毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

府中の杜

 今朝父から電話があった。父は交通事故で怪我をしたので仕事を
休んでいるのだが、リハビリを兼ねて東京に遊びに来ているらしい。
それで、うちのアパートにもやってきた。典型的な「独身男性の一人
暮らし」の部屋へだ。
 そして昼は寿司を食いに行った。父はわざわざ交通費をかけて東京
まで来ているので、勘定は私が払おうとしたのだが、父は自分が全部
払うといって聞かない。息子に奢ってもらうのは父親としてのプライド
が許さないのか。あまりプライドがある人には見えないのだが(笑)

 その後父と別れ東京競馬場へ(駅で分かれた父には「用事があるので
立川方面へ行くと告げて競馬に行くとはひとことも言わなかった)。
新装開店4日目で4日間通い詰めたことになる。
しかし、東京のレースの馬券は1つも当たっていなかった。この日の
メインレースであるスイートピーが馬連1点で的中しようやくと初日が
出た。そして天皇賞ではヒシミラクルから勝負して馬連万馬券が的中し
た(300円ほど買っていた)。例年堅い天皇賞だが荒れた時に当たっ
てよかった。こういう結末となるのなら、無理にでも昼の寿司代を父に
渡しておくべきだった。「親孝行したい時、当たり馬券は無し」という
ことわざもあるし。いや、後半部分がちょっと違うような気がするが、
まあいいだろう。

 この日は府中の大國魂神社周辺で「くらやみ祭り」というお祭りが行
われていた。ゴールデンウイークといえば神社のお祭り。日本全国でこ
ういうお祭りが行われている。端午の節句であるということもあるのか
もしれないが、ゴールデンウイークなので客が来るだろうという戦略も
あるのかもしれない。
 祭りを見る前に大國魂神社にお参りにいく。府中の杜の神様に本日の
馬券の的中のお礼を言うとともに「また来週もよろしく頼みます」と手
を合わせながら心の中で祈ってきた。かつて私は無神論者だった筈なの
だが、信心深くなったものだ。