読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

期待の良血馬クイーンマンボが初勝利!

一口馬主

 本日の阪神競馬場第1レース3歳未勝利戦・牝(ダート1800m)で、出資馬のクイーンマンボが初勝利を挙げました。
 当初は昨年の10/10にデビュー予定だったが、脚部不安で回避して放牧に出された。そして再入厩後、当初は2/26デビュー予定だったが、フレグモーネを発症して、それも回避。
 なかなかデビューまでこぎつけなかったが、3/4の芝の未勝利戦でようやくデビューした。しかし、そのデビュー戦は14着に惨敗だった。

 そして今日、前走の藤岡佑介騎手の「ダートのほうが良いというコメントがあったのか、ダート戦を使ってきた。前走14着に惨敗している割には人気がある。朝一で馬券を買った時は5倍前後だったが、発送直前に大量投票があり、最終的には3倍まで下がった。前走惨敗なのに1番人気である。パドックが良かったので直前に大勝負に出た人がいたのだろう。

 レースのほうは中団につけるが、早めに上がっていき、4コーナーでは先頭集団に並びかけた。そして直線では後続を突き離すだけ。余裕の勝利で3馬身差の圧勝である。前走が嘘のような強い勝ち方だった。

 サンビスタと同じグランド牧場産で角居厩舎の牝馬スズカマンボの姪にあたるマンハッタンカフェ産駒という良血。募集価格はサンビスタの倍くらいした。そんな期待の馬が、ようやく初勝利を挙げた。嬉しいというよりは一安心だ。今回の勝ち方を見ていると上のクラスでも通用しそうであるし、本来芝で期待されていた馬である。今回はダート適性というよりも地力の違いで勝ったのかもしれない。今後、どんな路線に向かうかは今の時点では分からないが、芝でもダートでも走れそうで能力も高く、将来が楽しみである。今後の活躍に期待しよう。

2017/03/25
クイーンマンボの近況

阪神1R 晴 稍重 3歳未勝利(牝) ダ1800
1:54.9(-0.5) 1/11 54北村友一 502(0)
互角のスタートを切り先団につける。道中は、ゆったりとした流れの中、中団の外めを追走し、3~4角中間辺りから徐々に進出を開始すると、直線では良く伸びて後続を突き放して快勝した。「すごく乗りやすかったです。終始、折り合い良く運ぶことができました。直線を向いてからも手応えが良かったですし、良い脚で伸びてくれましたね。2走目、ダート替わりも良かったんでしょう。現時点で特に注文をつけるところはありません。初戦とは雲泥の差だったと思います。まだまだ余裕がありましたし、クラスが上がっても楽しみですね。本当に良い時に乗せてもらいました。ありがとうございます」(北村友一騎手)

クイーンマンボが土曜阪神1レースに出走

一口馬主

 明日3/25(土)の阪神1レースのダートの未勝利戦に出資馬のクイーンマンボが出走します。

 デビュー戦の芝の未勝利戦は惨敗だったが、その時に騎乗した藤岡佑介騎手のコメントにダートの方が良いというのがあった。それが引き金となったのか、今回はダートのレースに出走である。芝の方がいいということで、新馬戦を諦めて未勝利戦でデビューしたのだが、毛局ダートに出走とは。

 というわけで仕切り直しの一戦である。一叩きした効果で変わり身を見せて欲しい。高い馬なので期待しよう。

クイーンマンボ 17/03/25 阪神 1R 3歳未勝利(牝) ダ1800m 54kg 北村友一 11頭立 8枠10番 9:55発走

栗東トレセン
栗CW重  66.0 51.9 38.7 12.5 馬ナリ余力
ダノンプレシャス(古500万)馬ナリの内を0.5秒追走0.1秒先着
3頭併せの3番手から。道中は僚馬2頭を見る格好で追走。最内を回って直線を向くと、最後まで馬なりのままスッと伸びて最先着した。内を回ったとはいえ、終始手応えは抜群。前回のようなじりっぽいところは感じられず、動きにシャープさが出てきたようだ。反応も良くなっており、ひと叩きしたことでの良化が伺える。ダートでの変わり身を期待したい。阪神(土)1R ダート1800m 牝馬限定3歳未勝利戦に、北村友一騎手で確定。「動きは良かったですね。大分、やる気になってきたのかもしれません。デビュー前も悪くはありませんでしたが、あの頃と比べてもずっと前向きになっています。前走は後ろから行ったとはいえ、随分外を回って上がり最速。勝ち上がる力はありますからね。ダートでもっと前めから進められれば面白そうですよ」(助手)

