毎日がエブリデイ!

日々の雑記帳

そりゃぁ毎日はエブリデイですが・・・ (タイトルの由来はこちら  

マグナレガーロがデビュー勝ち!

 本日阪神第3レースの新馬戦で、出資馬マグナレガーロが見事にデビュー勝ちを収めました。

 スタートが良くハナに行き、コーナーは内の経済コースを通って周り、競りかけてくる馬がいたがハナを譲らなかった。1000m通過が62.4秒だったのでペースが遅いのかと思ったら、後でラップを見たところそうでもなかった(むしろ前傾ラップ)。それでも直線に入っても先頭を譲らず、残り200m辺りから後続をグイッと引き離した。終わってみたら2着馬に6馬身差を付ける圧勝である。

 これで私の出資馬で角居厩舎の馬は3頭すべてが勝ち上がり。角居先生さまさまである。また、現3歳の出資馬はヴィグラスファイアとマグナレガーロの2頭だけだが、ともに勝ち上がってくれた。

 今回の新馬戦への登録はもともと除外目的の登録だと聞いていた。だから、今週の出走が決まった時は仕上がってないかもと不安だった。しかし、その不安は一掃された。まだ仕上がり途上と思われるため、今後の活躍にも期待できる。募集総額4500万円なので、1勝しただけでは全く元を取れていないが、まずは1勝してくれて一安心である。今後の活躍に期待しよう!


news.netkeiba.com

マグナレガーロが土曜阪神でデビュー

 今週の土曜日(3/10)阪神第3レースの新馬戦で、シルクの出資馬マグナレガーロがデビューします。

 浜中騎手でデビュー予定だったのだが、その浜中が騎乗停止を食らってしまった。しかし、鞍上には代わりに武豊騎手が騎乗することとなった。しかも、武豊が調教にも乗ってくれるぐらい期待されている。除外による出走権確保狙いの登録らしいが、これはデビュー戦からいきなり期待できそうだ。

 マグナレガーロは角居厩舎の所属馬であるのだが、私の出資馬で角居厩舎の馬といえばサンビスタクイーンマンボだ。いずれも重賞ウィナー。その2頭はユニオンの馬で角居師がかつて働いていたグランド牧場の馬なので、厩舎でも大事に使っていただいたと思う。シルクでノーザンファームの馬はどうなのだろうか?願わくば前述の2頭に続くような活躍に期待したいところ。

マグナレガーロ 3/10(土)阪神3R メイクデビュー阪神〔D1,800m・16頭〕56 武豊 発走10:55

担当助手「7日の追い切りで武豊騎手に感触を確かめてもらいましたが、追い比べで見劣ってしまったものの、併せた相手は格上だったことを考えるとよく最後まで食らいついていたと思います。全体の時計もかなり速かったですし、武豊騎手も『まだトモが緩い為に、スッとスピードに乗っていけないところがありますが、乗り味が良く、しっかりしてくれば走ってきそうな馬ですね』と素質を認めてくれていましたので、実戦でセンスの良さを見せてくれることを期待しています」

ユニオンの2歳馬の馬名決定

 ユニオンオーナーズクラブの2歳馬の馬名が決定した。

 全ての馬の馬名はユニオンオーナーズクラブのホームページを見ていただくとして、私の出資馬の馬名を紹介しよう。

 まずは400口募集で角居厩舎入厩予定の高馬フレンチリヴィエラの16は「マルキーズ」となった。犬の品種であるマルチーズに似た響きだが、フランス語で「貴婦人」の意味であり母の名前からの連想だそうだ。ちなみに犬のマルチーズは「マルタ(島)の」という意味なので語源は全く異なる。それにしてもシルクのマルニといい、この世代の私の出資馬は「マル」で始まる馬名が多いな。
 今回は馬名公募には応募しなかったが、私が付けるとしたら「フユノリヴィエラ」だった(たぶん不採用)。リヴィエラといえば「冬のリヴィエラ」しか思いつかないし(笑)。

  もう1頭、グランド牧場伊藤圭三厩舎ラインのプレシャスジェムズの16は「ジェミーウェイ」に決定した。「宝石のような道」という意味で父(ジャスタウェイ)と母(プレシャスジェムズ)の名前からの連想だそうだ。父と母の良いところを引き継いだ立派な馬になって欲しいものである。 母は同じユニオン&グランド牧場伊藤圭三厩舎でオープン入りして重賞でも活躍した馬である。母と同じような、いや、母以上の活躍に期待しよう。

今日は誕生日

 今日は私の誕生日である。

 毎年恒例となってきたが、Amazon干し芋じゃなかった「ほしい物リスト」を公開してみる。

 というわけでプレゼントよろしく(笑)。私の住所がわからない人でもAmazonほしい物リストからプレゼントを届けることができます。


 ところで今日2月28日は「バカヤローの日」だそうである。私が生まれたことを記念して付けられたのかと思う名前だがw、バカヤロー解散でお馴染みの吉田茂首相(当時)が国会で「バカヤロー」と発言した日らしい。


