことを指すが、ここでは北海道大学のこと))って札幌駅からも札幌競馬場からも近いという、かなり凄い立地条件の場所にあるな。桑園駅前のAEONで昼食を摂った後、無料バスに乗って競馬場へ。桑園から競馬場なんて今まで歩いてきた距離に比べると大したことはないのであるが、無料なのでバスに乗ることとした。

 それでお目当てのレース(札幌7R)のモアザンスマートはどうだったかというと惜しくも2着。逃げた中舘騎乗の1番人気馬ストレートインに首差まで詰め寄ったが、惜しくも捕らえられなかった。複勝が3倍以上付くんだったら押さえておいても良かったかな。というよりは中舘がローカルで人気の逃げ馬に乗ってるんだから、逆らわずにその馬から行けば馬連は獲れたのだが・・・。

 さて、メインの函館スプリントSはというと、予想にも書いたとおり本命はグランプリエンゼル。何故か穴人気しており、最終的には1番人気にまでなっていた。そして「くまざわ〰!」っと叫んだ甲斐もあり、そのグランプリエンゼルが見事に勝利。しかし、2位入線したタニノマティーニは押さえてなかった・・・。掲示板には青ランプが点り審議を表す「審」の文字が点灯した。場内放送によると上位に入線した馬が審議対象らしい。タニノマティーニ降着になってくれれば私の馬券は当たりなのだが・・・。しかし、そうは都合よく行かずに3位入線のエーシンエフダンズが降着となった。あのF騎手の妨害をするとは藤岡(兄)も怖いもの知らずだな。

 もう一つの重賞ラジオNIKKEI賞も見事にハズレ。いや、重賞だけではなく、それ以外のレースも全く当たらなかった。もちろん他場も含めて。見事にノーホーラを食らう(T_T)。

 帰りに桑園のJASCO桑園店で晩飯の調達をしたらレジ袋代5円余分に請求された。たった5円とはいえボロ負けしたオケラからさらにカネをむしり取る気かよ(笑)。

 そして駅の中で飯を済ませ新千歳空港へ。搭乗予定の飛行機の出発時刻の2時間以上前に空港に着いた。そして、その空港のロビーでこれを書いている。果たして無事帰宅できるだろうか?飛行機が定刻通り羽田に着いても終電ギリギリなんだよな。ひょっとして稲城長沼からタクシーってパターンか?