ブルーヘヴンが月曜中山に出走

一口馬主

 今週の中央競馬は月曜日も開催する3日間の変則開催。その3日目にあたる3/20(月)の中山競馬場第4レースに出資馬のブルーヘヴンが出走します。

 前走は騎手が故障と勘違いして下げてしまうというアクシデントがあったが、実際は故障ではなく、無事だった。今回は仕切り直しの一戦である。

 距離をこなせるかどうかだが、砂をかぶるのが苦手なようなので、ペースが遅くなりやすくて前に行きやすい1800mの方が向いているのかもしれない。健闘に期待しよう。

 なお、当日私はばんえい記念を観に帯広に日帰りで行く予定である。中山競馬場には行けない。帯広で出資馬のレースを(モニター越しに)観戦といえば2014年に中山で行われた韓国馬事会杯のインプロヴァイズを思い出す。その時は見事に勝利を収めたので、インプロヴァイズに続いてブルーヘヴンにも期待しよう。

ブルーヘヴン 17/03/20 中山 4R 3歳500万下 ダ1800m 54kg 田辺裕信 15頭立 4枠6番 11:40発走


美浦トレセン
美南P良  66.8 51.5 38.3 12.3  馬ナリ余力
ニシノルーツ(三未勝)馬ナリの内を0.6秒追走同入
菊沢騎手が騎乗して、ポリトラックコースで併せ馬で追い切り。テンは3馬身ほど追走。道中でじわじわと差を詰め、並んで直線に向く。終いは軽く促される程度で楽に伸び、併入。道中は折り合いがつき、終いも余力充分に伸びていた。ここまでの動きを考慮して検討した結果、中山(月)ダ1800・混に向かうことに決定。想定の段階ではフルゲート16頭に対して15頭の出走予定に留まっており、除外にはならない見込み。「角馬場では力み気味でしたが、キャンターに行ったらリラックスして走れていましたよ。終い伸ばしたらスッと頭を下げて、良いフットワークで駆けてくれました」(菊沢騎手)。「今週も折り合いがつき、左側に逸走する気配もなかったですね。この感じなら1800m戦でも対応できると思い、中山で出走することに決めました。中距離なら先手を取りやすいですし、砂を被る可能性も少ないですからね。あとは距離をこなせるかどうかですね」(師)

クイーンマンボが土曜小倉でデビュー

一口馬主

 明日の小倉3レース未勝利戦で、出資馬のクイーンマンボがデビューします。

 あのサンビスタと同じユニオン&グランド牧場&角居厩舎という期待の星である。ただし、募集価格はサンビスタの倍ぐらいした。牝馬なのに。サンビスタの出資者にはこの馬にも出資している人も多い。たしか、一昨年の夏(ブリーダーズゴールドカップの翌日)にグランド牧場真歌ステーブルの見学でご一緒した方たちは全員そうなんじゃないかな。もちろん私もその中の一人だ。サンビスタと同じ牧場&厩舎ということもあるが、サンビスタが稼がせてくれたのでご祝儀という意味もこもっている。

 その期待の高額馬クイーンマンボであるが、ようやくのデビューである。昨年の10/10にデビュー予定だったが、脚部不安で回避。放牧に出された。

 そして再入厩後、当初は2/26デビュー予定だった。しかし、フレグモーネを発症して、それも回避。なかなかデビューまで漕ぎつけない。

 2/26が白紙になった当初は来週のダートの新馬戦を目指すと発表されたのだが、芝の方がやはり良さそうということで、急遽、今週の牝馬限定未勝利戦でデビューすることになった。

 新馬戦が残っているのだが、新馬戦にはこだわらずに芝の未勝利戦でデビュー。牝馬限定というのも魅力である。名より実を選んだ結果だろう。経験馬相手だが、ぜひとも勝利を掴んでもらいたい。

 考えてみたら私のユニオン出資馬が芝で走るのはこれが初めてだと思う。
 今週は日曜日の弥生賞グランド牧場産のカデナが注目されている。久しぶりにグランド牧場生産馬から芝で大活躍しそうな馬が出てきた。クイーンマンボもそれに続いてほしいものだ。

クイーンマンボ 小倉(土)3R 芝1800m 牝馬限定3歳未勝利戦に、藤岡佑介騎手でデビューが確定。

栗東トレセン
栗CW良  66.3 51.1 37.4 11.9 一杯追伸る
レッドカイザー(古500万)馬ナリの内を1.3秒追走0.1秒遅れ
テンは大きく追走。内を回って直線に向くと、追ってからじわじわと差を詰めてきたが半馬身ほど届かなかった。遅れたのは追い掛けた分。ややじりっぽい感じはあったが、終いまでしっかりと伸びていた。中間にフレグモーネはあったが、その後は至って順調。思いのほか回復が早く、充分力を出せる状態に仕上がった。なお、来週以降の阪神ダ1800でのデビューを目標にしていたが、やはり最初は芝を試したい意向が強いことから予定を変更。今週の小倉(土)芝1800・牝に向かうことになった。既走馬相手の不利はあるが、見所のあるレースを期待したい。想定の段階でフルゲート16頭に対し優先出走順位が9~10番目となっており、除外にならない見込み。「新馬戦ということを重視してダートに向かおうかと話していましたが、やはり芝向きの感じがするんですよねぇ。初めてでもありますし、まずは芝から試すことにしました。少し休みましたが、逆に良い休養になったようで馬が良くなりましたね。大分素軽くなってきましたし、仕上がりは悪くないと思います。あとは既走馬相手で経験の差がどうか。いずれにしても良い競馬を期待しています」(師)