 それから2月28日はエッセイの日でもあるそうだ。今年は優駿エッセイ賞で入賞したいな。何を書くかもまだ決めてないけど(笑)。

ヴィグラスファイア勝利、そして口取りへ

 本日(2/17)の東京第1レースの未勝利戦(ダート1400m)で我が出資馬のヴィグラスファイアが見事に勝利を挙げました。

https://www.instagram.com/p/BfUY_jZFT-W/
ヴィグラスファイアのパドック 田辺騎乗


 今年の出資馬初出走なわけであるが、見事な初勝利となった。スタートが良くいつもよりも前目でのレース。直線で先行馬達を交わして先頭に躍り出た。そして1馬身半差の内容。休み明けだし調教師のコメントを読んでも叩いて次走以降で勝負の気配だったので、今回は正直あまり期待していなかった。そのため、馬券は少ししか買っていなかった(笑)。その仕上がり途上な状態で勝ってしまうのだから今後も期待できそうだ。そして何より1つ勝って未勝利を脱出してくれたことは大きい。

 今回は口取り権利が当たっていたので、口取り式にも参加してきた。シルクの馬で口取りに参加するのはかなり久しぶりのような気がする。いつのまにか、正式な口取り式の後に一般席で騎手のサイン入りゼッケンを持って写真を撮ってくれるサービスをやるようになっていたので、それにも参加した。これは口取り権利が当たってなくても口取り式後に関係者出口付近に行けば参加できるらしく、口取りにいなかった私服姿の会員さんも参加していた。最初は集合写真を撮って、その後希望者にはクラブのカメラではなく個人のカメラやスマホでゼッケンを持った個人写真を撮ってくれるサービスだ。

 その後は指定席で残りのレースを観戦。(ばたばたしてたので第2レースはパスして、第3レースから「普通の競馬ファン」として参戦した。)1レースに出資馬出走であり、フェブラリーS当日で混みそうだったから早めに行って席を取っておこう(スーツで一日中立ちっぱなしは疲れるし)と思って早めに行ったら、指定席の当日券を買えたのである(なおJRAカードでのネット予約は抽選で落ちた)。メインのフェブラリーSノンコノユメゴールドドリームで決まり、押さえだが馬連的中した(ゴールドドリームインカンテーションが本線だったのでノンコノユメが差してこなければ儲かったのに)。

 というわけで、朝からずっと競馬場だったが、今年初の出資馬出走で口取り式に参加して、メインのGIも的中したのでいい一日だった。

ヴィグラスファイア出走

 明日2/18は東京競馬場フェブラリーステークス。そのフェブラリーS当日の東京競馬場の第1レースに我が出資馬ヴィグラスファイアが出走します。

 相次ぐ愛馬の引退や休養などがあり、2月も半ばになってようやく今年初の出資馬初出走です。

 調教師のコメントによるとまだ本調子ではないようだが、デビュー戦が2着でその次は3着の馬である。いつでも勝ち上がれるだけの実力はある馬なので頑張って欲しい。

 口取り権利が当たったので勝てば口取りです。朝一からスーツで競馬場に行くので、ぜひ勝ってもらって口取りをしたいものだ。

ヴィグラスファイア 2/18(日)東京1R 3歳未勝利〔D1,400m・16頭〕56 田辺裕信 発走10:05

萩原清調教師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。ヴィグラスファイアが先行し、直線は外に併せて追い出しにかかりましたが、最後は3馬身ほど遅れてしまいました。追い切りを手伝ってもらった皇成(三浦皇成騎手)は『道中はスムーズな走りをしていましたが、まだトモが頼りないので直線でゴーサインを出してもスッと反応できず、相手に置かれてしまいました。それに息が出来ていないわけではないのですが、息遣いに関してもまだ本調子ではない印象です。半年ぶりの実戦になりますし、本当に良くなるのは一叩きしてからのような感じがしますが、手前は問題なく替えていましたし、追い切り後のゲート練習でも特に問題はなかったです』と話していました。今週の調教の動きを見ると、皇成の言う通り久々でいきなり結果を求めるのは厳しい部分があるのかもしれませんが、地力はこのクラスだと上位なのは間違いないと思いますし、その点に期待したいところです。なお先週の時点では鞍上をルメール騎手とお伝えしていましたが、田辺裕信騎手に変更させていただきました」

交流重賞日程Googleカレンダーに2018年の日程を追加

 当ブログに「交流重賞 Googleカレンダー」などのキーワードで検索してやって来る人が結構いるようなので、私が公開しているGoogleカレンダー地方競馬交流重賞日程)にダートグレード競走の2018年1月〜2018年12月までのスケジュールを追加しました(今年のJBCはJRA京都で開催だが、JBCは本来地方競馬の競馬場で行われる交流重賞なので一応載せてます)。

 Googleカレンダーをお使いの競馬ファンの方で、交流重賞に興味のある方はご利用下さい(ただし自己責任でお願いします)。


 右下に出てくる「+Googleカレンダー」をクリックすると、あなたのGoogleカレンダーに追加されます。

 以前から公開しているものにデータを追加しただけなので、すでにお使いの方は何もしなくてもデータが反映されています。


地方競馬の投票はこちらからどうぞ


 なお、中央競馬の開催日程はflat seven Logさんで提供されていたのだが、今年分はまだ追加されていない模様(例年通りだともうじき追加になるはず)。公開されているカレンダーなので直接リンクを張ってもいいのだろうが、作者への敬意を表するためにブログ記事にリンクをしておく(2012年の記事だがカレンダー自体は2017年分まで更新されている)。ぜひ利用してみよう!

 また、中央競馬の重賞日程カレンダーであるが、共有カレンダーではなくデータをダウンロードして自分のGoogleカレンダーiCalにインポートするタイプであればJRAホームページのレーシングカレンダーでも提供されている。こちらはJRAの全開催スケジュールと重賞予定が提供されている。また、ダウンロードするタイプなので変更等があっても反映されないが、主催者公式のものなのでこちらを使うのもいいだろう。