 出資馬出走情報記事の割には長文となってしまったが、デビューにこぎつけるまで色々あってずっと待たされていたのが文章に滲み出ているのだと思ってご容赦いただきたい。

スーパーノヴァが2/28川崎で出走

一口馬主

 明日(2/28)川崎競馬場のメインレース「早春特別」(B1B2一)に出資馬のスーパーノヴァ出走します。

 2/28といえば私の誕生日である。奇しくも誕生日に出資馬の出走となった。誕生日だからというわけではないが、午後休暇をとって川崎競馬場まで観に行く予定だ。

 前走は佐々木竹見カップを川崎のトップジョッキー山崎誠士騎手を背にして勝利を収めたが、その山崎騎手が継続して騎乗することとなった。佐々木竹見カップは抽選で騎手が決まるのだが、その抽選で決まったトップジョッキーがまたしても乗ってくれるというのだから期待できそうだ。

 クラスが上がったので相手は前走よりも強くなるが、ここでも期待しよう。あと1勝で中央復帰だ。ここで一気に決めて、私に誕生日プレゼントをもたらして欲しい。

スーパーノヴァ 2/28(火)川崎11R「早春特別」 ダート2000m に出走確定。12頭立て8枠11番 53kg山崎誠士騎手騎乗。発走は16:35。

川崎競馬場
先週も土曜日に53秒くらいで時計を出している。変わらず動きは良好。馬体重も493kgと増えているように、今は本当に体調が良さそうだ。引き続き、好調キープと考えて良いだろう。2/28川崎(火)ダ2000に出走予定。「順調ですね。馬体も減っていませんし、具合は良いですよ。中間にもう1本追い切ってレースに臨みます。なんとか良い結果を出したいですね。頑張ります」(師)

スーパーノヴァ2勝目

一口馬主

 本日の川崎メインレース「佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ ヴィクトリーチャレンジ(B3C1)」で我が出資馬スーパーノヴァが2勝目を挙げました。

 相変わらず出足が悪く後方待機だったが、2周目向正面から徐々にポジションを上げていき、4角で3番手まで上がっていくと直線でグイグイ伸び、先に抜け出したエスシーカレントをきっちり捉えて勝利を物にした。抽選で騎手が決まるレースであり鞍上の山崎誠士騎手とは初コンビだったが、見事にこの馬の持ち味を発揮してくれた。さすが地元川崎のリーディングジョッキーである。距離が2100mだったというのも、出遅れても巻き返しの可能性が大きいということでプラスだった。

2017/01/31

川崎11R 晴 良 ヴィクトリーチャレンジ(B3C1) ダ2100
2:19.0(-0.1) 1/14 57山崎誠士 491(+1)
行き脚つかず、いつも通り後方待機。2周目向正面から徐々にポジションを上げ、4角手前で一気に3番手まで追い上げて直線に向くと、残り100mあたりで前を競り落として見事1着でゴールした。

https://www.instagram.com/p/BP61PYlDX8h/
スーパーノヴァのパドック

 なお、メインを勝った山崎誠士騎手であるが、佐々木竹見カップジョッキーズGPであるマイスターチャレンジでは惨敗していて、総合成績は3位だった。2013年、2015年と1年置きに優勝していたので、今年は優勝する番だと思っていたが、惜しくも3位。優勝は3度目の優勝である浦和の繁田健一騎手。佐々木竹見カップを複数回優勝しているのはこの繁田騎手と山崎騎手だけである。

https://www.instagram.com/p/BP66CLzDiFH/
佐々木竹見カップ表彰式。左から下原(2位)、繁田(優勝)、山崎(3位)の各騎手。

スーパーノヴァが佐々木竹見カップに出走

一口馬主

 明日1/31の川崎競馬場メインレース「佐々木竹見カップ ヴィクトリーチャレンジ」に出資馬のスーパーノヴァが出走します。

 騎手は抽選により地元川崎の山崎誠士騎手に決定した。地元の騎手なので地の利を活かして頑張って欲しい。

 久々に得意の長距離戦だし、前走2着の力を思う存分見せつけて頑張って欲しい。勝てば武見さんが直々に表彰するのかな?

スーパーノヴァ 1/31(火)川崎11R「ヴィクトリーチャレンジ」 ダート2100m に出走確定。14頭立て5枠8番 57kg山崎誠士騎手騎乗。発走は16:10。

川崎競馬場
中間には15-14程度の軽めの追い切りを消化。動きに変わりはなく、引き続き、好調をキープしている。また、馬体もふっくら見せており、今はとても体調が良さそうだ。1/31川崎(火)「佐々木竹見カップ」(ダ2100)に出走予定。「週1くらいで軽く時計を出しています。普段から強めに乗って負荷を掛けているので、それほどビシビシ追う必要はありません。本追い切り1本で充分ですよ。追わせるタイプなので、腕っぷしの強いジョッキーに当たると良いですね(騎乗騎手は抽選によって決まる)」(師)